発泡スチロールは電子レンジの加熱で溶けるの?大丈夫な容器や正しいあたため方を調べてみた!吉野家すき屋を安心して食べたい!

ライフスタイル

発泡スチロール容器は、テイクアウトの食品などによく使われていますね。

でも、あっためるときにそのまま電子レンジを使っていいのか不安!

電子レンジを使うと、高温で溶けたり変形したりする容器もあり、一部製品は食品加熱時に有害物質を放出する心配も。

吉野家の牛丼とか発泡スチロールの容器だけど、温め方とか注意が必要なんだね!

食品を電子レンジで温める際はラベルや説明書の指示を確認して、食品と電子レンジの安全性を確認する必要があります!

この記事では次のことをお伝えします。

  • 発泡スチロールは電子レンジの加熱で溶けるか?
  • 電子レンジで大丈夫な容器は?
  • 電子レンジの正しいあたため方
  • 吉野家すき屋を安心して食べる方法

発泡スチロールは電子レンジの加熱で溶ける?

食品を入れている発泡スチロールの容器を電子レンジで加熱すると次のようなトラブルが起きることがあります。

  • 耐熱性が弱く溶ける
  • 熱が加わると縮んだり、穴が開く

ポリスチレンは耐熱温度が約80~90ºCなので、それ以上加熱すると軟化・融解する。

大和化学工業公式HP

ポリエチレンの耐熱温度は約80度~90度ですが、電子レンジの温度は120℃~140℃。

電子レンジの高温に食品の発泡スチロールは耐えられなくて溶けるんだね!

特に気を付けるポイントは、電子レンジで温めたとき、食品の温度も上がるので、接している部分からポリエチレンが溶けやすくなります。

食品が入った発泡スチロール容器はレンジで温めてはいけませんね。SNSでも心配な投稿が目に入りました!

オーブンはさすがに強そうですが、無くなるほど容器は耐熱に弱いんですね!

電子レンジで容器が溶けたようですね。

溶けていますね

発泡スチロールの味は怖いですね!

 

電子レンジが大丈夫な容器は?

電子レンジ対応の容器を家電メーカーの日立の情報をもとに以下にまとめました。

発泡スチロールとは記載がありませんでした。

  • プラスチック容器
  • シリコン容器
  • 陶器・磁器
  • ガラス容器
  • ラップ類

※それぞれ電子レンジ対応、耐熱温度140℃以上と表記がある物に限ります。

日立公式HP

電子レンジに対応していない容器

  • 金属製の容器、金物
  • 木製の容器、紙類

飲食店でテイクアウトを買ってレンジで温める際は、素材と耐熱温度を必ず確認しましょう!

吉野家、すき屋の正しい電子レンジでのあたため方

発泡スチロールの容器を使っている牛丼屋さんは多いですね!

吉野家、松屋、すき屋の公式ホームページでは見つけることができませんでしたが、

すき屋の公式ツイッターでは正し加熱方法は容器を替えるうに伝えています。


電子レンジ対応の容器は以下です。すぐに食べれない場合は容器を替えて電子レンジで温めましょう!

  • プラスチック容器
  • シリコン容器
  • 陶器・磁器
  • ガラス容器
  • ラップ類

吉野家すき屋を安心して食べるには、お店でもらった容器でなくて、電子レンジ耐熱容器を使用しましょう。

発泡スチロールの容器が溶けた食品を食べた?

誤って食品と発泡スチロールを電子レンジで加熱し、溶けたり熱が加わったまま食べるとどうなるのでしょうか?

発泡スチロールメーカーの松原産業株式会社は次のように回答しています。

発泡スチロールは体内で吸収されることなく、そのまま排泄されます。
これは人体に対しても同様です。

また、食品に使われる発泡スチロールの容器は、食品衛生法に基づいた素材のため、体内に入っても影響を与えないようです。

大抵の場合は異物(食べられないと分かると)を吐き出すのですが、完全に飲み込んでしまうと消化・吸収が
できないため、体内に残ることになります。

食品用の発泡スチロール容器は食品衛生法に基づいた素材ですので、基本的に生体に影響を与えるような成分は含まれておりません。
体質によってはプラスチックアレルギーなどの影響が考えられますが、極稀なケースであると思います。

一般的に使われる食品の容器は安心したものちゃんと選んでいるようですね!

まとめ

発泡スチロールは電子レンジの加熱に対応できる温度ではないため溶けるので注意が必要です。

大丈夫な容器や正しいあたため方を参考に、吉野家すき屋を安心して食べたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました