初めての御朱印集め!もらい方のマナーや御朱印帳の扱い方も解説

御朱印集め ライフスタイル

寺社仏閣を参拝した際、御朱印をいただいたことはありますか?

御朱印は、参拝した寺社仏閣の神様や仏様と、ご縁がつながった証です。

また、旅の思い出としても、訪れた寺社仏閣について形に残るのでおすすめです。

この記事では、これから御朱印集めを始めてみたい方に向けて、御朱印帳の扱い方や御朱印をいただく時のマナーについてお伝えします。

私自身が実際に御朱印デビューした際の体験もまじえてまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

御朱印帳の扱い方

御朱印をいただく前に、まずは御朱印帳の正しい扱い方を知っておきましょう。

右開きと左開きどっちが正しい?

御朱印帳は、基本的に右開きで使います。

これは、日本の伝統によるものだそうです。

左開きにしていた場合、開き方を指摘してくれるところもありますが、気づかず後から別の寺社仏閣で指摘されるといったこともあるようです。

特に、蛇腹の御朱印帳は表紙から左右どちらにも開いてしまうので、よく確かめてから御朱印をいただきましょう。

最初のページはどこ?

御朱印帳を開いて、最初に御朱印をいただくのは左側のページです。

右側は表紙裏の固い部分なので、御朱印をいただけないかわりに、名前や住所を書くことを薦めているところもあります。

特に直書きの場合は、他の人の御朱印帳と間違われないよう、名前以外でも何か自分とわかる目印があると良さそうです。

最初のページは左側なのですが、そのページは空けておいて2ページ目から御朱印をいただくという考え方もあります。

御朱印帳の空けた1ページ目

この点についてもご説明しておきますね。

1ページ目をあけておくのはなぜ?

1ページ目は、神社の中で一番格式の高い伊勢神宮の御朱印をいただくという考え方があります。

絶対ではなく、神社で御朱印帳を購入すると、すでにその神社の御朱印が1ページ目に押印されている場合もあります。

私が購入した御朱印帳はまさにそのパターンでした。

御朱印帳の1ページ目

神社によってはあらかじめ1ページ目をあけて押印してくださるところもあるようです。

こだわる方や伊勢神宮に行く機会がある方は、ぜひ1ページ目に伊勢神宮の御朱印をいただいてくださいね。

伊勢神宮以外には、氏神様や一の宮の神社なども、1ページ目の御朱印としておすすめです。

蛇腹の御朱印帳の裏面は使っても良い?

蛇腹の御朱印帳を初めて見た方は、裏面も使って良いのか迷うと思います。

私も購入時、同じように思って調べたところ、裏面も使えるとのことです。

なかには裏移りしてしまうような御朱印帳もありますので、紙質は確認しましょう。

蛇腹の御朱印帳

私が購入した御朱印帳は、しっかりと厚い紙で、二重にもなっていたので大丈夫でした。

使う順番は、表側を右から左へ順に使って、最後まで来たら裏返してまた右から左となります。

御朱印をいただくときの料金(初穂料)の相場は?

御朱印の初穂料

御朱印をいただくときの料金(初穂料)の相場は、300円から500円程度です。

「お気持ちで」と言われる寺社仏閣もありますので、迷う時は相場を基本に考えると良いかと思います。

最近は通常の御朱印以外にも、期間限定の御朱印や特別なデザインの御朱印、大判の御朱印なども多くあります。

そのような御朱印の場合は、1000円近くやそれ以上のものもあります。

御朱印の直書きと書置きの違い

御朱印には直書きと書置きの二種類あります。

直書きはその場で御朱印帳に記述押印していただきす。

それに対して書置きは、あらかじめ和紙に書かれていたり、印刷されていたりするものをいただきます。

書置きの御朱印

書置きの場合、小さな神社だと本殿の脇や社務所に御朱印の束が置いてあり、お賽銭箱に初穂料を入れるという場合もあります。

御朱印のもらい方

御朱印帳の扱い方や御朱印の初穂料がわかったところで、実際に御朱印をいただいてみましょう。

ここでは、御朱印をいただく手順やマナーをご紹介します。

どこでもらえるの?

御朱印所のイメージ

神社では社務所、お寺では寺務所でいただけます。

どちらもお守りや絵馬、おみくじを授与している場所と同じことが多いです。

たいていは御朱印の看板が出ているのでわかりやすいと思います。

御朱印をいただく手順

直書きの御朱印

御朱印をいただく時の手順は以下の通りです。

  1. 参拝する
  2. 社務所(事務所)へ行く
  3. 御朱印帳を開いた状態で渡す
  4. 初穂料を納める
  5. 御朱印をいただくまで静かに待つ
  6. お礼を伝え両手で御朱印帳を受け取る

書置きの場合は御朱印帳は不要で、お守りをいただく時のようにたいていは袋に入れて渡してくださいますので、それを受け取ります。

御朱印をいただく時のマナー

御朱印の看板

御朱印をいただくことに慣れていないと、何か失礼なことをしてしまわないか緊張しますよね。

ここでは、押さえておきたいマナーや、こんな時どうしたらいいの?という疑問にお答えします。

御朱印をいただく時はなんて言えばいい?

御朱印帳を渡す時は「お願いします」御朱印帳を受け取る時は「ありがとうございます」と言えば大丈夫です。

御朱印帳には両手を添えましょう。

絶対にやってはいけないこととは

御朱印帳にやってはいけないことは以下の通りです。

  • 参拝せずに御朱印だけもらう
  • 初穂料や御朱印帳の準備を整えずに行く
  • 書き方に注文をつける
  • 待つ間スマホをいじったり雑談をする

初穂料は、できるだけおつりが出ないようにしましょう。

御朱印をいただくまでの間は、静かに厳かな気持ちで待っていてくださいね。

書き間違いや上下が逆だった時の対処法

時々あるのが、御朱印の書き間違いです。

例えば以下のようなことがあるようです。

  • 日にちを間違える
  • 朱印が逆さまや不鮮明
  • 御朱印帳の上下が逆
  • 御朱印の種類を間違える

御朱印を書いた方が間違えに気づいた場合は、謝罪や初穂料を返してくださるようなこともあるそうです。

あるいは、上から紙を貼られたり、修正ペンで直されるなどの対応の場合も。

間違っていることに気付かれないこともあるかもしれません。

朱印のイメージ

そんな時、いただいた側はどのような対応をすれば良いでしょうか?

大切な御朱印帳だからこそ、がっかりしたり、書き直してもらいたい気持ちになったりするかもしれません。

しかし、そんな時こそ寛容な心、おおらかな心を大切にする、という人が多いようです。

逆さまの御朱印なんて珍しい、これから運が上がる証拠かも?などと考えられたら、そんな前向きな人のことを神様もちゃんと見てくれているかもしれませんね!

いただいた御朱印の扱い方

寺社仏閣でいただいた大切な御朱印や御朱印帳。

自宅ではどのように扱えば良いかも見ておきましょう。

書置きの御朱印の貼り方

いただいた御朱印

最近は書置きの御朱印もかなり増えています。

私が御朱印めぐりをした京都でも、観光シーズンの混雑などを避けるためもあるのか、かなりの確率で書置きでした。

書置きの御朱印は、持ち帰って自分で貼る必要があります。

スティックのり

ただ、のりで貼ると紙に皺ができたり、テープのりも和紙との相性が悪い場合があったり、紙が御朱印帳からはみ出してしまったりと、自分で貼るのは結構難しそうです。

書置きの御朱印をきれいに保管する対策としては、以下のようなものがありました。

  • 大判の御朱印帳を使う
  • 御朱印専用の両面テープで貼る
  • 貼らずにクリアケースなどで保管する

大判の御朱印帳なら、御朱印の紙がはみ出すこともなく、また御朱印帳自体の紙もしっかりしているので貼りやすそうですね。

御朱印専用の両面テープも売られているそうです。

また、そもそも御朱印帳に貼らずに別で保管するという人もいるみたいですよ。

御朱印帳はどこにしまっておけばいい?

神棚のイメージ

御朱印帳の保管場所に、特に決まりはありません。

お守りやお札と同じように考えて、神棚などに置いたり、専用の整理箱に入れたりする人もいます。

粗末に扱わなければ、本棚や引き出しの中でも大丈夫です。

できるだけ整理整頓された場所に保管すれば気分も良いですね。

御朱印帳がいっぱいになった場合

自宅の保管場所は先にご説明した通りです。

たくさん増えた御朱印帳は、箱にまとめておくと良いでしょう。

御朱印帳が増えすぎて処分したいという場合は、古くなったお守りやお札と同じように、神社などでお焚き上げしていただくのが良いそうです。

まとめ

御朱印をいただく時のマナーや、御朱印帳の扱い方についてご説明しました。

御朱印は一度いただいてみると、神様とのご縁や旅の思い出、美しいデザインの楽しみなど、魅力がたくさんあることに気づきます。

この記事を参考に、ぜひ御朱印めぐりを楽しんでくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました