ポモドーロテクニックで生産性UP!在宅ワークや勉強の時間管理に!

ポモドーロテクニックで時間管理!在宅ワークや勉強にも使える 仕事

自分の好きなように時間を使える在宅ワーク。

会社に勤めていた頃より自由で嬉しいけれど、今度は自分で時間の管理をする必要がありますよね。

ついスマホをいじってしまったり、他のことに気が散っていつまでも仕事に取りかかれなかったり。

逆に仕事に夢中になり過ぎて、家事を溜め込んでしまうこともあるかもしれないですね。

今回は、そんな方のために、時間を効率よく自己管理するのに有効な「ポモドーロテクニック」についてご紹介したいと思います!

ポモドーロテクニックとは?

ポモドーロと聞いて、なんだかパスタみたいな名前だなと思いませんでしたか?

ポモドーロテクニックは、イタリアのフランチェスコ・シリロという人が考案した、タイマーを使う時間管理術なんです。

ポモドーロとは、イタリア語でトマトのこと。

トマトのイメージ画像

考案者のシリロが使用したタイマーがトマト型だったそうで、イタリアではよく使われるそうですよ。

それにしてもかわいいネーミングですよね!

ポモドーロテクニックのやり方

シリロが著書などで説明している手順は以下の通りです。

  1. タスクを決める
  2. タイマーを25分にセットする
  3. タイマーが鳴るまで作業に集中する
  4. 5分程度休憩する
  5. 作業と休憩を4セット繰り返したら、15分~30分休憩する

25分の作業時間のことを、ポモドーロと呼んでいるそうです。

作業時間は変更できる?

作業の25分は、集中力を保つにはこのくらいが最適とされた時間です。

自分に合った時間の長さや、作業内容を考えて変更することは可能です。

ただ、毎回時間を変更するよりは、自分にとって最適な時間をある程度固定した方が良いでしょう。

休憩時間におすすめなこと

    • 水分補給
    • 目を閉じて休む
    • ヨガやストレッチなどの運動
    • 細切れに家事をする
    • 身体を動かす作業

作業に集中すると水分を摂るのも忘れてしまうということも多いですので、合間にはしっかり水分補給しましょう。
お菓子を食べるのも、休憩時間と決めればだらだら食べてしまうのを防げますよね。
疲れている方はただ目を閉じて休むのもいいでしょう。

ヨガをする人

また、休憩時間にヨガなどの運動や、身体を動かす作業をしてリフレッシュするのもおすすめ。
主婦の方は、わずか5分ですが細切れに家事をするのもいいですよ!
実際にやってみましたが、気分転換になりますし、あとでまとめて家事をするより格段にラクになりました。

ポモドーロタイマーをアプリなどで用意する

ポモドーロ用のタイマーは、もちろんキッチンタイマーでも構いません。

その他には、スマホでアラームをかける方法もありますね。

PCブラウザ用のツールやアプリも色々出ていますので、気に入ったものを見つけてみてください。

アラームが苦手な人にはBGMも

BGMのイメージ

アラームがストレスになるという人もいるかもしれません。

そのような人には、ポモドーロテクニックを使ったBGMがYoutubeなどにありますので、ぜひ活用してみてください。

自然音などの優しいBGMで、作業時間と休憩を穏やかに切り替えられるのでおすすめです!

 

ポモドーロテクニックのメリットや効果

ここでは、ポモドーロテクニックを実践することで効果があると言われていることや、実際にやってみて感じたメリットをご紹介します。

    • 集中力が高まり、生産性が上がる
    • スケジュールを立てやすくなる
    • モチベーションを維持できる
    • 過集中を防ぐ
    • 精神的な疲れが取れる
    • 目を休ませることができる
    • 身体の緊張がほぐれ、肩こりなどの緩和になる
    • 仕事以外のタスクとのバランスが取れる

集中力が高まって仕事の効率や生産性が高まることはもちろんですが、逆に集中し過ぎることを防ぐこともできます。
適度に休息をとることで疲労も和らぎますし、家事など仕事以外の作業が滞ってしまうことも防げるので、バランスの取れた仕事の仕方ができるようになりますよ!

ポモドーロテクニックのデメリットや注意点

メリットがいっぱいのポモドーロテクニックですが、デメリットもあるので挙げておきます。

  • 作業内容によっては合わないことがある
  • イレギュラーなタスクに対応できない

時間で区切れないような作業や、突発的に生じたタスクに対しては対応しづらいようですね。

また、注意点も少しあります。

  • ポモドーロの途中で作業を中断するようなことが発生した場合、そのポモドーロは終了し、新たなポモドーロを開始する。
  • 25分の間は1つの作業に集中する。
  • タイマーを気にしなくて済むよう、音が鳴るタイマーにする。

ただし、実際にやってみた感想としては、作業内容など多少アバウトに行っても十分効果がありました。
あまり細かいことにこだわらず、まずはやってみることをおすすめします!

ポモドーロテクニックで勉強

ポモドーロテクニックは、考案者のシリロが大学生の時に、自身がタスクに集中するため編み出した時間管理術です。

大学生のタスクといえば勉強なので、もちろん勉強にも活用できます。

すでに自分で活用している人もいると思いますが、ポモドーロテクニックを知らない子どもにもおすすめなんです。

宿題をする子ども

なかなか宿題に取りかかれない子どもが、在宅ワークで母親が使っていたポモドーロタイマーに合わせて勉強をし始めた、なんてこともありますよ!

暗記にも有効

休息を挟み、定期的に脳を開放することは、記憶のメカニズムとしても理にかなっています。

人間の脳のイラスト

情報を詰め込み続ければ、脳は容量オーバーで疲労し、効率良く記憶できなくなってしまいます。

記憶を司る脳の海馬は、脳を休めることで情報の整理をすることができるのです。

ポモドーロテクニックは、暗記にも有効なんですね!

まとめ

ポモドーロテクニックを使った時間管理についてご紹介してきました。

向き不向きはあると思いますが、合う方にとっては本当に効果的な時間管理術だと思います。

在宅ワークや自宅での勉強に、ぜひ活用してみてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました