例えが上手い人の共通点と特徴!話がわかりやすい例えネタの作り方のコツは?

仕事

例え話が上手い人は、複雑な内容をシンプルでわかりやすい方法で伝えることができます。

では、彼らの持つ共通点や特徴と、効果的な例え話の作り方にはどのようなコツがあるのでしょうか。

ここでは、例え話の上手い人になるためのコツと、魅力的な例えネタの作り方をご紹介します。

例えが上手い人の共通点と特徴を4つにまとめてみた

例えが上手い人の共通点と特徴を4つにまとめました。

  1. 観察力が高い
  2. 豊かな想像力で発想を飛ばせる
  3. 聞き手の理解度を把握できる
  4. シンプルでわかりやすい言葉を選ぶ

観察力が高い

上手い例え話を作るには、周囲の状況や相手の反応を敏感に捉える観察力が必要です。

例え話が上手な人は、話す相手やその場の状況に合わせて最適な例えを持ち出すことができます。

豊かな想像力で発想を飛ばせる

様々な状況や事象を異なる角度から見ることで、新鮮でユニークな例えを生み出します。

普通には考えつかないような発想から生まれたフレーズが出ると、聞き手の印象に残って思わず感心してしまいますよね。

「発想を飛ばす」というやつですね!

聞き手の理解度を把握できる

例え話が伝わるためには、相手の知識や経験に合わせた例えを出す必要があります。

相手が全く知らないジャンルの例え話をしてしまうと、上手く伝わらないばかりか、

「空気が読めない人」という印象を与えてしまうかもしれません。

 

相手の経歴や、興味がある話題など、聞き手の理解度を把握して意識的に寄り添うことが大事です。

例え話をする時には、相手にちゃんと伝わっているか反応を見ながら喋るようにしましょう。

シンプルでわかりやすい言葉を選ぶ

例え話は相手に伝わってナンボのものです。

できるだけシンプルでわかりやすい言葉を使いましょう。

話がわかりやすい例えネタの作り方とコツ

話がわかりやすい例えネタの作り方とコツは、聞き手と自分が共通して知ってる話題で例えることです!

わかりやすい例えネタの作り方とコツ1.キャラクターを有名人で例える

映画や漫画の登場人物を例え話で説明するときは、別の有名な作品のキャラクターや、実在する有名人を例に挙げると伝わりやすいですね。

例えば、

  • なんでもできて、どの分野でも一流のレベルにある人を例えるなら、〇〇界の大谷翔平だね
  • 弱虫で冴えない感じの人を例えるときは、ドラえもんの「のび太くん」みたいな感じ

わかりやすい例え話をするコツは、誰でも知ってるぐらいの有名人で例えることです。

 

わかりやすい例えネタの作り方とコツ2.映像をイメージしやすい言葉で例える

わかりやすい例えネタの作り方のコツとして、聞き手に映像をイメージさせるテクニックが有効です。

たとえば、「秋の日はつるべ落とし」という秋の日が短く感じられることを表現した言葉があります。

これこそが、わかりやすく映像をイメージさせる例え話ですね。

 

具体的に説明すると、

「秋になると夕日が沈むのが早くなって、一日が非常に速く過ぎ去るように感じられる様子は、井戸から水を汲むために下ろしたつるべ(バケツ)がすぐに底を打つようなイメージだよね。」

という感じですね。

 

聞き手が映像を思い浮かべて、感覚的に伝わったのであれば、その例え話は成功だと言えます。

例え話の上手さは、相手に対する理解と共感に基づいています。

これらのポイントを意識することで、あなたも話がわかりやすい例えを作ることができるようになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました