白玉の作り置きはこれでバッチリ!50代のおうちノウハウ

ライフスタイル

思い出したかのように、白玉団子が食べたくなる時がありますよね。
白玉団子は、柔らかなもっちりした口あたりが魅力的です。
できたての食感を楽しみたいのなら、なるべく早めに食べ切るのがおすすめでが、
おうちで白玉団子を作り置きにして保存する方法について調べてみましたのでご紹介します。
50代の主婦の立場で考えてみました。これでバッチリですよ。

白玉団子を作り置きした時の冷蔵保存の方法

冷蔵保存の方法や冷凍保存の方法や解凍の方法をご紹介していきますね。

画面をクリックすると動画が見れます。

作り置きした白玉団子の冷凍保存の方法

茹で上がった白玉がさめたら、冷凍保存の方法を順番に説明していきますね。

    • 表面のぬめりを取って冷まします。
    • ラップの上に白玉団子をくっつかないように感覚をとって並べます。
    • 上からラップをかぶせて、空気が入らないようにして、ピッタリとラップと白玉団子にかぶせて冷凍庫に入れます。
    • 凍ったら、ジッパー付きの袋に入れてしっかりジッパーを閉じ保存します。

上記の手順で保存すれば、食べたい時に冷凍前の状態に復活します。

    • 沸騰したお湯でもう一度茹でる。
    • レンジで温めて解凍する。

作り置きした白玉団子の冷蔵保存の方法

白玉団子を作ってから2~3時間後に食べるのであれば、団子を茹でて、冷水に浸した状態で、そのまま冷蔵庫に保存します。
長時間、水の中に浸しておくと、表面がふやけたようになり、徐々に溶けてドロドロになってしまうので2~3時間後に食べるのが目安となります。

作り置きした冷蔵保存の方法凍保存の方法のどちらかがいい?

冷蔵保存の方法冷凍と凍保存の方法のどちらかがいいとすれば、白玉団子を作った直後の状態で、食したいのであれば断然、冷凍保存をお薦めします。
もう一度茹でるとできたての食感を楽しむことができます。

50代のおうちノウハウ

おうちで白玉のお汁粉たべたくなりますね。

50代の主婦は家庭の中心。子供たちやお年寄りのおやつに白玉の作り置きはおうちノウハウとしてもとてもいいことですね。
家族のために白玉作りのノウハウを知ることは、家庭内で和菓子文化を楽しむための一歩となります。
白玉団子は、もちもちとした食感が特徴の和菓子で、家族のおやつや特別な日のデザートに最適です。
おうちノウハウを学ぶことで、主婦は白玉団子の冷凍・冷蔵保存の方法、さらには味や食感を落とさないコツまでを習得し、家族にいつでも新鮮で美味しい白玉団子を提供できるようになります。

あとがき

白玉団子の作り置きの方法とおうちノウハウをご紹介しました。
手作りの温かさを家族に伝えることができ、家庭の絆を深める素敵な機会にもなります。
日常に小さな幸せをもたらす50代のお母さん、これでバッチリですね。
最後までご覧頂き、本当にありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました