エンパスとは?スピリチュアルな視点で対処法や才能の伸ばし方を解説

エンパスとは?スピリチュアルな視点で対処法や才能の伸ばし方を解説 ライフスタイル

エンパスという言葉を聞いたことはあるでしょうか。

繊細な性格で、自分はもしかしてエンパスなのでは、と思ったことがあるかもしれません。

エンパス気質で生きづらくて、一人で悩んでいる人もいるかもしれませんね。

 

この記事では、エンパス気質を克服してきた私が、

「自分はもしかしてエンパスなの?」

「エンパス気質だけど生きやすくなる方法や才能の伸ばし方はある?」

といった疑問に、スピリチュアルな視点からお答えします。

エンパスとは

共感のイメージ

エンパスは、英語でempathy、共感や感情移入を表す言葉です。

エンパス気質は、人と比べて高い共感力や感受性を持っている人を指します。

スピリチュアルに言えば、周囲のエネルギーや波長に敏感な人です。

HSPとの違い

繊細な体質としてよく言われるのが「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)」ですよね。

エンパスもHSPも、病気などではなく、生まれもった気質を表す言葉です。

HSPは、視覚や聴覚などの感覚が敏感な人に使われるので、エンパスとは少し意味合いが違います。

HSPのイメージ

とはいえ、明確に分けられるものではなく、HSPだと思っていたらエンパスだったという人も中にはいるかと思います。

自分は繊細だなと思う人は、両方の可能性を考えてみると良いでしょう。

エンパスは診断できる?

エンパスは病気ではないので、病院で診断することはできません。

ネットで検索すると、「エンパス診断」というサイトはたくさん出てきますね。

どれも、エンパス気質の特徴を元に、いくつかの質問に答えるとエンパスかどうか教えてくれるものです。

気になる方は、気軽に試してみるのも良いかと思います。

エンパスの特徴

エンパスの人に良くある特徴を以下に挙げます。

  • 人混みに行くと疲れやすい
  • 集団行動は居心地が悪い
  • SNSが苦手
  • 残酷なニュースや暴力的な映画などが苦手
  • 周囲の人の感情がなんとなくわかる
  • 理由もなく感情が乱れることがある
  • 自然の中に居るとホッとする
  • 一人が好き
  • 一緒にいるとホッとすると人から言われる

人混みに行くと疲れたり、集団が苦手なのは、たくさんの人のエネルギーと同時につながってしまうからです。

過度なエンパスだと、SNSで人とつながるだけでも、たくさんのエネルギーを感じ取ってしまうことがあります。

エンパスの人は、入ってくる情報にも共感してしまうので、事件などのニュースや暴力的な映画は避けているという人も多いです。

人とつながるイメージ

家や職場など、同じ場所で過ごす相手の気持ちには非常に敏感です。

思っていることと発する言葉が違う人には、すぐに違和感を覚えますし、相手の感情を自分の感情のように受け取ってしまう特徴があります。

感情が乱れている人が近くにいると、いつのまにかその人の感情が自分の感情となり、なぜか落ち込んだりイライラするということが起こります。

心が敏感なイメージ

このように敏感なエンパス気質の人は、自然の中で過ごしたり一人でいたりすると、心が安らぐ傾向があります。

一人が好きなエンパスさんですが、共感力が高いため、人からは一緒にいて癒されると思われます。

そのため、人に好かれ、人が寄ってくるタイプの人も多いでしょう。

エンパスの人の雰囲気

上記のように、男女とも人から「ホッとする」と言われるような、優しい雰囲気の人が多いようです。

服装も、感覚が繊細なので、あまり強い色や派手な柄を好まない傾向があります。

シンプルでナチュラルな服装の人が多いかもしれませんね。

ナチュラルな服のイメージ

エンパスの人の顔つき

顔つきも、いつも笑顔で穏やかな人が多いですが、過度なエンパスの場合は少々神経質そうな顔つきにもなるかもしれません。

また、共感力が高く自他との境が曖昧なので、自己主張があまり無く「いつもニコニコしてるけど何を考えているかわからない」と思われてしまうこともあるようです。

エンパスのタイプ

エンパスにもタイプがあると言われていますので、以下に挙げておきます。

  • 身体直感型:相手の体調不良などを見抜くタイプ
  • 身体ワンネス型:相手の体調不良などの身体感覚と一体になるタイプ
  • 感情直感型:相手の感情を見抜くタイプ
  • 感情ワンネス型:相手の感情と同調するタイプ
  • 知的変容型:相手の思考や能力と同調するタイプ
  • スピリチュアルワンネス型:守護霊や亡くなった人とも同調するタイプ

一応こうしたタイプはあるものの、はっきりと分類できるものではなく、複合的なことも多いでしょう。

また、エンパスの人がその気質をどう扱うかによっても、傾向は変わってくると思います。

エンパス気質の対処法

エンパスでとにかく困るのは、感情的に不安定になったり、人といると疲れたりすることですよね。

このままじゃ普通に生活できない!どうにかしたい!とお悩みの方もいると思います。

ここでは、エンパス気質の生きづらさへの対処法をお伝えします。

  • 浄化する
  • お守りを持ち歩く
  • エネルギーカットの瞑想をする
  • オーラを保護する
  • 波長の合う人と過ごす
  • 受信器を設定する

浄化する

浄化のセージ

人混みや集団の中で過ごしたら、とにかく浄化をすることをおすすめします。

粗塩を入れたお風呂に入る、アロマなどの浄化スプレーを撒く、セージを焚くなど、自分なりの方法で大丈夫です。

家に帰ったら、同調したエネルギーを自分から切り離すイメージで、浄化の儀式を決めてみてください。

お守りを持ち歩く

クリスタルのお守り

神社のお守りでも良いですし、袋に入れた粗塩やパワーストーンなどのお守りを身に付けておくのをおすすめします。

お守りは、特に低いエネルギーと同調しないためのものです。

そのように自分が「思う」ことでより効果を発揮してくれますよ。

エネルギーカットの瞑想をする

エンパスが繋がるエネルギーをイメージ化してみます。

例えば、頭から電源コードのようなもので他のエネルギーと繋がっているイメージなどです。

そしてそれを全部抜いていくようなイメージで瞑想してみましょう。

寝る前などに行うと、かなりスッキリした感覚になりますよ。

オーラを保護する

オーラの保護には、フラワーエッセンスやヨガなど、いくつかの方法があります。

自分のオーラを強化することで、他人との境界をはっきりすることができますので、自分に合った方法を見つけてみてくださいね。

波長の合う人と過ごす

エンパスの人が心地よく過ごすためには、波長の合う人と過ごすことがとても大切です。

時には多少人間関係が狭くなっても、関わる人を選ぶ勇気が必要かもしれません。

働き方も同様で、職場という環境では様々なタイプの人と過ごすことになります。

場合によってはリモートワークなどを選んで自分を守る必要があるかもしれませんね。

受信器を設定する

エンパスの人が疲れてしまうのは、心や身体全体で、他人と同調してしまうからです。

他人の感情などを自分のどこで受信するのか、自分で設定すると良いそうです。

おすすめは、第7チャクラ(頭頂部)よりさらに30センチ上の辺りで、横に倒した8の字の受信器がぐるぐる回っているようなイメージをすることです。

インフィニティ

自分の身体から離れた場所を受信器と決めることで、受ける影響が少なくなりますよ。

エンパスのスピリチュアルな才能

エンパスの気質とは、スピリチュアルな視点で言えば、ワンネスの気質なのです。

生きづらいと感じることも多いエンパスさんですが、実はそれは才能でもあります。

エンパスさんが使える能力

エンパスの気質として使える可能性のある才能は、以下の通りです。

  • 直感能力
  • リーディング力
  • 霊視力
  • ヒーリング力

いわゆる霊能者やヒーラーに近い能力があるのがエンパス気質の人です。

他人のエネルギーや感情とつながってしまう性質をうまくコントロールできれば、必要な時に必要なリーディングなどを行い、情報を得たり相手に伝えたりすることができます。

また、他人から影響を受けやすいということは、逆に他人に影響を与えることもできるということです。

スピリチュアルな能力の伸ばし方

エンパスの気質を能力として使っていくためには、まず先に挙げた対処法で、無防備に同調してしまう気質をコントロールできるようになることです。

そして、高い波長とだけつながると決めましょう。

ヒーリングの本質も実は、「相手から高い波長を受け取る」「相手の高い波長を信頼する」ことなのです。

高い波長のイメージ

直感やリーディングなどには、対処法の最後に挙げた受信器のイメージも有効です。

すぐに能力として使えるようにはならないかもしれませんが、エンパスの気質をポジティブな方向に設定することから始めてみてくださいね。

まとめ

エンパスの特徴やタイプ、そして対処法や才能の伸ばし方についてお伝えしました。

私自身、エンパス気質だと自覚して、色々と対処法を試したことでとても楽になりました。

同じような方がこの記事を読むことで、エンパスの気質とうまく付き合い、その能力をより良く使えるきっかけにしていただけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました