シンクが乾くと白くなるのは掃除してない水垢と酸焼け!解決策と予防方法紹介!

ライフスタイル

水周りって掃除をしていないと、特にシンクの白い汚れって気になりますよね!

ピカピカにしたいけど、掃除方法や手順を間違えると、逆に汚れが悪化することもあった。。

シンクの乾きで白くなるのは水垢と酸焼けが原因です。これらの白い汚れは異なる性質を持っているため、それぞれに適した掃除方法で解決する必要なんです!

この記事ではシンクが乾くと白くなる二つの原因を解決するために次のことをお伝えします!

  • シンクの水垢と酸焼けとは
  • シンクが白くなった時の掃除方法
  • シンクが白くなる前の予防方法

シンクが乾くと白くなる水垢と酸焼けの特徴

毎日洗い物や料理に使うシンクですが、水できれいに毎回流しているのに、乾くと白くなるのは、

水垢と酸焼けと呼ばれる2つの汚れがシンクが乾くと白くなる原因なんです!

特に水垢は、水を使っただけでも乾くと白くなりやすくなります。

酸焼けは、油汚れと洗剤などが反応して白くなります。

汚れ 原因 特徴
水垢 水道水のミネラル成分(ケイ酸、カルシウム、マグネシウム)が乾燥した後に残る 白く、粉状の汚れ。

水道水にはナトリウム・カルシウム・マグネシウム・カリウム・ケイ素などが多く含まれており、浄水処理の過程で塩素が加えられています

TOTO公式HP

酸焼け 油汚れにクエン酸が反応して発生 白く、粉状または粘り気のある汚れ。

ステンレスそのものが変色しています。

この状態を業界では【酸焼け】と呼んでいます。ステンレスが酸性の液体と化学変化を起こして黒くなる現象のことです。

 

特に水垢は、水を使っただけでも乾くと白くなりやすくなります。

それは水道水にケイ酸やカルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分が含まれているため、時間が経つと水分だけが蒸発して乾きますが、ミネラル分だけが残り、それが白い水垢なんです。

何もせずに水で流すだけだと、水垢になっちゃうんだね!

酸焼けは、油汚れと洗剤などが反応して白くなります。

お掃除のプロハウスクリーニングのワールドクリーナーさんは、酸焼けは、

シンクの油汚れと洗剤などのクエン酸が化学反応を起こしてがあります。

見た目は似ていますが、水垢と酸焼けは汚れの性質が違います。

それぞれの解決方法を詳しく見ていきましょう!

水垢の掃除方法

水垢は、水道水に含まれる成分だけが乾いて残ったものによると先ほどお伝えしましたね。

それを解決してくれる掃除方法はクエン酸を使うことです!

実際に水垢にはクエン酸で掃除されていますね!スプレーしてふき取るとピカピカ!

結構簡単に落ちるのが良いね

シンクにはキッチンペーパーにクエン酸を染み込ませて、汚れに置いて放置するだけ

レモンにもクエン酸が含まれているんですね!シンクをこすってふき取るときれいになるようです!

水垢の掃除方法をまとめると次の順序です。

  1. クエン酸(小さじ1)と水(200ml)を混ぜ合わせてクエン酸水を作ります。
  2. 水垢にキッチンペーパーを敷き、上からクエン酸水をかけて、30分から1時間ほど放置します。
  3. キッチンペーパーを取り除いた後、タオルなどを使用して優しくこすり、汚れを取り除きます。
  4. 残った汚れがあれば、メラミンスポンジを使って優しくこすって落とします。

クエン酸、キッチンペーパー、スプレーがあると便利!

酸焼けの掃除方法

酸焼けは水垢と見た目が似ていますが、油汚れに化学反応が起きてしまった少し厄介な汚れです。

次のアイテムが有効です。

  • セスキ炭酸ソーダ
  • 重曹
  • 固めスポンジ

セスキソーダまたは重曹を酸焼けに付着させ、擦りふき取るときれいになるようです!

セスキソーダを水で溶いたものに付け置きするだけできれいになるんですね!

重曹を撒いてこすり取るだけでもシンクがきれいになるんですね!

酸焼けの掃除方法をまとめます。

  1. 水(250ml)にセスキ炭酸ソーダ(小さじ1/2)を入れてよく混ぜます。
  2. 酸焼けの場所にスプレーし、15分ほど放置します。
  3. 普通のスポンジを使って汚れをこすります。
  4. 汚れが落ちない場合、固いスポンジで優しくこすります。
  5. 最後にタオルなどを使って汚れを拭き取り、きれいになるまで繰り返します。

普通のスポンジでも落ちない時は、メラニンスポンジや、人工ダイヤモンド入りのスポンジもおすすめ!

シンクが白くなるのを予防する方法

水垢や酸焼けの掃除方法をお伝えしましたが、予防する4つの方法もご紹介します。

  • こまめに水滴を拭きとる
  • 物を置かないようにする
  • クエン酸を使って定期的に洗浄する
  • 食器洗剤でシンクを洗わない

1つずつ説明していきます。

こまめに水滴を拭きとる

シンクが白くなる原因の一つは水道水のミネラルやカルシウムが乾いて出てくる水垢だとご説明しましたね。

それを防ぐため方法は、シンクについた水滴をこまめに拭き取ることです。

毎回掃除をするのは大変そうだな..

実際には簡単です。

乾いたタオルを使って水滴を拭き取るだけです!

更に、水垢だけでなくカビも予防できます。汚れが溜まらないため、掃除の頻度も減少します。

シンクの近くにタオルを用意して、シンクを使い終わったら水滴を拭き取ってみてください。

シャワーヘッドの公式Xでも投稿がありました!

ちょっとしたことで効果があるようですね

水気がないと同時にカビの予防にもなるようですね!

物を置かないようにする

2つ目の予防法は、シンク内に余計な物を置かないことです。

水気を常にふき取るのと同じで、汚れや水気が溜まりやすくなるからです。

三角コーナーやスポンジの場所に白い汚れが付きやすいのはこれが原因だね。。

シンクで使ったものは乾燥することを心かけましょう。

クエン酸で定期的に掃除する

3つ目の予防法は、クエン酸を定期的にシンクに吹きかけて掃除することです。

クエン酸を使った水垢の掃除方法を紹介しましたが、頑固な水垢の発生を予防することもできます。

クエン酸を水に溶かして、霧吹きに入れていつでもスプレーしておけば、大掛かりな掃除は必要なくなるでしょう!

汚れがたまるとしつこくてなかなか落ちないし、きれいにするのが大変!これなら簡単だね!

食器洗剤でシンクを洗わない

シンクで欠かせないお仕事の一つに食器洗いがありますね!

市販の洗剤は水垢を効果的に落とすことができますが、実は酸性の洗剤を使う際には注意が必要です。

お皿洗いしたついでにそのままシンク洗ってるんだけど、、、ダメだった?

酸性の洗剤は、金属シンクの表面を腐食させて白く変色させる可能性があるためです。

最初には中性またはアルカリ性の洗剤を試し、クエン酸やお酢を使用することをお勧めします。

シンク用の洗剤はシンクに安全に使用できるように設計されており、一般的には問題ありません。

食器用洗剤ではきれいにならないという声もありますね。

水垢が気になるようですね。

クエン酸ですが、シンクがきれいになるほどの効果はないようですね。

まとめ

シンクは水垢、酸焼けが原因で乾くと白くなり、放っておくと掃除をしてもなかなか落ち無くなってしまいますね。

それぞれの掃除方法が違うので、性質をよく理解したうえで正しく掃除をした後は、定期的な予防方法で、いつでも清潔にピカピカなシンクを保ちたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました