紀平凱成とは何者?大学や経歴についても調査

エンタメ

「紀平凱成」(キヒラ カイル)という名前を聞いたことはありますか?
驚くべき音楽的才能を持った若き日本のピアニストです。いったいどんな人物なのでしょうか?
彼の背景や才能についても調べてみました。

紀平凱成とは何者?

彼は若手のピアニストでクラシックやジャズなどの演奏や編曲、またオリジナルの作曲をして
います。

2019年19歳で浜離宮朝日ホールでのデビューリサイタルを開催し、「Miracle」というCDでデビュー。瑞々しい感性で紡ぐメロディと斬新なハーモニー、縦横無尽な即興演奏も生かし独創的な世界を描いています。

2021.8.25(水) デビューフルアルバム. FLYING. リリース、その才能をさらに広めました。

2021年の24時間テレビでさだまさしさんの曲をピアノ演奏して話題になりました。

その後も様々なメディアにも登場、その才能を披露しています。

2024年現在5周年記念のコンサートツアーで日本各地で演奏しています。

コンサートの予定などはこちらから

https://kihirakyle.com/
また紀平凱成さんは幅広いジャンルの音楽を演奏することで知られています。
クラシック音楽:
紀平さんはクラシック音楽の演奏においても非常に優れた技術を持っています。彼はバッハ、モーツァルト、ショパン、リストなどの作曲家の作品を熟練した技巧で演奏します。
映画音楽:
映画音楽も彼の得意分野です。感情豊かなメロディや壮大なオーケストラのサウンドトラックを演奏することがあります。
ジャズ:
紀平さんはジャズのスタンダードナンバーや即興演奏も得意としています。彼のピアノスキルはジャズの要素を取り入れた演奏にも適しています。
クラシックとジャズを高次元で融合させ、その緻密で複雑な演奏技巧と高い演奏効果で、世界中のピアニストを魅了するウクライナ出身のロシアの作曲家でありピアニストでもあるニコライ・カプースチンの楽曲を得意としています。
オリジナル楽曲:
紀平さんは自身のオリジナル楽曲も制作しています。彼の感性と才能が反映された作品です。
鍵盤に触れずに白紙に一気に音符を並べる独特のスタイルでたくさんの曲を書いています。
その幅広い音楽的スキルと情熱により、多くの人々に希望や感動を与えています。

 

 

 

凱成(カイル)というちょっと変わった名前はご両親の「イルカのように自由で、人を幸せにできる子に育ってほしい」という願いが込められたものだそうですよ。

紀平凱成君の大学や経歴についても調査

紀平凱成さんは2001年福岡県福岡市で誕生しました。3歳で自閉スペクトラム症と診断されたものの、絶対音感があり、幼い頃から音楽を耳で聞いて真似ることができる特技を発揮しました。
家庭環境は両親ともに音楽に造詣が深く周りに音楽があふれていたようです。

彼は小学1年生の時に「ピアニストになりたい」と宣言し、ロック、クラシック、ジャズなど様々なジャンルの音楽に夢中になり、音楽理論を学び、作曲を始めました。

2015年、東京大学と日本財団が進める「異才発掘プロジェクト」第1期ホーム・スカラーに選出されました。

2016.11.23 Kyle Kihira15歳 ラ・カンパネラ(王子ホール)La Campanella at Oji Hall
紀平凱成(キヒラカイル )当時15歳。耳コピーです。聴覚過敏、視覚の過敏がひどく、普段の生活でほとんど目を閉じて防音具をつけている時でした。それでもピアニストの夢を諦めることはなく、人にピアノを聴いてもらいたい気持ちでいっぱいでした。自分の...

高校は東京世田谷にある国立音楽院に進学しました。

その後日本の大学には進学せず、イギリスのトリニティカレッジロンドンで音楽の学士号を取得しました。
16歳で同大学の上級認定試験に合格し、17歳でディプロマを取得しました。この学位は、大学を卒業した人に与えられるものであり、通常は22歳で取得されるものですが、紀平凱成さんは17歳で獲得しています。

お母様、由起子さんのエッセイが『カイルが輝く場所へ ~発達障害のわが子がピアニストとして羽ばたくまで』として2020年にNHK出版より出されていますが聴覚過敏など、さまざまな困難を乗り越えて成長してゆく姿がうかがえます。

まとめ

紀平凱成は、2001年生まれの日本の若手ピアニストで、クラシック、ジャズ、映画音楽など幅広いジャンルで活躍しています。3歳で自閉スペクトラム症と診断されましたが、絶対音感を持ち、幼い頃から音楽の才能を発揮。2019年にデビューリサイタルを開催し、その後もアルバムリリースやコンサートツアーで注目を集めています。
日本の大学には進学せず、イギリスのトリニティカレッジロンドンで音楽の学士号を取得。17歳でディプロマを取得しています。母親のエッセイには、彼の障害との戦いや成長過程が描かれています。現在はデビュー5周年記念の日本全国でのコンサートツアーで演奏を披露しています。これからの活躍が期待されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました