通知表のおうちの人からひとことの例文まとめ!親からのメッセージの書き方例

子育て

小学生になった我が子の成長は嬉しいものですが、通知表のおうちの人からのひとこととして、学期末にはコメントというものを書かないといけないですね!

初めての学校の作業に悩む保護者さんも多いはず。

親からのメッセージとはいったい何を書けばいいのか、コメントの書き方について、具体的な例文を挙げながら解説していきます!

この記事では次のことをお伝えします!

  • 通知表に書くおうちの人からのひとことの例文
  • 親からのメッセージの書き方

ぜひ参考にしてみてくださいね。

通知表のおうちの人からひとこと例文集

テンプレートにも使える簡単な例文3選です。

いつもお世話になっています。1学期は一生懸命勉強して、成績にも満足しているようです。2学期は苦手である英語を頑張るつもりです。引き続きのご協力をお願いします。
1学期大変お世話になり、ありがとうございました。テストの点数が低く少し落ち込んでいましたが、夏休みは家で勉強時間を作り意欲的に学習に取り組んでいました。今後ともよろしくお願いします。
算数は得意で成績が良かったです。社会は苦手のようなのでこれからもっと勉強してほしいです。今後ともご指導をお願いします。

まずは先生に感謝の言葉と成績に関することをコメントするのが無難だね。

学期別ひとこと例文

学期が変わると、子供の成長に合せてコメントが必要になってくることもありますね。解説付きでそれぞれに役立つ例文をご紹介します。

1学期

新学年を迎え、子どもが友達をたくさん作ったことが嬉しいです。自主的に宿題に取り組むようになった成長も感じています。新学期には、苦手な漢字の勉強に力を入れると話しており、2学期のさらなる成長と先生のご指導を楽しみにしています。

1学期の通知表へのコメント例文では、新学年の始まりとお子さんの成長をポジティブに表現します。友達が増えたこと、宿題に自主的に取り組むようになった進歩、そして新学期に向けての漢字の書き取りに対する意気込みを述べ、2学期も先生のご指導をお願いする形で結びます。ポイントは、新学年でのお子さんの変化を具体的に伝えることです。

2学期

お世話になっています。子どもが学校行事に活発に参加している様子が嬉しいです。夏休みの家族旅行でカブトムシを捕まえたことがきっかけで、昆虫に興味を持ち始めました。自宅では毎日昆虫図鑑を読んでいます。新学期は、授業に集中できるように家庭でもサポートしていきます。3学期もよろしくお願いします。

2学期の通知表に家庭からのコメントを書く際は、夏休みの過ごし方を取り上げると良いでしょう。また、多くの小学校で2学期に運動会などの学校行事がありますので、それらを通して子どもの成長を伝えることも効果的です。

3学期

いつもお世話になっています。授業への積極的な参加が見られ安心しました。冬休みには初めてスキーにチャレンジし、一生懸命練習する姿を見せてくれました。来年度は宿題を計画的にこなせるよう、家庭でも協力していきます。今年度もありがとうございました。

3学期の通知表のコメント欄には、冬休みの過ごし方や1年間の成長を伝えることが重要です。子どもの成績の進歩、生活態度、友達との関わり方など、1年間を通じての成長を具体的に述べると良いですね。

シチュエーション別好印象なひとこと例文

部分で使える例文集をまとめました。

お子さんに応じて、通知表のコメントをアレンジしてそのまま使っても大丈夫です。

この例文が、おうちの人のひとことを書く際の役立つヒントになればうれしいです。

先生へのお礼や感謝の言葉

  • いつも○○(子供の名前)がお世話になっております。
  • 〇学期中はありがとうございました。

効果的な長所と短所

  • 明るく楽しいことが好きな性格を維持しつつ、周りの状況をより読み取る能力を伸ばすことが望ましいと考えています。
  • 自分の意見を述べることは苦手ですが、2学期には積極的に発言できるよう期待しています。引き続きのご指導をお願いします。

家庭で話題になった学校の話し

  • 日直や給食当番の日は、いつも前の日からワクワクしています。
  • 図書室の整理当番が大好きで、担当日が近づくととても楽しみにしています。
  • 植物の水やり係を任されて以来、その日がくるのをいつも待ち遠しく思っています。

先生の心の残った言葉や行動について

  • 発表会の日、先生から「心配しなくていいよ」と励まされたことが子どもにとって大きな喜びだったようです。引き続き温かいご指導をお願いします。
  • 学校のイベントで先生に褒められ、その言葉が子どもにとって大きな励みになりました。今後もサポートをよろしくお願いします。」
  • 「運動会の練習で「がんばったね」と先生に言われ、とても嬉しそうでした。これからも温かなご指導をお願いします。

これからの目標

  • 子どもが自分で工夫して取り組むよう、見守りながらサポートしていきます。
  • 2学期の目標は特定のスキルの習得で、その達成に向けて励んでほしいと思います。
  • 苦手な分野の克服を目指し、家庭でのサポートも続けていきます。
  • 先生や友達の話をよく聞き、自分の意見もしっかりと言えるように指導します。

夏休みの様子

  • 水泳で25m泳げるようになり、日々の努力が実ったことが嬉しいです。
  • 毎日のお洗濯物の片づけや花の水やりを欠かさず頑張り、家庭での責任感を持ってくれました。
  • 毎日20分の読書を続ける姿勢や、ラジオ体操とプールでの積極的な参加も、努力の成果として評価してあげたいです。

締めの言葉

  • 引き続きのご指導をお願いします
  • 新学期も変わらずサポートをよろしくお願いいたします

通知表の書き方は基本的な構成があります。

  1. 先生へのお礼の言葉
  2. 通知表の感想
  3. 新学期の目標または家庭での様子
  4. 締めの言葉

こちらの使い方を次の見出しで説明しますね。

親からのメッセージの書き方例

通知表の親からのコメントは、内容を確認したことを伝えるためのものです。実際は特別なルールはないので、気負う必要はありません。

とはいえなんて書いていいか悩む保護者さんも多いようですね。

書き方をこちらで参考にしてください。

おうちの人からの一言の書き方とは次のような構成が望ましいです。

  1. 先生へのお礼の言葉 
  2. 通知表の感想
  3. 新学期の目標や家庭での様子
  4. 締めの言葉

見出しのシチュエーション別好印象なひとこと例文』で全部例文があるね!

おすすめの書き方例文

  1.  先生へのお礼の言葉 
  2.  通知表の感想
  3. 新学期の目標や家庭での様子
  4.  締めの言葉

この構成通りに簡潔に書くのがおすすめです。

先生へのお礼の言葉 いつもお世話になっております。
通知表の感想 小学校生活が始まり、多くの心配がありましたが、先生や友達、上級生のおかげで楽しく過ごしているようです。感謝申し上げます。
新学期の目標や家庭での様子 現在はまだ学習に自発的に活動するまでには至っていませんが、徐々に積極的になっていくことを期待しています。
締めの言葉 今後も引き続きのご指導をお願いします。

避けたほうが良い書き方

では、書かないほうが良い通知表の内容とはどんなものでしょうか?

2つのポイントにまとめたので使わないように気を付けてね!

子供が傷つくネガティブなこと

子どもが読んで傷つくようなことやネガでマイナスなことは書かないでください!

例えば

  • 家で宿題もせず、ゲームばかりです。
  • お菓子を食べて何もせず、遊ぶことにしか集中できません。
  • まったくやらないのでもう少し勉強を頑張ってほしいです。
  • 宿題をやっているか見せません。ちゃんとやっているのかイライラします。2学期はちゃんと学習に専念してほしいです。

家では全然勉強をしないことや、○○なところがあり困っているなどです。

これは通知表には書かないほうが良いね。

本当に問題があるなら先生に直接相談することも考えるべきですが、通知表のコメント欄はそのようなことを伝える場ではありません。謙遜だとしても、子どもが目を通したときに傷つくようなことは書かないほうがいいです。

学校や先生への要望

丸投げするようなコメントは避けるべきですね。

例えば

  • ○○できるように(しないように)指導してください
  • 家で言っても聞かないので先生から指導をお願いします
  • ○○については先生から注意してください
  • 漢字などの間違いが多いので改善してほしいです

という、学校への丸投げなコメントも印象はあまりよくないです。
学校からの指導をお願いするにしても、家庭でも気をつけていくことを伝えましょう。

まとめ

おうちの人から通知表コメントについてまとめました。

学校の先生と家庭で協力し合ってお子さんをサポートするためにうまくひとことを伝えるのがとても大事なポイントです。

参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました