Trello(トレロ)で個人やチームのタスク管理!初心者向けに使い方を解説

タスク管理のイメージ 仕事

手帳やスマホのアプリなど、タスク管理には様々なツールがありますよね。

自分に合ったタスク管理ツールを見つけたい方や、今よりもう少し便利なタスク管理の方法を知りたい方もいるかもしれません。

今回は、人気のタスク管理ツール「Trello」について、初心者向けにまとめてみました。

タスク管理ツールTrelloの基本的な使い方

Trelloは、なんといってもシンプルで直感的に操作できるところが魅力です!

これまでは手書き派だったけれど、Trelloならスムーズに使いこなせて、タスク管理の方法を手帳からTrelloに変えたという人もいますよ。

まずは、Trelloの基本的な使い方についてご紹介します。

カンバン方式でタスク管理

Trelloは、「カンバン方式」という方法でタスク管理ができるツールです。

「カンバン方式」とは、トヨタ自動車が開発した、無駄のない生産管理のための方式だそうです。

トヨタの自動車

「カンバン方式」のタスク管理は以下のように行います。

  1. 1つのボードを「作業前」「作業中」「完了」の3つに仕切る
  2. タスクのカードを作る
  3. 進捗状況に合わせてカードを貼ったり剥がしたりして移動する

とってもシンプルですよね!

これなら、タスクの進捗を一目で確認できます。

 

Trelloでは、テーマごとの「ボード」に「リスト」という仕切りを作り、タスクの「カード」をドラッグで移動して使用します。

Trelloのボード

左から右へ作業が進行していく形で使うとわかりやすいです。

画面もシンプルなので、すぐに活用できそうですね!

無料版と有料版

Trelloには無料版と有料版があります。

有料版は、作成できるボードの数が無制限(無料版は10個まで)などのメリットがありますが、個人や少人数でのタスク管理には無料版で十分かと思います。

まずは無料版を使ってみて、不便を感じたら有料版にアップグレードを考えると良いですね。

Trelloで個人のタスクを管理する

個人でTrelloを活用するなら、基本の使い方だけでなく、自己流にカスタマイズして使いたいですよね。

以下に、アイデアをまとめてみます。

  • リストを曜日に分けて、曜日ごとのタスクを並べる
  • リストを月ごとに分けて、月ごとのタスクを並べる
  • 家族の名前のリストを作り、それぞれの予定をカードにする
  • 食品、日用品などに分けて買い物リストを作る
  • 仕事や趣味などのカテゴリに分けて、やりたいことリストを作る
  • 思いついたアイデアを記録するメモ代わりに使用する

無料でもボードは10個まで作れますし、リストの制限は無いので、気軽に楽しく使ってみることをおすすめします!

Trelloでチームのタスクを管理する

チームメンバーのタスクの進捗も一目でわかるTrello。

チームでタスクを管理する場合は、メンバーを共有したいボードに招待します。

ボードの右上の「共有」を選択し、ユーザー名かメールアドレスを入力して招待しましょう。

Trelloにメンバーを追加する

 

チームで管理する場合には、カードをフル活用するのがおすすめです。

カードには、期日や担当を決めたり、ラベルを貼り付けることもできます。

説明や添付ファイルを追加することもできるので、別でメールやチャットをする手間が省けますよ。

カードの詳細画面

情報があちこちに散らばると取りこぼしが発生することもありますので、Trelloのボードだけで完結できるのは助かります。

また、仕事だけでなく家事のタスク管理として使用することもできるので、家族でもぜひ共有してみてくださいね。

Trelloの拡張機能でより便利にタスク管理

ボードの右側の「ボードメニュー」を開くと、「Power-Up」という項目があります。

Trelloの拡張機能を表示する方法

この「Power-Up」を開くと、拡張機能を検索することができます。

さまざまな拡張機能がありますが、まずはカレンダーの機能を追加することをおすすめします。

カレンダーの表示画面

タスクを週や月単位で把握したいことってありますよね。

そんな時にもわざわざ手帳を開かず、Trelloで確認できるので便利です。

ブラウザとスマホのアプリ両方からTrelloを確認できるようにしておけば、いつでもどこでも予定のチェックができますね。

まとめ

Trelloの使い方を初心者向けにお伝えしました。

誰でも簡単に使えるタスク管理ツールなので、まだ使ったことのない方には、ぜひ一度試してみることをおすすめします!

シンプルで自由にカスタマイズできるTrelloなら、きっとご自分にぴったりの使い方を見つけられますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました