ひまわりを庭に植えてはいけない本当の理由とは?迷信?本当はいいのか由来など調べてみた!

DIY・ハンドクラフト・ガーデニング

ひまわりを庭に植えてはいけないという話は、ガーデニングを楽しみたいと思う人は一度は聞いたことがるかもしれません。

夏っぽくて好きだから庭に植えたいけど迷信とか由来も気になるよね

ひまわりを身近で気軽に楽しむためにこの記事では次のことをお伝えします。

  • ひまわりを庭に植えてはいけない理由
  • ひまわりの迷信
  • ひまわりを植えてもいい由来

ひまわりを楽しむための参考にしてくださいね!

ひまわりを庭に植えてはいけない本当の理由

ずばり、、、大きいひまわりは後片付けが大変!

秋になると枯れてしまう一年草で、大きく成長するため枯れた後の撤去作業は予想以上に大変。

特に5㎝ほどになる茎が太くて硬いため、取り除くのにはかなりの労力が必要です。

また、ひまわりの茎は刺があるので、取り扱いには注意が必要です。

美しい花を育てる喜びとは裏腹に、その手間を考えると植える前によく考慮する必要があります。

植えるならあまり背丈の大きくならない品種がいいね

続いて迷信としてひまわりを植えてはいけない理由をお伝えします。

ひまわりを庭に植えてはいけない迷信

ひまわりを庭に植えてはいけないといわれる理由は、迷信からなるものもあります。

  • 火回り(火事)を連想させる
  • 打首を連想させる
  • 花言葉が不吉

それぞれ詳しく見てみましょう

火回り(火事)を連想させる

ひまわりを庭に植えることに関する迷信の一つに、「火回り」(火事)を連想させるというものがあります。

この言い伝えは、「ひまわり」と「火回り」の言葉遊びから生まれたとされ、秋田県や徳島県三好郡、奈良県の一部で伝わっていると言われています。

ただし、この迷信は地域に限られたものであり、他の地域では言い伝えられていない可能性が高いです。

咲き終わりが打首を連想させる

ひまわりを庭に植えることに関する迷信の二つ目の理由は、その姿が打首刑を連想させるためです。

咲き終えたひまわりは、種がいっぱい付いて重くなり、まるで頭を下げているように見えます。

この姿が昔の処刑方法である打首刑を思い起こさせるため、庭に植えることを避けるべきだと言われています。

時代的な迷信を感じるね

花言葉が不吉

ひまわりを植えることに対する迷信の三つ目の理由は、その花言葉が不吉であるというものがあります。

ひまわりの花言葉は様々ありますが、中には「偽りの愛」「偽りの金持ち」など、少し不吉な意味を持つものも含まれています。

しかし、ひまわりの花言葉には良い意味を持つものも多く、そのため、これらの迷信にはあまり重きを置かなくても良いでしょう。

ひまわりを植えても良い風水的な理由

「ひまわりを庭に植えてはいけない」というのは、どれも迷信にちなんだ意味合いなので植えても大丈夫そうですね。

むしりひまわりは風水や花言葉はとても良い意味でとらえられています!以下でまとめたよ!

風水的に陽のエネルギー

ひまわりが風水的に良い意味を持つ理由は、太陽のエネルギーを象徴していると言われるからです。

ひまわりの花は太陽に向かって咲き、その花の形状も太陽を思わせるものです。

太陽は世界中で神聖視され、多くの国々で神の象徴とされています。そのため、ひまわりは縁起の良い花とされているのです。

縁起の良い色

ひまわりが風水的に良い意味を持つ理由の2つ目は、その花が縁起の良い色を持っているからです。風水では、黄色は運気を上げてくれる縁起の良い色とされています。

金運はもちろん、恋愛運や健康運をも向上させると言われています。

ひまわりの鮮やかな黄色は見ているだけでも元気をもたらす色であり、これもなぜひまわりが好まれる理由の一つですね!

花言葉が良い

ひまわりが風水的に良い意味を持つ理由の3つ目は、花言葉が良いことからです。

ひまわりの花言葉には以下のようなものがあります。

  • 憧れ
  • 私はあなただけを見つめる

これらの花言葉は、ひまわりが太陽に向かって咲き誇り高く成長する姿勢を表現しており、太陽にちなんだものが多いです。

ただし、ひまわりの花言葉には良いものも怖いものも存在するため、気にしすぎずに楽しむことが大切です。

まとめ

ひまわりを庭に植えてはいけない本当の理由と植えてもいい理由をお伝えしました。

迷信や由来など昔からの言い伝えも大事ですが、花は見ていて、季節を感じられて楽しめるものですから、身近にあると気持ちが晴れやかになりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました