飛行機でフットレストは使用禁止?代用品や対策は?機内で快適に過ごす方法も!

ライフスタイル

飛行機でのフットレストの使用は禁止なのでしょうか?各航空会社の規定などを調べ、フットレストが禁止なのか調べてみました!
 

飛行機でフットレストは使用禁止?

市販では数多くのフットレストが販売されています。ですが、SNSの投稿にもあるように、実際に機内で実際には使用許してもらえないことがあります。
禁止の理由についても述べていきます。

 
フットレストが使用できなかった方↓


 
トラベル用フットレストが破損の原因や周囲の迷惑に!↓


 
テーブルにかけるフットレストは禁止↓


 

ピーチでは2018年からテーブルに掛けるフットレストの使用が禁止です↓


 

フットレストが使用禁止の理由

フットレスト使用が制限される理由は、主に以下の3つがあげられます。SNSの投稿にも、飛行機にフットレスト持ち込むこと自体が問題だと言われる方もあります。

  • 緊急時の避難をスムーズに行うため
  • 機内のものを壊すリスク
  • 他の人の迷惑になる可能性

緊急時の避難をスムーズに行うため

緊急脱出時の妨げになる場合があるため、特に非常口座席では、離着陸時は足元や膝の上に手荷物など置くことができません。
 
飛行機にフットレスト持ち込むとか論外!↓


 
緊急脱出を考えるとフットレストはダメのご意見↓


 

機内のものを壊すリスク

吊り下げ式のフットレストを使うと、機内のテーブルを傷つけたり壊したりすることがあります。

他の人の迷惑になる可能性

フットレストを使うと、前の席が揺れて、他の人が不快に感じることがあります。
 
不快な時間を過ごされたようです↓


 

フットレストの使用可能な座席

航空会社では、条件付で使用しても良い、としています。
JALANAのサイトを確認したところ、以下の3点について記載がありました。くわしくご紹介します。

  • 窓側席や中央の真ん中の席でのみ
  • シートベルトは正しく装着
  • 小さな子ども用の簡易ベッドのみ可能

ANA国際線 フットレストについて

ANAでは、小さな子ども用の簡易ベッド(フットレスト)については使用が可能としています。
 

問:国際線】小さな子ども用の簡易ベッド(フットレスト)は機内で使用できますか。
 
回答:はい、ANAでは、お子様用携帯ベッド(フットレスト)として利用される商品(JetKids BedBoxやFLY-TOTなど)をご利用いただけます。
原則として窓側座席または通路に挟まれたセクションの中央座席でご使用ください。

 
座席の説明↓
ANA

ANAサイト 小さなお子様連れのお客様(国際線)
 

JAL国際線 フットレストについて

JALでは、一部の使用が可能なようです。

ご利用いただける条件として、以下の点にご注意いただき、機内でのご使用をお願いします。

ご使用の際は、機体や機内設備を損傷させたり、機能を妨げないようにしてください。
シートベルトは正しく装着した状態でご使用ください。
他の乗客の快適性を損なわないように、例えば前席のリクライニングの邪魔にならないように注意してください。
また、使用するグッズが足元のスペースを占める場合は、原則として窓側や中央の席でのみ使用が許可されます。

ただし、安全上の理由から離着陸時やシートベルトサインが点灯している際は使用できません。また、乗務員の判断により使用を控えていただくこともあります。

JAL国際線 機内でのご利用について
 

機内設備フットレスト

 

機内にフットレストがついているお席があります。以下の三つについて、SNSの投稿もありましたのでご紹介します。筆者もJALのクラスJの席を利用したことがありますが、プラス1000円の価値はあるなと感動しました。

 

  • ANA国内線プレミアムクラスのシート
  • JAL国際線エアバスA350-1000型機
  • JALクラスJ

前後の座席間隔とシート幅にゆとりをもたせ、電動リクライニングシートや大型フットレストを導入しています。↓
ANA国内線プレミアムクラスのシート

クラス初のシートの電動化によるスムーズなリクライニングを実現。↓
JAL国際線エアバスA350-1000型機 水平まで調節可能な電動レッグレスト

細かな調整が可能で、どなたにもフィットする新機構のレッグレストを導入しています。↓
JALクラスJ

ANA機内にフットレストがあります↓


 
ANA国内線にもフットレスト↓


 

JAL国際線 フットレストがついている席があります↓


 
プラス1000円でクラスJのお席↓


 

フットレスト代用品や対策は?

フットレストの代用品になるものや快適に過ごす方法を、以下2つに絞って紹介していきます。ただし、機内では乗務員の指示に従ってくださいね。

  • フットレストの代用品
  • 機内で快適に過ごす方法

フットレストの代用品

  • ブランケット
  • 機内で提供されるブランケットを厚く折り畳んで、足置きにする。これだと何かを持ち込む必要がありません。

  • 100円均一の小さな枕などを持ち込み、足元に置いて足置きにする。

 

機内で快適に過ごす方法

フットレストが利用できない時のために便利なアイテムと、航空会社が紹介する適度な運動の動画もご紹介します!

  • フライトソックス
  • マッサージボール
  • 適度な運動

 

フライトソックス

着圧ソックスは血流を促進させて、むくみを防ぐ効果が期待できます。
 
足が痛くなく快適だそうです。↓


 


 

マッサージボール

軽くマッサージするにはいいですね!↓


 
トリガーポイントのマッサージボールが良いらしいです↓


 

適度な運動

フットレストも良いですが、長いフライトには適度な運動が必要です。SNSの投稿でも運動の大切さが投稿されています。
また航空会社で紹介している動画もありましたので、ご案内します!
 
機内で出来るリフレッシュ方法を動画でご紹介!実際にJAL機内でも使用されている映像が!
JAL

JALインフライト体操
 

▶ 自宅で出来る本気のラジオ体操!飛行機に乗った気分でご覧ください!↓

 
ハワイアン航空では、適度な運動の大切さを記載しており、ホテルなどで出来る動画も掲載していました。

ハワイ出発行きの場合、通常は、少なくとも 5 時間は座ったままの姿勢でいることになります。座った瞬間から時間が経つにつれて、血行は悪くなり、関節と筋肉は硬直していきます。搭乗エリアのスペースを利用して、立った状態で足、膝、腰、背骨、肩および首をできるだけ動かしましょう!

 
適度な運動はカラダのストレッチはストレス発散!↓

 
現役CAさんおすすめ!空港へ来る前までに適度な運動が大事だそうです!↓


 
エコノミー症候群防止ですね↓


 

フットレストの使用には注意が必要ですね!しっかり対策をして、安全で快適な旅を!enjoy!

ご訪問ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました