ムカデを殺してはいけない理由は?スピリチュアル?仲間を呼ぶから集まる?縁起がいい益虫なの?

スピリチュアル

ムカデを殺してはいけないと聞いたことありませんか?

足が多くて見た目が苦手な虫なんだよね!噛むこともあるし。。。

しかし、そのムカデの背後には実は意味がありるんです。

この記事では次の様に家の中でムカデの出現に驚いたときでも殺してはいけない理由をお伝えします!

  • ムカデを殺してはいけない理由
  • スピリチュアル的な理由
  • 仲間を呼ぶから集まるのか?
  • 縁起がいい益虫なのか?
  • ムカデの退治方法

ムカデを殺してはいけない2つの理由

ムカデが出るとびっくりしますよね!実はこんな2つの理由がありますが本当でしょうか。

  • ムカデは殺すと増える
  • ゴキブリを駆除してくれる

ムカデを殺すと増える?

ムカデについてこの話はよく聞くかもしれませんね。

広まっている話の中には、叩き潰された際に仲間を呼ぶという説がありますが、実はこれは誤解です。ムカデは実際にはこのような能力を持っていません。

お掃除のプロDUSKINはムカデの生態についてこんな風に言ってるね!

ムカデが好む場所は、ゴキブリやクモなどのエサになる昆虫がいて湿度が高く、暗くて狭い場所。そのため、畑、沼、森林でよく発生します。日中は土の中、落ち葉の下、朽ちた木の中、石垣の隙間などに生息していますが、夜行性なので、日が暮れるとエサを求めて人家に侵入したりします。
ダスキン公式

そうなんです。ムカデは多くの卵を産み、子供が成熟するまで母親が一緒に行動する習性を持っています。

そのため、一匹が出現すると周囲にも複数のムカデが存在する可能性が高いです。

また、親子でなくても湿った暗い場所を好むため、同じ場所に複数のムカデが集まることもあります。

複数のムカデが一緒に見つかることは、仲間を呼ぶ行動ではなく、彼らの自然な生態から起こることと言えます

ゴキブリを駆除してくれる?

ムカデは、実際にゴキブリを食べるため、古くから『益虫』として評価されてきました。

この話は本当で、ムカデは肉食性であり、特にゴキブリが好物です

ゴキブリも害虫の一種であり、駆除が必要な存在ですが、昔は殺虫剤などがなく、ゴキブリの数を減らしてくれるムカデが重宝されました。

ムカデは人間にとって有害な昆虫を駆除してくれるため、『益虫』としての評価が高まり、そのために殺すべきではないとされています。

ムカデを殺してはいけないスピリチュアルな理由

ムカデを殺すべきでない理由として、スピリチュアルな観点もあるようです。

ムカデは神聖な存在や縁起の良い生物とされており、彼らを傷つけることは不運を招く可能性があるという信念が広がっています。

ムカデって実は縁起の良い虫なんだね!

具体的な理由は以下の通りです。

  • ムカデは毘沙門天様の化身
  • ムカデは商売繁盛の象徴
  • ムカデは子孫繁栄と言われる
  • ムカデはご先祖様のおつかい

一つづつ見てみましょう。

毘沙門天様の化身

ムカデが毘沙門天(びしゃもんでん)様の使者であるという考えです。毘沙門天は古代ヒンドゥー教で金運と幸福を象徴する神であり、日本では七福神の一員として知られています。七福神という名前だけでも、ご利益を感じさせますね。

ムカデはこのような偉大な神の使者とされるため、彼らを傷つけてはならないとされています。

ムカデが毘沙門天様の化身とされる背後には、いくつかの説があります。その中で一つは、毘沙門天様が勝負運を司る神様であることから、決して引かない、逃げないムカデを使者として選んだという説です。

商売繁盛の象徴

ムカデは足の多さから「客足が増える」と関連付けられ、商売繁盛の象徴とされていました。

そのため、ムカデを見かけた場合、商売繁盛や金運の兆しと考える人もいたようです。

この貴重な縁起を持つムカデを殺してしまうことは、金運を逃すことにつながると信じられてるようですね。

子孫繁栄の象徴

ムカデは足の多さから「客足が増える」と関連付けられ、商売繁盛の象徴とされていました。

そのため、ムカデを見かけた場合、商売繁盛や金運の兆しと考える人もいました。

この貴重な縁起を持つムカデを殺してしまうことは、金運を逃すことにつながると信じられているようです。

ムカデはご先祖様のおつかい

ムカデはご先祖様の使者とされ、そのために殺すべきではないという信念を持つ人もいます。

人は亡くなると虫に生まれ変わるという説が広まっており、そのためにムカデが家に現れると「ご先祖様の訪問」と受け取ることがあります。

このようなご先祖様の象徴であるムカデを傷つけることは避けるべきだと考えられています。

ムカデを殺すと仲間を呼ぶから集まる?

この説はウソです。

ただの迷信だね!害虫駆除用品のフマキラーもこんな風に言ってるね!

北海道ではムカデの生息は少ないですが日本全国に分布しています。
日中は石やレンガ、落ち葉の下などでジッとしています。基本的に暗く、湿気の多い場所を好みます。夜になるとエサを求めて人家に侵入することもあります。
フマキラー公式記事ムカデが発生する原因とは?ムカデの退治方法と予防対策

ムカデを殺しても仲間を呼び集めない根拠

  • ムカデは実際には仲間を呼び寄せる能力を持っていない
  • ムカデは卵を多く産み、子供は母親と一緒に行動する習性を持つため、複数匹が近くに存在することが多くそのように思われる。
  • 湿った暗い場所を好むため、同じ場所に複数のムカデが集まることがあるが、これは自然な生態に起因するものであり、仲間を呼び寄せる意図ではない。

ムカデは縁起がいい益虫なの?

以上で述べたようにムカデは縁起が良く、ゴキブリなど別の害虫を追い払う益虫です。

見た目は気持ち悪くても身近にいた方が良い益虫なんでしょうね。世間でもそのような声が多くありました。

益虫扱いされていることに違和感があるようですね!

気持ちが変わった人もいますね

縁起が良いことからムカデのモチーフのアイテムや、実際に売られていたこともあるようですね。

縁起が良いのは昔からの言い伝えですね

ムカデの駆除方法6選

とはいってもムカデが家に出るのは嫌!噛むし毒性があるので、できれば撃退したい!という方のため6つの駆除方法をお伝えします。

ムカデの弱点は温度!10度以下で動きが止まるよ!毒も熱に弱く50度くらいをかけ続けると動きが止まりますアース公式ムカデ生態

殺し方 やり方 メリット・デメリット
殺虫剤をかける 専用の殺虫剤を直接かける。 速攻性あり効果的!
頭をたたいてつぶす 発見したら即たたいてつぶす ムカデの液が出たり部屋が汚れるのでしないほうが良い。
熱湯をかける 50度以上の熱湯をかけ続ける ムカデは熱湯に弱いが、即死なないので動きが止まるまでかける必要がある。
洗剤をかける スプレータイプの洗剤をかける 回りに何もない時とっさの退治に有効だが、床だと洗剤で汚れるのでなるべく使わない用が良い。
ドライヤーを当てる 直接当てる 即効性があり動きが止まるが、ドライヤーが使える範囲限定!
粘着テープで付けて捨てる 粘着ローラで射止めて貼り付け捨てる 生きたまま外に出すこともできるが、追いかける必要がある

殺虫剤は当たり前だね!それぞれ実際にやっている人がいるのかと詳しく見てみよう!

殺虫剤で殺した経験談

専用の殺虫剤を直接かけて殺します。ムカデが出る場合は他の害虫もいる可能性が高いので、用意しておくといいです。

殺虫剤を用意して害虫駆除していますね!

ムカデは低温にも弱いのでこれは効果的ですね!

頭をたたいてつぶした経験談

新聞紙を丸めてムカデが出たらとっさにヒットしたくなるものですが、実際は後処理が大変そうですがそのようにやっている人も結構多いですね!

その後が気になりますね!

ムカデは青い血なんですね。壁を叩いたら大変そうでしたね。。。

熱湯かけて駆除した経験談

ムカデは50℃以上の熱湯に弱い性質があります。その知識がある人はムカデが出たら無添加の物で安全に駆除されるようです。しかしそれは熱湯がすぐに用意できる環境にいる場合ですので、その際は活用してみてください。

シンクやお風呂の中ならすぐに使えて効果的ですね。

熱湯かけて撃退していますね

洗剤をかけて駆除した経験談

化学成分が虫に効くと言われていますが、洗剤もその一つでムカデを退治するのに使われているようです。

しかしこちらもシンクの近くや、お風呂場で遭遇した場合のみすぐに使える方法ですので外でやると洗剤の洗浄が面倒かもしれませんね。

やはり外で撒くと後で大変ですね!

洗剤をためたものの中を泳いでいたのでしょうか?効果がない時もあるようですね。

水と洗剤でダブル攻撃ですね!

ドライヤーを当てて駆除した経験談

ムカデは熱に弱いので100℃以上の熱風で退治できるようです。すぐに熱風が出てくるヘアードライヤーなら即効性もあり確実にムカデを駆除できるでしょう!

あてた瞬間動きが止まればすぐに効果が表れますね!

ゴキブリにも効くようですが、途中で動かれると厄介ですね!

粘着テープで貼り付ける経験談

殺さずに外に逃がせる方法ですが、粘着が強いテープだとムカデを剥がす作業が嫌ですよね。結局そのまま捨てることになるでしょう!

ガムテープは意外と簡単に仕留められるようですね!

ゴミと一緒にまとめて捨てるようですね、出てこないように工夫が必要ですね!

即死はしないようですね!生きたまま追い払いたい場合は有効ですね

見失った時の対処方法

撃退方法はわかっても、相手は素早く動くこともある虫なので、時には捕まえられなかったり、そのまま見逃してしまうこともありますね。その際の見つける方法は以下です。

  • ひたすら待つ
  • 水回りの水っ気増す
  • 殺虫剤を良そうなところに吹きかける

ムカデは餌よりも水を好むので、水を湿らせた布やティッシュを袋に入れて開けておけばムカデがその中に入って外に逃がすこともできるかもしれません。

ムカデの害と足の数

ムカデには毒性があり、小さなムカデの赤ちゃんでも危険です。とても足が速く素早く逃げてしまうこともあるので、早めの処理をしたほうが良いでしょう。

しかも足が沢山あるので、すぐに刺されそうです。

ムカデは攻撃性が強く接触した瞬間に牙で咬みつき、咬まれると毒が出て咬まれた箇所が炎症を起こします。成虫に比べれば少ないですが、ムカデの赤ちゃんや子供も毒を持っているので注意しましょう。

アース公式

やっぱり益虫でも家の中に出ると駆除したいね。

漢字で百足と書くムカデは15、30、170対と種類によって様々のようです!

ムカデは、よく間違えられるヤスデとは異なり、1つの体節には1対の脚しかないのが特徴。多くの体節を持ち、漢字で「百足」と書くように脚の数が多く、15、30、170対など種類により様々です。

アース公式

結局100本あるわけではないこともあるんだね!

ムカデが出る家の特徴と侵入防止策

ムカデの体長は7㎝~13㎝で、幅も1㎝~2㎝と言われています。

ムカデは捕食性の虫で、エサとなるのは生きている小さな昆虫、クモやミミズなど。死んでいるものには反応しません。
ムカデは普段じっとしていますが、動くときはとてもすばやいです。暖かいところを好み、温度が18℃以上になると特に活発になります。一方で、冷たいところでは活動が鈍化し、10℃以下になると動きを停止します。

アース公式

人でも快適と思われる気温と湿気があるところを好み、生きている小さな虫を食べます。

そんなムカデが出やすい家の特徴と家に侵入しないようにするために以下の方法があります。

【ムカデが出る家の特徴】

  • ムカデのエサになる生ゴミなどが溜まってる
  • 暗くて狭くて湿気がある
  • ドアや窓を開けていることが多い
  • 庭に落ち葉や枯れ木が落ちている
  • ゴキブリが良く出る

こんなおうちの特徴が当てはまるそこのあなた!すぐに解決してください!

生ごみなどは他の害虫も呼び寄せます、その虫をムカデは食べるので、ゴミが溜まっているところは要注意です!

更に外は見落としがちですが、枯れ葉が落ちて掃除していないと虫を呼び寄せ、家に侵入します。

以上を考慮して寄せ付けないために以下で説明します!

【ムカデ侵入防止策】

  • こまめな家の周囲の清掃
  • 殺虫剤を家の外に撒く、家の中に置く
  • ゴミの処理を必ずする
  • 配管の点検

家の周囲の清掃はムカデは湿気と狭いスペースを好むため、家の周囲や庭の定期的な清掃が有効です。特に床下の通気口周辺の清掃を忘れずに行いましょう。

殺虫剤は環境に適したものを取り入れ、ムカデが嫌がる家の環境にしましょう。

生ごみなど、他の虫も呼び寄せてしまうのでそのままにせず、ビニール袋などで封をしてください。

エアコンや窓の隙間などもムカデが侵入しやすいです。ふさいだり、配管に穴が開いていないかなど確認をしておくといいです。

まとめ

ムカデを殺してはいけない理由をスピリチュアルの観点から、迷信として仲間を呼ぶから集まるのか縁起がいい益虫なのかをお伝えしました。

ただ見た目が恐いだけではなく、いろんな理由があるムカデですので上手に付き合っていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました