【孤独のグルメ】町田市のロケ地マップ!柿島屋など一覧まとめ!

お店

「孤独のグルメ」ファンの皆さん、こんにちは!今回はドラマ『孤独のグルメ』のロケ地として町田市の魅力的なスポットをご紹介します。
このドラマでは、主人公・井之頭五郎が全国各地を旅しながら、様々な地域の美味しい食事を楽しむ姿が描かれています。
多くの食通と旅行者を魅了し続けるドラマ「孤独のグルメ」にスポットライトを当て、特に町田市をフィーチャーしたロケ地について深堀りしてみたいと思います。

【孤独のグルメ】ロケ地の町田市はどんなところ?

町田は東京の郊外に位置し、多彩な食文化が根付いています。このエリアは、都心からのアクセスが良好でありながら、地元の人々に愛される隠れた名店が多数存在します。そのため「孤独のグルメ」のロケ地として2店選ばれています。

【孤独のグルメ】町田市のロケ地マップに載った柿島屋お店情報!

柿島屋の場所は?

小田急線とJR線の丁度中間くらいですでとても便利なところです。

店舗は小田急線町田駅東口から徒歩3分、JR横浜線町田駅北口から徒歩4分とアクセスが便利な場所にあります。(駐車場はございません。)
定番の馬刺しや肉鍋、和食をはじめ、バラエティ豊かなメニューが魅力です。

柿島屋の名物は?

『孤独のグルメ原作者の久住昌之さんも訪れた柿島屋の馬肉は大変お気に入りだそうです。


東京都町田市に店舗を構える柿島屋では、新鮮な馬肉を使ったさまざまな料理を提供しています。

馬肉版すき焼き「肉なべ」、牛肉・豚肉に比べて低カロリーであっさりと食べられる「メンチ」、創業当時から提供している「肉皿」自家製のそばを使った「肉そば」、飽きのこない幅広い味・和食に出会うことができます。

店内は広々とした約125席。落ち着つける掘りごたつ式の上席、広々としたテーブルの一般席をご用意し、おひとり様から各種ご宴会まで対応しております。

この老舗馬肉専門店は、鮮度・質・低価格に自信を持ち、馬一頭仕入れによる豊富な馬肉料理を提供しています。
各コースは3,150円からとリーズナブルに設定されており、馬肉料理を幅広く楽しむことができます。
柿島屋のメニューは、上肉なべや肉みそ豆腐、人気のメンチ、刺身など8種類の料理を含むコースがあります。
柿島屋公式ページより引用 http://www.kakijimaya.com/

柿島屋の歴史

創業は明治17年(1884年)と、百年を超える歴史を誇ります。ドラマで井之頭五郎が訪れた「馬肉専門店 柿島屋」は多くのファンにとって必見の場所です。
創業は明治17年(1884年)と、百年を超える歴史を誇ります。その昔町田は、養蚕・製糸が盛んであった八王子から港のある横浜へと絹を運ぶ、通称「絹の道」の中継点にありました。
当初、荷の運送に不可欠な馬を扱う“馬喰”の仕事をしておりましたが、やがて往来の旅人たちに向け、馬肉を使った料理を提供したところ評判を呼ぶようになりました。
その当時、提供していたメニューは馬肉の煮込み「肉皿」や、「馬肉そば」。この2品は今も当店の名物料理となっています。
柿島屋公式ページより引用 http://www.kakijimaya.com/

【孤独のグルメ】町田市のロケ地第二話に登場したお店「マッシーナ メッシーナ」

町田市高ヶ坂1丁目の住宅地のなかにあります。

マッシーナ メッシーナの場所は?


お店の名前は「マッシーナ メッシーナ」。現在の住所は東京都町田市高ヶ坂1丁目。一人バイキングできるお店です。周りは住宅街。しかも、店自体が一軒家です。
以前は東京都世田谷区経堂にあって2021年3月28日移転してきました。その前は『港区赤坂8丁目』です。だんだん郊外に移ってきています。隠れ名店として、SNS上でも話題になっています。

あとがき

「孤独のグルメ」町田のロケ地巡りを通し、町田市の魅力を再発見することができました。
町田は食の宝庫であり、ドラマファンだけでなく、グルメを愛するすべての人にとって魅力的な街です。
ここまで読んでいただいてありがとうございます。次回もお楽しみにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました