業務委託をやめたほうがいい理由まとめ!正社員との違いやメリットデメリット!トラブル事例や実態を調べてみた!

業務委託をやめたほうがいい理由まとめ!正社員との違いやメリットデメリット!トラブル事例や実態を調べてみた! 仕事

業務委託について、なんとなく知っているけど実際は、やめたほうがいいのか、実際のところは不明瞭な点も多いですよね。

筆者も業務委託という業態について、なんとなくのイメージでしか知らないことが多々ありました。

そこで今回は知っているようであまり知らない業務委託について詳しく解説していきます。

  • 業務委託はやめたほうが良い理由は?
  • 業務委託と正社員の違いは?
  • 業務委託のメリットとデメリットは?
  • 業務委託のトラブル事例と実態

それでは早速解説していきます。

業務委託はやめたほうが良い理由は?

理由ははっきりと断言できません。

何故なら、業務委託にはやめたほうがいいと言われる「デメリット」は確かに存在しますが、当てはまるかどうかは人によりけりだからです。

結局のところ、「業務委託はやめたほうがいいか」という問いに対しては、個々人の立場や価値観、そして自分の能力や環境をどう捉えるかによって異なるのです。

本項では業務委託が向いている人・向いていない人に分けて、解説をしていきます。

向いている立場の人

業務委託は自分のペースで仕事を進めるものですので、以下の項目に当てはまる人に向いています。

  • 自己管理能力が高い人
  • 自分のスキルに自信がある人
  • 自由な働き方をしたい人

それぞれ会社員よりも向いている人だね。

個人で事業をしている人は、基本的に人や時間に縛られなくないと思います。

更に一人でも業務をこなせる高い知識とスキルが必要なので、そのような人は断然業務委託が向いていますね。

SNS上でも「副業したい方」「開業してるけど時間に余裕がある方」に向いているという投稿が見られました。

上司の指示を聞いて作業することが苦手な人、自由な働き方をしたい人に向いています。

辞退する際、誰かに引き止められたくない人も業務委託に向いています。

向いていない立場の人

業務委託はかなり自由度の高い働き方となるため、以下の項目に当てはまる人には向きません。

  • 自己責任ですべての業務をこなせない人
  • スキルアップへの意識や目標を持てない人
  • 安定した収入が欲しい人

何をやっていいか自分で判断できない人は難しいですね。

業務委託は全てにおいて、自己責任で進んだり止まったりできますが、その分スケジュールや成果管理も必要です。安定は自分の仕事次第になるので、知識やアイデアが無いと難しいかもしれません。

1日の時間が足りないと感じる方、日程の管理能力が低いと感じる方は向いていないと思うかもしれません。

自由度が高いため、丁寧な指導や育成がないと続けられない人は向いていないかもしれません。

自由過ぎると仕事ができない人は向いていません。

業務委託と正社員の違いは?

業務委託と正社員は立場関係が対等であるか、そうでないかの違いがあります。

【業務委託】

自社と受託会社(委託先)の関係が対等であり、雇用契約を結びません。

委託先で従事するスタッフは自社に所属しないため、自社の社内規約の適用もありません。

正社員

雇用主と労働者の間で雇用契約があります。

労働者は雇用主の指示に従い業務を遂行し、労働の対価として給与を得るわけです。

大手転職サイト「リクルートエージェント」では、業務委託と正社員(直接雇用)の違いについて、以下のように解説しています。

労働法に守られず労働時間の制限もないため、自分自身で時間と健康の管理をする必要があります。

という解説が見られます。

業務委託のメリットとデメリットは?

業務委託という働き方には向いている人・向いていない人がいますが、これはメリットとデメリットの二つが存在するからです。

本項では業務委託のメリット・デメリットを比較して解説していきます。

メリット

  • 働く時間や場所に指定がなく、自分の裁量で働き方を決められる
  • 自分の得意分野の業務に専念できる
  • スキルアップすれば、高い収入を得られる

つまり業務委託とは自由度が高く、得意分野で働きながら専門性を高めることができる働き方なのです。

デメリット

  • 仕事を自分で見つける必要があり、収入が不安定になりがち
  • スケジュール管理だけでなく、税務処理や社会保険の支払いまで行う必要がある
  • 雇用保険や労災保険に入ることができない
  • 相談者が少ない

自由度が高い働き方なので、何かあると自己責任となってしまいます。

税務処理などの煩雑な事務作業の知識もあらかじめ身につけねばなりません。

業務委託のトラブル事例と実態

ここではSNS上で散見される業務委託のトラブル事例や実態をご紹介していきます。

業務委託で働く人は、契約書のチェック方法に精通している必要もあります。

ライブドアニュースでは業務委託で働く人の支払いに関するトラブルについて記事にしています。

金銭トラブルは前払いで回避できるという情報です。

業務委託で働く人も入れる保険について紹介されています。

金銭トラブルがとくに目立ちます。

まとめ

業務委託の働き方について以下のとおりまとめます。

  • 業務委託が良いか悪いかは一概に断言できず、人によって捉え方が様々
  • 業務委託は働き方の自由度が高いゆえに、背負わないといけない責任や管理が沢山生じる
  • 自己管理能力に自信があれば、業務委託という働き方の選択も可能

業務委託か直接雇用で働くかは人によって向き不向きがあるので、良いか悪いかを一概に論じることが難しいです。

あなたは業務委託という働き方について調べてみて、どう感じましたか?

世の中には柔軟な働き方や雇用形態がたくさん存在します。

その働き方が良いか悪いかだけで判断するのではなく、まずはどんな人に向いているのかを考えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました