いちご狩りの農薬は洗わないと心配?安全な食べ方と落とし方を調べてみた!そのまま食べても大丈夫?

ライフスタイル

いちご狩りではいちごを思いっきり食べたいですよね!

でもいちごって農薬を使わないでの栽培が難しいんだよね。残留農薬が心配。。。

安心安全にいちごを楽しむために、この記事では次のことを調べましたので、農薬が心配な方はご参考に!

  • いちご狩りの農薬は洗わないと心配なのか
  • 安全な食べ方はあるのか
  • 落とし方はあるのか
  • そのまま食べても大丈夫なのか

いちご狩りの農薬は洗わないと心配?

一般的にいちごは他の農産物と比べて、非常に多くの農薬が使用されていると言われていますね。

いちごに関する農薬の使用と安全性に関する情報を表にまとめました。

農薬使用に関する情報 数値または評価
いちごに使用される農薬の種類 約60種類
平均的な農薬使用頻度 20~40回
農薬の安全性基準 (1日当たり) 健康への悪影響がない摂取量
農薬の安全性基準 (24時間内) 健康への悪影響がない摂取量
子供への農薬摂取について 子供の健康にも問題なし

この表を見ると、いちごには多くの農薬が使用されていることがわかりますが、農薬の使用は健康への悪影響を考慮して確認されており、子供にとっても安全であるとされています。

子供への影響も問題ないなら心配いらないね!

とはいえ、これは日本の基準です。

現在世界各国で農薬と発達障害やアトピーとの関連性について研究が進行中で、以下のような懸念が必要とされています。

  • 農薬は赤ちゃんや幼児の脳に影響を及ぼす可能性が高いとされてる
  • 農薬の基準が日本と違う
  • 国外の研究では農薬は子供の脳に影響すると言われている

なるほど、心配であれば収穫後持ち帰って洗って食べたほうが良いかもね

いちご狩りのいちごを安全に食べる方法

いちご狩りのいちごを安全に食べる方法を3つご紹介します。

栽培されているいちごをそのまま食べるなら少しでも安心感がるといいですね。

  • 無農薬・減農薬のいちご狩りを探す
  • いちごを洗ってから食べる

無農薬・減農薬いちご狩りを探す

お住まいの近くで無農薬または減農薬のいちご狩り場所を調査しましょう。

これらの場所では一般的ないちご狩りよりも安全にいちごを楽しむことができます。

また事前に農園のホームページをチェックし、管理方法について正確な情報が提供されている農園を選びましょう

情報公開が行われている農園であれば、いちご狩りに安心して参加できます。

その場でいちごを洗う

いちごを食べる前に、ペットボトルで水を持参して洗うという方法も考えられます。

ただし、洗って食べる場合は農園のスタッフに確認してから行うことがおすすめです。

こちらの投稿では農園内で洗って、栽培されているところと別のところで食べているようですね。

いちごの農薬を落とす方法

いちごの農薬を落とす方法は水で農薬を洗い落すことです!

そりゃそうだ!では洗う際のポイントは??

ポイント 説明
食べる直前に洗う いちごは濡れたままだと傷みやすいので、食べる直前に洗うことがおすすめです。
ヘタをつけたまま洗う ヘタを取ると、いちごが水分を吸収して水っぽくなる可能性があるため、ヘタをつけたまま洗うことがベターです。
洗いすぎに注意 いちごを過度に洗うと、表面に傷がついて味や香りが損なわれることがあります。

では次に、水だけでは物足りないという方にいろいろな洗い方をまとめましたのでご覧ください。

基本的な洗い方

水だけで洗う基本的な方法です。

  1. 大きめのボールに水をはり、イチゴをヘタつきのまま優しく水に入れます。
  2. 蛇口からボールへ水を流しながら、イチゴを優しく洗います。
  3. 水を止めると、ゴミやほこりがボールの下に沈むので、手でイチゴだけを取り出し、ザルやお皿に置きます。

このとき、いちごを水に浸けている時間は1分以内を目安にしてください。

基本的な洗い方で十分だと感じない場合は、以下の方法を試してみてください。

重曹を使って洗う

重曹は弱アルカリ性で、酸性の農薬を中和してくれるのでいちご洗いに役立ちます。

洗い方は以下の通りです。

  1. ボウルに水を入れ、小さじ1の重曹を溶かして重曹水を作ります。
  2. イチゴを重曹水に30秒ほど浸します。
  3. イチゴだけを手で取り出し、重曹水を捨てます。
  4. 基本の洗い方でイチゴを洗います。

ただし、イチゴを水に浸し過ぎるとビタミンCが流出し、ゴシゴシ洗うとイチゴに傷が入り、味が損なわれたり水っぽくなったりする可能性があるので、注意が必要です。

直接重曹を振りかけてる人もいますね。

食材洗剤を使って洗う

食材を洗うための特別な洗剤をご存知ですか?

種類もたくさんありますね。

食材洗浄用の洗剤を使うことで、通常の水で洗うよりも農薬をより効果的に除去できます。

いちごは保存には向いていませんが、ミニトマトなどの野菜は、食材洗浄用の洗剤を使用して洗浄し、それから保存すると長持ちします。

いちごを洗う際には、スプレータイプの洗剤がおすすめです。

食器洗剤使ってる人もいるね

塩を使って洗う

いちごを塩水につけて洗う方法もあります。ただし、水洗い同様優しく洗わないと傷がついてしまう恐れがあります。

塩水で洗っていますね。

味に影響することもあるようですね!


農薬がかえって入り込むこともあるんですね

いちごをそのまま食べても大丈夫?

結論、そのまま食べても大丈夫です。が、いろんな意見もあるのも事実です。

こちらは農薬が気になるようですね。

いちご狩りのいちごは、洗わなくて大丈夫と思われる意見とそうでない意見がありますね。

収穫期には農薬が残らないように注意が払われていますが、日本の農薬基準は他国に比べて緩いため、心配する人もいます。

洗わずに食べるのが不安な場合、お店で購入したいちごをしっかり洗って家で食べることをおすすめします。

まとめ

いちご狩りの農薬についてそのまま食べても大丈夫なのか、洗ったほうが良いのかまとめました。

農薬のことは忘れていちご狩りを楽しむか、心配があるなら家で食べるなど、工夫していちごを楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました