有料版ChatGPT Plusにアップグレード契約できない原因と対策!登録が再開されるのはいつ?

テクノロジー

2023年11月15日から有料版ChatGPTPlusへのアップグレードが新規登録できなくなりました。
原因は利用者が急増したためにキャパシティを超えてしまったからですね。

この記事を書いている12月3日現在でも、アップグレードの新規登録は再開されておりません。

この記事では、有料版ChatGPTPlusにアップグレード契約できない原因と対策、登録受付がいつになるかを調べてみたので参考になればと思います。

有料版ChatGPT Plusにアップグレード契約できない原因

実は有料版ChatGPTへのアップグレードは2023年の3月20日頃にも新規登録が一時停止されたことがありました。

その時も需要が高まりすぎたのが原因でしたが、翌日の3月21日のお昼頃にはアップグレードの新規登録受付が再開されたとのことです。

有料版へのアップグレードの新規登録停止は一時的なもので、サービス元のOpenAIの体制が整い次第、アップグレード契約は再開されるはずです。

有料版ChatGPT Plusにアップグレード契約できない時の対策

サービス元のOpenAIがアップグレードの新規登録を停止している間、利用者は登録受付の再開をただ待つこと以外に2つの対策法があります。

有料版ChatGPT Plusにアップデートできない時の対策1:友達紹介コードを使う

有料版Chat GPT Plusへのアップグレードの新規登録が停止されてる間でも、紹介コードを使えば登録できます。

(この記事の筆者である私は、この方法で登録できました。)

有料版Chat GPT Plusを利用しているユーザーは、3人にまで友達紹介コードを共有することができます。

 

紹介を受けた利用者は、14日間は無料で有料版を使うことができるようになります。

14日間が過ぎた後は、30日間ごとに20ドル(約2,937円)の支払いになるので注意が必要です。

※2023年12月3日現在の相場。

すぐにでも有料版Chat GPT Plusにアップグレードしたい方は、紹介コードをもらえる友達を探してみてください。

 

有料版ChatGPT Plusにアップデートできない時の対策2:待機リストに登録する

有料版Chat GPT Plusへのアップグレードができない時でも、対策として『待機リスト』に登録できます。

無料のユーザー登録まで終わらせていれば、順番待ちの「待機リスト」に登録できるので、とりあえず登録しておくと良いですね。

待機リストへの登録の仕方は、無料プランか有料プランかを選ぶ画面で、有料の方ボタンにカーソルを合わせるとできるのでやってみてください。

待機リストに登録したあとは、アップグレードの受付が再開されていないか、ChatGPTを毎日チェックしましょう。

有料版ChatGPT Plusへのアップグレード契約が再開されるのはいつ?

有料版Chat GPT Plusへのアップグレードは、サービス元のOpenAIが対応できるようになり次第なので残念ながら現段階ではわかりません。

友達紹介コードがあればすぐにでもアップグレードできますが、紹介コードがない場合には、待機リストに登録して待つしかないという感じですね。

なお、有料版Chat GPT Plusへのアップグレードの新規登録受付を再開した際にはアプリ内で告知をするとのことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました