白湯を電子レンジで作ってもいいの?温度と効果は?正しい作り方&飲み方紹介!

ライフスタイル

白湯は、健康飲料としてさらに注目を集めている日本の伝統飲料です。

白湯に対する関心は幅広い世代から注目されています。

最近では白湯のペットボトルも市販されていますね!

そんな白湯について今回は次のことをお伝えします。

  • 白湯は電子レンジでつくれる?
  • 白湯の温度と効果
  • 白湯の正しい作り方
  • 白湯の正しい飲み方

白湯は電子レンジで作っても良い?

どんな水でもいいの?

水道水かミネラルウォーターで白湯を作るのかで違いができてきます。

水道水 電子レンジ✖
ミネラルウォーター 電子レンジ〇

白湯を電子レンジで温められたら楽ですが水によって向いているかそうでないかがあります。

では次でそれぞれの電子レンジで白湯を作るとどうなるのかを説明します。

水道水

電子レンジで水道水を白湯にすると以下に注意が必要です。

  • カルキの匂いが取れない場合がある
  • 電子レンジでは塩素が取り除かれるほど沸騰できない
  • 鍋ややかんで沸騰する必要がある

水道水をそのまま電子レンジで温めると、独特のカルキ臭が気になることがあります。

水道水には消毒のため必ず塩素が含まれており、この塩素が原因となっています。

鍋ややかんで加熱すると10-15分の沸騰により塩素が取り除かれますが、電子レンジでは水を十分に沸騰させることができません。

その為、電子レンジで美味しい白湯を作るには、ミネラルウォーター浄水器を通したカルキ抜きされた水を使用することをおすすめします。

水道水をそのまま使ってしまうとカルキ臭が残ってしまい、美味しと感じにくい白湯になってしまいます。

ミネラルウォーター

水道水と異なり、ミネラルウォーターは塩素が浄化されているため、電子レンジで温めてもにおいは気になりません。

温めたお湯を少し冷まして飲むだけで、手軽に白湯が完成します。

電子レンジなら短時間で簡単に温められるので、朝のルーティンとして取り入れやすいのが魅力的です!

白湯の温度と効果

白湯は火傷しない温度で少し暖かい飲むと、とても健康に良いということがわかりました。

白湯を飲み続けることで、次のような健康効果を実感できるといわれています。

  • 便秘解消
  • 冷え性
  • 基礎代謝や免疫力アップ

白湯の温度と、効果を詳しく見てみましょう。

白湯の温度

白湯に適した温度は50℃~60℃位です。

温度は一般的に50℃~60℃が最適とされています。やけどには、くれぐれも注意してください。また、飲み過ぎると「水中毒」になるリスクもありますのでご注意ください。

NHK健康チャンネル引用

 白湯を飲み続けることで、次のような健康効果を実感できるといわれています。

便秘解消効果

 白湯を飲むことで胃腸が温まり機能が向上するため、便秘の改善にも効果が期待できます。

  1. 胃腸が温まることで、消化管(胃・腸など)活動を高める
  2. 水分を摂取することで便が軟らかくなる

という主に2つの効果が考えられます。

また、便秘の原因には「ストレス」や「緊張」があることから、温かい白湯を飲むことでリラックス効果が得られ、便秘の改善につながる可能性もあるといいます

NHK調べでは便秘に悩まされていた多くの方が改善の傾向が見られました。

「第二の脳」とも呼ばれる腸は、全身の健康に大きく影響します。

腸内環境は常によくしておかなければなりません。

白湯は胃腸を温めて機能を活発化させ、基礎代謝や免疫力の向上を後押ししてくれます。

白湯は飲み続けることで体の内側から健康をサポートし、風邪をひきにくい体質へ改善してくれる効果があります。

ダイエット効果やむくみ、芦屋手先の冷え防止などにもつながる白湯は女性にはぜひ試していただきたい、手軽にできる健康法です。

冷え性

白湯は冷え性改善にも効果的です。

冷え性の主な原因は実は体内の冷えだといわれています。

白湯は体の内側から温める効果があるので、冷え性解消法として広く知られています。

基礎代謝と免疫力がアップ

白湯は基礎代謝を上げるので、脂肪燃焼とダイエット効果が期待できます。

冷え性改善にも効果的と言われています。

代謝アップにより体内の老廃物や毒素を排出しやすくなるので、便秘の解消肌トラブルの改善が期待されます。

日々の蓄積された老廃物などによる腸内環境の乱れが皆さんの肌にも影響します。

白湯により腸内環境の免疫力が高まることで、風邪をひきにくい体質へ改善されます。

風を引きにくい体つくりとしても効果を期待できる健康法として冷たい飲料水から暖かいもの、ぬるま湯などに変えていくのも日々の健康意識ではないでしょうか。

日本経済新聞参照

白湯の正しい作り方

白湯とは基本的に、沸騰させて冷ました水です。

浄水器の水やミネラルウォーターであれば、簡単に電子レンジやケトルで加温するだけで作れます。

水道水とミネラルウォーターそれぞれ作り方をお伝えします。

ミネラルウォーターの白湯

ミネラルウォーターで白湯を作る方法として次の2つがおすすめです。

  • 【電子ケトル】
  • 【電子レンジ】

電子ケトルは安いもので1,000円ほどで購入できるものも増えてきているので、白湯を飲むことを機に購入することもおすすめです。

【電子ケトル】

自動で沸騰したら止まるので、手軽に使用できます。

沸騰した後カップに移して50―60℃くらいにして飲むと飲みやすいです。

【電子レンジ】

500Wの電子レンジの場合は1分30秒から3分程度、

600Wの場合は1分程度加熱してください。

温めすぎると突沸を起こす可能性がある為、調整しながら温めるように注意してください。

また電子レンジに使用するコップや容器は、必ずレンジ対応の容器を使うように気を付けてください。

水道水の白湯

水道水で作る場合は鍋ややかんで沸騰をさせたら、約20分で白湯になります。

24度の気温で1分に下がる温度は1℃といわれていますが、徐々に温度は早く下がります。

奈良教育大学研究参照

冬の時期は5分ほど早く飲めるかも!

白湯の正しい飲み方

白湯を最も効果的に飲むタイミングは次の2点です。

  • 朝起きたての一番最初
  • 夜就寝前

起床時間が遅い方は、目が覚めて一番初めに白湯を飲むことをオススメします。

白湯は、朝起きたての空腹時に飲むのが効果的と言われています。

朝起きたばかりの時に、冷たい飲み物を飲むと体温が下がってしまいます。

その為、内臓の働きが鈍ってしまいます。

それに対し、白湯を飲むことで体内が温まり血行が良くなるので、内臓の機能が活発化します。

ポイントは、一気に飲むのではなくゆっくりと10〜15分程度かけて少しずつ飲むようすることです。

朝食の30分前までにゆっくりと飲めば、胃腸の消化吸収機能が高まり栄養素をしっかりと取り入れられるようになります。

白湯だけで飲むことに抵抗がある方は、様々なアレンジを加えてみてはいかがでしょうか?

しょうがは女性の冷え性に効果的です!

白湯に加えて様々なアレンジ方法があるので、飽きずに毎日の習慣として取り入れることができる健康法だといえます。

まとめ

私の様に腸内環境が気になる方は、【白湯】から気軽に取り入れてみるといいかもしれません。

漢方薬や様々な処方箋、食べ物などお金を払って治療する方法も進んでいます。

しかし、毎日続けることが腸内環境を変える一歩となります。

お金と時間をかけずにできる方法が【白湯】だと思っています。

今飲んでいる飲み物を今日から白湯に変えてみませんか?

1か月間挑戦をするだけで、人間は習慣化されます。

特に、女性は手足のむくみや、冷え性で悩まれている方が多いと思います。

是非、この記事を機に試してみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました