雨の降水量1ミリってどのくらい?体感や傘は必要?ディズニーやスポーツは中止になる?

ライフスタイル

天気予報を見て、雨だと残念な気持ちになりませんか?

特にディズニーとか野外のスポーツを予定しているときはがっかり。。。

でも中止にするのはちょっと早いです!

雨が降る予報でも、降る量をチェックすればまだ計画を立てられるかもしれません。

この記事ではそんな天気予報が雨でも外のレジャーを楽しめるのか、傘など雨具が必要なのかを綴ります!

この記事でわかること

  • 雨の降水量1mmがどのくらいなのか
  • どのくらいの体感なんか
  • ディズニーやスポーツは楽しめるのか

雨の1ミリはどのくらいか

降水量1ミリとは1時間当たりに降った雨の量mm/hです。

それってどのくらいなの?

次で詳しく説明します!

具体的な例

1時間に1ミリの雨が降ると、1平方メートルの範囲で1リットルの水が降ることになります。

だいたい大人が傘をさした時の面積と同じくらいで、いわゆる「シトシト」降る雨のことです。

弱い雨とは天気予報で3ミリ未満の雨を指します!

このことを踏まえて表でまとめてみました。

降水量 雨の強さ 説明
1mm未満 小雨 地面が湿る程度
1mm 弱い雨 シトシト降る雨
2mm 弱い雨 体感でしっかり雨を感じる。傘が必要
3mm~10mm 本降り。道路に水たまりができる
10mm~20mm やや強い雨 ザーザーと降る雨。傘をさしても足元が濡れる
20mm~30mm 強い雨 土砂降り。傘をさしても濡れる
30mm~50mm 激しい雨 バケツをひっくり返したような雨。道路が川のようになる
50mm~80mm 非常に激しい雨 滝のような雨。傘が役に立たない
80mm以上 猛烈な雨 圧迫感で外に出られないほどの雨

雨具がどの程度必要か降水量でだいたいわかりますね。

降水量とは

画像:気象庁HP引用

実際は気象庁では降水量が1mm未満の場合は切り捨てられるため、降水量1ミリは実際には1.0ミリから1.9ミリの雨量を指します

この測定は転倒ます型雨量計を使用して行われます。この装置は、口径20cmの受水器で雨を受け、そこで集めた雨の量を計測します。

降水量1ミリって、多くて2ミリ近くのこともあるんだね!体感が変わりそう!

わかりやすく表にしてみました。

項目 説明
定義 一定の場所で雨が流れずに溜まった場合の水の深さ
一般的な表現 一時間あたりの降水量 (mm/h)
1mmの意味 一時間に容器に溜まる雨の量が1mmの高さ
気象庁の計測 1mm未満は切り捨て、1.0mm~1.9mmを1mmと計測
測定装置 転倒ます型雨量計、口径20cmの受水器を使用
測定単位 0.5mm単位
測定場所 全国約1,300か所のアメダスで測定。気温や風速も同時に測定

雨の1ミリの体感とは

1時間あたりに降った量が降水量とわかりましたが、体感はどの程度なのでしょうか?

1時間に1ミリの雨が降ると、1平方メートルの範囲で1リットルの水が降ることになります。

だいたい大人が傘をさした時の面積と同じくらいだとして、この量は霧雨くらい。

小さな子供にはレインコートが必要な程度です。

降水量が3~5ミリになると、子供たちは長靴が必要になるくらいの雨で、道に水たまりができ始めます。

降水量1ミリはそのまま外出れそうだね。2、3ミリだと私は傘さすかな。

雨の1ミリ傘は必要か

結論は予報で降水量1ミリが出ている時は傘が必要

朝は晴れていても、降水量が1ミリの予報があれば折り畳み傘を持つべきです。

1ミリの雨は軽い霧雨で、少しの間なら傘なしでも大丈夫ですが、外に長くいると濡れます。

しかも、先ほど降水量の説明で述べたように1ミリの予報は実際には1~1.9ミリの雨を意味し、これはほぼ2ミリに近いです。

2ミリの雨ではほとんどの人が傘を使います。ですから、1ミリの予報が出ている時は傘を持って出かけることをおすすめします。

しとしと降っていても地面はもちろん濡れていますね

1ミリは微妙な感じもしますね

雨の1ミリによるディズニーやスポーツの中止と影響 

降水量1ミリだと傘を差さない人もいるみたいだけど、外出はどうかな?

せっかくお出掛けの予定を立てた日に雨予報が出てしまうと、中止か別の日を考えますよね。

降水量1ミリも実際の体感は傘が必要な場合もありそうです。

次の場面での影響をまとめました。

  • ディズニーリゾート
  • 運動会
  • ゴルフ
  • キャンプ
  • 野球
  • 登山
  • 自転車
  • 花火大会

外の時間が多いディズニーランドに行きたいとき、野外のスポーツの時は中止にすべきか説明していきましょう。

ディズニーリゾート

アトラクションやパレードなど、影響しないかな??

ディズニーランドは降水量1ミリでも楽しめます。

外のアトラクションは休止することがありますが、屋内アトラクションやレストランは利用でき、普段より待ち時間が短くなることも。

雨の日限定パレード「ナイトフォール・グロウ」が見られる可能性もあります。

デジタル・フォトエキスプレスでは雨の日限定フォトフレームがあり、雨の日限定景品もあるようです。

しかし、雨で長時間並ぶことや、風邪をひくリスクもありますので、雨具や防寒対策が必要です。

運動会

例えば、運動会の開催はどうでしょうか。

降水量1ミリだけでなくグラウンドの状態も重要ですが、運動会の最中に降水量1ミリの雨が降った場合、続行することが多いです。

途中で降りだした場合は大丈夫みたいだね

前日から雨が降り続けていると、グラウンドが泥濘み運動会を開催するのが難しいかもしれません。しかし、

グラウンドの悪化や強風など安全面を考慮し、中止することもあります。天気予報や予備日の有無なども総合的に考慮されます。

ゴルフ

ゴルフは1ミリの雨でも可能です!

この程度の雨なら、傘やレインウェアなしで楽しめます。

ボールの回転に少し影響はありますが、プレーに大きな影響はないでしょう。

しかし、2~3ミリの雨になると、傘が必要になります。特に2ミリ以上の雨では、快適なプレーのために傘を準備することをお勧めします。

キャンプ

降水量1ミリの予報がある日にキャンプや登山をする場合、初心者は注意が必要です。

山の天気は予測が難しく、小雨が急に大雨に変わることもあります。

また、雨により視界が悪くなり、地面が滑りやすくなるため、怪我のリスクが高まります。

キャンプはスポーツと違って自然の中だからかなり注意が必要だね!

それでも雨の中の自然の美しさを楽しみたい場合は、万全の準備をして、できれば経験豊富な人と一緒に、安全なコースやキャンプ場を選ぶことをお勧めします。

野球

野球の場合は以下が懸念ポイントだと思います。

  • 長時間降り続けるのか
  • グランドのコンディション
  • プレイヤーの安全確保

降水量が1mmの雨でも、スポーツが中止にならない可能性がありますが、実際の体感は2mmに近い1mmか、限りなく1mmを切るかで異なり、プレイには影響が出る可能性があります。

グラウンドコンディションにより水たまりができやすくなったり、芝が滑りやすくなることが考えられます。そのため、安全上の問題が発生する可能性があれば中止を検討しましょう。

野球をする際は、滑りやすさや水たまりによる安全リスクを注意深く観察し、プレイヤーたちの安全を最優先に考えましょう。状況に応じて適切な対策を取り、安全かつ快適な野球プレイを心がけましょう

野球観戦は雨具さえあれば大丈夫なレベルだね!

登山

登山は雨1ミリでは中止する選択がおすすめです

スポーツやアウトドア活動が中止になる主な原因は以下です。

  • 安全性の問題や施設
  • コースの不適切な状態
  • 予測以上の悪天候
  • 参加者の健康リスク

これらの要因により、長時間急なところなどを歩く登山は安全を最優先に考慮して中止の判断が良いと思います。

自転車

雨1ミリは自転車に乗る場合は雨具があれば問題ないです。

しかし、降水量1ミリが降り続くと地面塗れているため、走行する場所がとても滑りやすく転んでしまう危険があります!

スピードの出し過ぎに注意して走行が必要ですね。

花火大会

主催大会にもよるのですが、多くの花火大会は雨1ミリでしたら開催されます。

花火大会は結構な雨でも開催されるイメージですが、落雷、大雨の場合は中止になるようです!

途中から落雷はすぐ中止したほうが良いですね!

雷で中止になっていますね

こんな時は外出も怖いですね

まとめ

雨の降水量1ミリの体感について、またディズニーやスポーツ、レジャーがどのくらいの雨で楽しめるのかをお伝えしました。

たとえ1ミリの雨でも、濡れると体が冷えて体力も減ります。滑りやすい地面も危険です。

雨の日は雨具をしっかり準備して、安全に注意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました