一人暮らしのトイレットペーパーの男女別の1ヶ月平均消費量は?

ライフスタイル

一人暮らしを始めると、日常生活で必要となる多くの消耗品の量を把握することが重要です。
その中でも、トイレットペーパーは必需品の一つ。

この記事では、一人暮らしをしている男性と女性のトイレットペーパーの平均的な消費量を、男女別・月単位で詳しく解説していきます。

トイレットペーパーの平均消費量

トイレットペーパーの消費量は男性・女性で変わります。それぞれの平均使用量をそれぞれ。説明していきますね。

一人暮らしの男性のトイレットペーパーの平均消費量は?

一人暮らしの男性のトイレットペーパーの平均的な使用量ってどのくらいだろうか?

データの時間によると、一人暮らしの男性の平均的なトイレットペーパー消費量は1日あたり約3.5mです。
(参考:データの時間

これを1ヶ月に換算すると、およそ105mとなります。
一般的には、1ロールあたりの長さが約50mとされているため、男性は1ヶ月で約2ロールから4ロールの消費となることが多いです。

一人暮らしの女性のトイレットペーパーの平均消費量は?

一人暮らしの女性のトイレットペーパーの平均的な使用量ってこのくらい?

女性の場合、1日の平均消費量は約12.5mで、これを1ヶ月に換算すると375mとなります。

(参考:データの時間

この量は男性の3倍以上にあたり、1ヶ月あたり約6.84ロールを消費することになります。

女性の使用量が多い理由としては、トイレの使用頻度や生理用品としての利用も含まれるためです。

1ロールがなくなる期間はトイレットペーパーの長さで決まる。

トイレットペーパーはその長さ、品質、環境、備蓄などで購入の量や購入回数が決まってきます。

トイレットペーパーの選び方

トイレットペーパーを決めるには、長さ以外にもいろいろなポイントがあります。

トイレットペーパーには、シングルダブルトリプルの3種類のタイプがあります。
シングルは芯管に巻かれている紙が1枚で、ダブルはティシュペーパーのように2枚重ねになっています。
最近では「3枚重ね」のことを「トリプル」と言うこともあるんですよ。

ロールの長さと品質

トイレットペーパーを選ぶ際には、ロールの長さや品質を考慮することが重要です。
長めのロールを選ぶことで、購入の頻度を減らすことができます。
また、肌触りや強度も快適な使用感に影響します。

環境に優しい選択

環境に配慮したリサイクルペーパーや、漂白をしていない製品を選ぶことも、持続可能な消費の一環として考慮するべき点です。

コストパフォーマンス

コストパフォーマンスも重要な要素です。
大容量パックを購入することで、1ロールあたりのコストを抑えることができます。

トイレットペーパーの備蓄

緊急時のことも考えて買い置きも必要ですね。

災害時や緊急事態に備えて、トイレットペーパーの備蓄も重要です。
一般的に、最低1〜2週間分の備蓄を推奨されています。

トイレットペーパーは湿気を避け、直射日光の当たらない場所で保管することが望ましいです。
定期的に備蓄の量をチェックし、使用期限の近いものから使うことで、いつも新鮮な状態を保つことができます。

あとがき

まとめますと以下のようになります。

    • 一人暮らしの男性は月に約2〜4ロール女性は約6〜8ロールのトイレットペーパーを消費する。
    • トイレットペーパー選びでは、長さ、品質、環境への配慮、コストパフォーマンスを考慮する。
    • 非常時の備蓄量は最低1〜2週間分が推奨され、湿気のない場所で保存することが重要です。

ここまで読んでいただいてありがとうございます。次回もお楽しみにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました