暑中見舞いの返事にラインは使える?返信例文を紹介!

ライフスタイル
暑中見舞いを受け取った時、返事はラインは使える?返信文はどうしよう?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。どんな言葉を添えればいいか悩み始めると夏が終わりそう!そうした時に使える返信例文をご紹介します。

暑中見舞いの返事にラインは使える?

暑中見舞いの返信にラインを使っても全く問題ありません。暑中見舞いに対する返信は、心をこめて行うことが一番です。もしハガキで暑中見舞いが届いた場合は、できれば同じ形式で返すことが望ましいですが、大切なのは、相手に感謝の気持ちをしっかりと伝えることです。
SNSでも返信のタイミングや、ラインを使うことに気に病む声もありました。

 
上司から暑中見舞い、返信するタイミング逃した↓

 
返事もラインで送るとかばっかで申し訳なくて↓


 

書くの楽しいけど返事がLINEで来たりするとうぅ…ってダメージデカい↓


 

返事をLINEしたら早いけど↓


 

ラインでの返信は寂しい?↓


 

暑中見舞いがラインで届いた時

暑中見舞いの返信に際して、ラインで好印象を与えるためのポイントを3つご紹介します。

  • 感謝の気持ちを表現する
  • 近況報告を加える
  • 言葉と一緒に写真や動画を添付し、季節感を演出する

感謝の気持ちを表現する

暑中見舞いを送ってくれたことへの感謝を明確に表現しましょう。具体的な言葉を使って、「お心遣いありがとうございます」と感謝の意を伝えると良いです。

近況報告を加える

自分の近況を簡潔に述べることで、コミュニケーションがより親密になります。例えば、「最近は新しい趣味の園芸に夢中です」など、自分の生活の一部を共有すると相手も安心感を持ちます。

言葉と一緒に写真や動画を添付する

花火や海、ひまわりなど、夏にふさわしい動画や写真を添えるのも良いですね。SNSでも素敵な投稿がありましたので、いくつか紹介します。

 
ラインで送られた花火の動画が素敵です↓

 
ライン用のイラスト↓

 
酷暑見舞い!↓


 

暑中見舞いがハガキで届いた時

暑中見舞いのハガキを受け取った際は、可能な限りハガキで返信すると喜ばれることが多いですね。ハガキをもらって嬉しいと感じる人も多いようです。
ただ、返信が遅れてしまい残暑見舞いの時期を逃してしまうこともありますよね!そんな時はラインで感謝の気持ちや近況を伝えることで、心からの思いやりを相手に伝えることができます。

 
ラインは無料!相手も喜んでくれる!↓

 

夏SUMMERスタンプを利用するのもいいですね!↓

 
ラインもうれしい↓


 

美しい字に手描きの絵。嬉しい↓


 

ハガキが届き、なんかうれしい↓


 

ラインで送る返信例文を紹介!

ラインで挨拶や見舞いが一般的になっている今、どう返信すればいいのか、具体的に返信例文をいくつかご紹介します!

暑中見舞いのポイントは5つです。

  • 「暑中お見舞い申し上げます」などの挨拶の言葉を書く
  • 「暑さが厳しい」などの時候の挨拶
  • 日頃の感謝の気持ちを伝える
  • 相手の健康を気遣う、自分の近況を伝える
  • 結びの挨拶

友達に送る返信例文

ラインの場合も書き方は基本的に同じですが、親しい間柄の人に送る時は、カジュアルな書き方でも大丈夫です。長くなり過ぎず、短い文面でお礼の言葉をや近況を伝えましょう。
  • 例文1
  • 暑中お見舞いありがとう。うれしかったです!毎日暑いので、体調には気を付けてね。また、一緒にランチでもしたいね!

     

  • 例文2
  • 暑中お見舞いありがとう。毎日暑いけど元気にしてる?また、ゆっくり会いたいね!

     

  • 例文3
  • 暑中お見舞いありがとう!。厳しい暑さが続いていますが、いかがお過ごしですか? また、色々話したいね!

     

お世話になっている方への返信例文

お世話になっている人や、目上の人には、すこし丁寧なメッセージを送りたいですね。暑中見舞いは、相手の健康と安全を願って送るものです。
返信の際は、相手の健康を気遣うような文章を入れることをおすすめします。

  • 例文1
  • いつもお世話になっております。
    暑中お見舞いを頂き、ありがとうございます。
    お忙しい中、お気遣いいただき、うれしく思っております。
    まだまだ暑い日が続きますが、どうぞご自愛ください。

     

  • 例文2
  • 暑中お見舞い申し上げます。お気遣いありがとうございます。
    厳しい暑さが続いていますが、ご家族ともども元気に過ごされることを願っております。
    お体に気をつけて、楽しい夏をお過ごしくださいね。

     

  • 例文3
  • 毎日暑いですが、いかがお過ごしでしょうか?
    暑中見舞いのご配慮に心から感謝しております。
    ご丁寧にありがとうございます。
    どうかお体を大切に、楽しい夏をお過ごしください。

     

いつまでに出すのが正解?

返信が遅れないことが大切です。暑中見舞いや、残暑見舞いは、いつまでに出すのが良いか調べました。

暑中見舞い
暑中見舞いは、毎年7月7日ごろの「小暑」から8月7日ごろの「立秋」前日までに送るのが一般的です。この時期はカレンダーに基づいて決まっています。
8月7日を過ぎてしまったら、「残暑見舞い」として送るようにします。
また、暑中見舞いを出すタイミングとしては、送り先の梅雨明け以降を目安にすると良いそうです。

残暑見舞い
「立秋(8月8日頃)」から8月末までに送るのが残暑見舞いの適切な時期です。最も遅くとも「処暑(9月7日頃)」までに届くようにしましょう。

暑中見舞い・残暑見舞いのマナー 日本郵便株式会社

暑中見舞いの返信をラインでするのは、全くマナー違反ではありません。ラインなら、思いついたその瞬間にすぐ返信できる利点があります。また、動画や写真、ギフトカードなどを添えて送ることができるので、オリジナルな暑中見舞いになるはずです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました