オールブランは健康に悪い?便秘が悪化?糖質制限に効果的な食べ方があるのか調べてみた!

ライフスタイル

オールブランは食物繊維を豊富に含むことから、便秘改善効果が高いと言われています。

でも、食物繊維にも様々な種類があり、その作用は人によって異なることも。

オールブランの食物繊維が体質に合わず、かえって便秘を悪化させるケースもあるようです。

NHKの調査によると食物繊維を取りすぎてしまうと、かえって便秘になるケースもあることが紹介されています。

そのため、「オールブランは健康に悪い」と誤解されがちですが、特徴を理解した上で、上手く活用することで快便効果を得られる食品です。

この記事では、オールブランで便秘が悪化する前の対処法を解説します。

  • オールブランは健康に悪い?
  • オールブランは便秘が悪化する?
  • オールブランは糖質制限にに効果的?
  • オールブランの効果的な食べ方

オールブランの効果的な活用法もご紹介しますので、参考にして見てください。

オールブランは健康に悪い?

オールブランを健康に悪いとする科学的な根拠はありません。

ただし以下の点には注意が必要です。

  • 一食40gという規定量を守ることが大切。多食は避けたい。
  • 糖質は1食当たり19.9g含まれる。糖質制限目的で摂取するなら不向き。
  • 糖質量からするとオートミールやご飯よりも少ない。糖質の摂り過ぎはない。

健康に悪いという根拠はなく、むしろ食物繊維を通じて便秘改善などのメリットが大きいと言われています。

実際に、オールブランを食べて便秘改善がされた人は多くいます。

ダイエットとしても活用されているオールブラン、おいしく毎日続けられるように味のアレンジも大切ですね

便秘に効果的といわれている”梅流し”でも便秘改善につながらなかった方も試されていますね。

便秘改善や腸内環境を整える方法を様々な方法で探してみるのもひとつです!

https://x.com/taisayasero/status/1517095862622732289?s=20

オールブランはプレーンだけでなく、チョコ味も出ているのでおやつ感覚で食べることもできます♪

ただし定められた量を超えすぎないことと、自分自身の栄養状態に応じて使い分けることが必要となります。

オールブランは便秘が悪化する?

オールブランには便秘を改善する効果がある一方で、時にかえって便秘の症状を悪化させてしまうケースがあことが分かりました。 

これはオールブランの食物繊維量の多さが影響していると考えられます。

食べ方や量のバランスを誤ってしまうと、かえって便秘症状が強くなることがあります。

そのほか、以下のような原因も考えられます。

  • 水分不足
  • 運動不足
  • 油分不足
  • 体質に不向き

こうした背景を理解した上で、オールブランの正しい食べ方を心がけることが大切です。

ではそれぞれ見てみましょう。

水分不足が原因

便秘を悪化させる大きな要因の一つが水分不足です。

どんなものを摂っても、便秘改善には、まず水分摂取が不可欠です!

ロート製薬の摩耶堂製薬株式会社は便秘改善には水分不足が考えられる参考記事です。

水分を取る際は、水やノンカフェインのお茶がおすすめです。

コーヒーや紅茶のカフェイン入り飲料水は利尿作用があるため避けることがおすすめです。

日常からこまめに水分をとることがポイントとなります。

運動不足が原因

便秘を悪化させる要因の一つに運動不足もあげられます。

オールブランで便秘対策をしていても、特に便が固く大きくなった場合、運動不足が背景にある可能性があります。

体を動かすことで腸の蠕動運動を活発化し、固い便の移動を促して排出することができます。

オールブランには高い便秘改善効果が期待できますが、過信することなく食事と合わせて適度な運動も欠かさないことが大切です。

体を動かすことによって、より効率的に便秘解消を図ることが期待できます。

YouTubeでもヨガや、自宅にいながら汗をかくようなハード系の運動動画もたくさんアップされているので毎日5-10分でも頑張ってください!

油分不足が原因

油分不足も原因の一つとして知られています。

オールブランの食物繊維量が多すぎて便が硬く大きくなり、腸内を移動しにくくなっている場合、オリーブオイルやごま油などの油分を適度に摂取することで、潤滑作用により便の腸内移動をスムーズにし、便秘が改善される場合があります。

CMなどでおなじみの健栄製薬は、便秘解消のために油の重要性を伝えています。

油分不足の対策として、オリーブオイルやごま油などの油分を適量取ることが有効のようです。

油分が腸内で潤滑剤のような効果を発揮し、便の通過を助けてくれます。

オールブランを食事に取り入れる場合、毎食少量の油を取り入れることをおすすめします。

オールブランが体質にあわない

実際にオールブランが体質に合わずに便秘が悪化した、改善されなかった声もあります。

自分の体感が大事ですね。

オールブランを食べすぎると便秘悪化&おなかにガスがたまる人もいますね。

オールブランは糖質制限にに効果的?

ケロッグのオールブランは食物繊維が豊富な健康食品ですが、糖質制限中の方にはデメリットもあることに注意が必要です。

オールブランは体に悪い

ケロッグ オールブラン ブランフレークは、商品説明にある通りの1食分のオールブランは40g―60g

実は、この量の糖質は、成人1食あたりの推奨糖質量20-40gを超えてしまいます。

食物繊維たっぷりの小麦ブランをざくざく食感の食べやすいフレークにしました。
発酵性食物繊維*(*小麦ブラン由来アラビノキシラン)が、善玉菌を増やし、腸内環境を改善します。
機能性表示食品:E424
機能性関与成分:小麦ブラン由来アラビノキシラン201g/60あたり
1食分(60g)当たりエネルギー・・・215kcal,たんぱく質・・・3.9g,脂質・・・0.8g,コレステロール・・・0mg,炭水化物・・・52.1g,糖質・・・43.8g,食物繊維・・・8.3g,食塩相当量・・・0.6g,鉄・・・5.7mg,ビタミンA・・・261μg,ビタミンB1・・・0.38mg,ビタミンB2・・・0.58mg,ナイアシン・・・7.5mg,ビタミンC・・・46mg,ビタミンD・・・1.4μg,小麦ブラン由来アラビノキシラン・・・2.1g

60gで糖質52.1g!!!

摂取量によって糖質制限の目安を超えるリスクが考えられます。

オールブランを食べる際に、牛乳やジュース、コーヒーとの併用時にはさらに糖質摂取量が跳ね上がるので注意しましょう。

糖質制限中でも食物繊維を摂取したい場合は、糖質の低い商品を選び、飲み合わせにも気をつけましょう。

オールブランの効果的な食べ方

オールブランが便秘に悪化する原因の一つに水分不足がありますね。

オールブランを食べるときは必ず水コップ一杯一緒に飲んでください!

一緒に食べる食品と食べるタイミングも見てみましょう。

ヨーグルトと食べる

一緒に食べると効果的なのがヨーグルトとの組み合わせです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が善玉菌を増やし、同時にオールブランの発酵性食物繊維が善玉菌のエサとなり、腸内環境が改善されます。

さらに、ナッツをトッピングすればマグネシウムの摂取が可能で、果物やサラダと組み合わせれば水溶性食物繊維も補給でき、快便が期待できます。

食べるタイミング

オールブランは機能性食品なので、いつでも摂取可能です。食べやすいタイミングで便通の状況を見ながら続けることが重要です。

ヨーグルトで有名な明治は腸にはゴールデンタイムがあり、起床から15~19時間後が最適とされています。

そのため、夜ご飯にオールブランを取り入れるとより効果的です。

低糖質なので、夜ご飯の主食として摂取するとダイエットにも寄与します。

寝る3時間前までにオールブランを摂ることで、未消化物がお腹に残らず、便秘解消やダイエットの効果が期待できます。

また、オールブランはよく噛む必要があり、朝に摂ると脳の活性化につながります。

低糖質で血糖値の乱高下を抑え、日中のパフォーマンス向上を望む方には昼に摂ることもおすすめです。

オールブランの5つの効果

オールブランは機能性表示食品で、便秘に以下のような効果的な要素があります。

①便のかさが増える

不溶性食物繊維が多く含まれ、胃腸の水分を吸収して便のかさを増やし、快便に導きます。1食分(40g)での食物繊維量は、ごぼう2本分に匹敵します。

厚生労働省が推奨する1日あたりの食物繊維の目標量をオールブラン1食で半分以上摂取できます。

②善玉菌が活性化する

不溶性食物繊維に加え、発酵性食物繊維(アラビノキシラン)も多く含まれており、これが腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌を活性化させます。これにより、悪玉菌の増殖が防がれ、腸内環境が改善されます。

③短鎖脂肪酸を産生

発酵性食物繊維が善玉菌のエサとなり、短鎖脂肪酸を生成します。これにより、腸内が適度な酸性になり、悪玉菌の増殖が抑制され、大腸の蠕動運動が促進されます。

④糖質量を控えられる

1食分(40g)のオールブランブランリッチの糖質量は19.9gで、ご飯1杯(150g)の半分以下です。糖質の少なさがダイエット中に効果を発揮します。

⑤血糖値の上昇を抑えられる

1食分(40g)に含まれる食物繊維が11gで、血糖値の急上昇を抑える効果があります。血糖値の乱高下を防ぎ、肥満や糖尿病のリスクを軽減します。

⑥食べ過ぎを防ぐ

噛みごたえがあるため、よく噛んで食べる習慣が身につき、食べ過ぎを防ぐ効果があります。この習慣が痩せやすい体へと導きます。」

まとめ

オールブランを健康に悪いとする明確な科学的根拠はありません。

体重増加の原因になるのも過剰摂取時のみで、定められた量を守っていれば便秘改善に繋がります。

ただし食物繊維が多い分、おなかにガスがたまりやすくなり、おならが出やすくなる副作用が人によってはあります。

この場合、オールブランを食べる量で抑えられますので自身で量を調整しましょう。

オールブランは食物繊維による便秘改善効果という大きなメリットがあります。

過剰摂取には注意しつつ、上手く活用すればオールブランは健康と、便秘改善に繋がります。

オールブランのほかに、普段の日常から水分補給を取り入れる、他の食事とバランスを取るように心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました