ドラム式洗濯機は二度と買わない!リアルな体験談まとめ!縦型と比較もしてみた!

ライフスタイル

ドラム式洗濯機は二度と買わない!リアルな体験談まとめ!縦型と徹底比較!

洗濯機選びは日常生活に大きく影響しますが、買って失敗したくない家電の一つでもありますよね!

そう、、でも、、ドラム式洗濯機で失敗、、二度と買わなんだから!

残念ですが、買って後悔することももちろんありますよね。

この記事では、ドラム式洗濯機の二度と買いたくないと思ったポイント、ほかにも後悔している人の声、縦型にすればよかったのか?と疑問に思ったので比較してみたことを綴ります!検討されている人は購入前に知っておくべきことがわかりますよ!

この記事はこんな人向け!

  • ドラム式洗濯機の二度と買いたくないと思った!
  • ドラム式洗濯機の口コミ
  • ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の比較が知りたい!

ドラム式洗濯機を二度と買わない5つの理由

ドラム式洗濯機を選ぶ際、自分にとって大切なことを見極めるのはとても重要ですよね。最新型のドラム式洗濯機にも期待が高まります。

でも、使ってみると予想外のことが起きたり、毎日使う家電だからこそ使い勝手が悪いとストレスですね!

そんな理由でドラム式洗濯機をもう買いたくない理由を5つにまとめました。

  • 脱水力と乾燥が弱い
  • 選択層にカビが生えやすいのに洗浄が面倒
  • すぐ壊れるのに修理代金が高い
  • 洗浄力が弱い
  • 洗濯物を取り出しにくい

一つずつ見てみましょう!

脱水力と乾燥が弱い

故障が原因な時もあれば、中身の少ない時に脱水が感じられないことがあるようです。既定の洗濯物の量を入れることが面倒ですね。

洗濯層にカビが生えやすいのに掃除が面倒

ドア周りのパッキンがカビてしまったという人やカビ防止が面倒という声が多いようです。

すぐ壊れる!修理も価格も高い

修理代金が5万ほど行くという声も耳にしますが、ほとんどの人が修理よりも新しい洗濯機に買い替えることが多いようです。

洗浄力が弱い

洗濯機で洗浄力が弱いという声は残念ですね。

洗濯物を取り出しにくい

取り出しやすさは人によりますが、低い位置がいいのか高い位置から取れるのかどちらが適しているかで変わりますね。

ドラム式洗濯機の口コミ体験談まとめ

ドラム式洗濯機は良い意見もあれば、残念な口コミもありますね!

ドラム式洗濯機のメリットとデメリットについてまとめてみました!

メリット

ドラム式洗濯機のメリットは以下の通り3つにまとめました。

  • 乾燥機能が良い!

ドラム式洗濯機の乾燥機能により、日々の洗濯干しにかかる時間を大幅に削減できます。

特に忙しい毎日の家事、15~20分の洗濯干し時間を省けるのは大きな大きなメリットです。さらに、外干し不要であるため、天気や時間に左右されず洗濯が可能で、花粉の季節やPM2.5の影響を受けずに済みます。

また、一人暮らしや一階に住む方にとっては、外干しによる窃盗やトラブルのリスクも回避できます。

  • 節水性が高い

ドラム式洗濯機は少量の水で洗浄とすすぎが可能でなので水道料金の節約になりますね。

これは、もともと水資源が限られたヨーロッパで開発された「たたき洗い方式」によるものです。この方法では、衣類を持ち上げて落下させ、落下の衝撃で汚れを落とします。洗浄だけでなく、すすぎも少ない水量で行われるため、節水効果が高いと言えます。

  • 衣類が傷みにくい

ドラム式洗濯機は、たたき洗いという方法で衣類を洗います。この方法は衣類が絡まずに洗えるため、衣類の痛みが少なくなります

さらに、乾燥機能もドラム式は低温で仕上げることで衣類の傷みや縮みを防ぎます。

これに対して、縦型洗濯機の乾燥は高温になるため、衣類へのダメージが懸念されます。

デメリット

  • 大きくて横開きの扉が場所を取り掃除がしずらい

ドラム式洗濯機は、同容量の縦型洗濯機に比べて大きく重く幅が大きい傾向があります。重量は70kgから85kgを超えることもあり、本体が大きいため、それを収容する防水パンもさらに大きくなります。

購入時には設置場所のサイズを確認し、搬入経路の制限も考慮する必要があります

更に横開きのドアも開くと場所を取り、周りのパッキンでカビが発生することがありますが、除菌や消臭機能付きのモデルも存在します。これらの機能は臭いの問題を解決してくれるようですが、効果の口コミもまちまちです。

  • 衣類が黒ずんだり異臭を発生することがある

ドラム式洗濯機では「衣類の黒ずみ」が発生しやすいことがあります。

これは、使用する水の量が少ないため、洗剤や汚れが完全に洗い落とされないことが原因です。黒ずみを減らす方法としては、漂白剤の使用やすすぎの回数を増やすことが有効です。また、泥汚れが落ちにくいとの指摘もありますが、予洗いやつけおき洗いを行えば、問題はほとんど解消されます。

  • 事故の危険性

ドラム式洗濯機の扉はとても低い位置にあるので、小さいお子さんがいるご家庭は注意が必要です。

大きな窓が子どもの目線にあり興味を引く可能性があり、子どもがそこから内部に入り込むリスクがあります。小さな子どもがいる家庭では、チャイルドロック機能付きの製品を選んだり、ドアをゴムバンドで固定するなどの安全対策を講じることが重要です。

  • 壊れやすいのに修理費が高い

なんだか、良い家電が買えそうな値段ですね。

購入する前にもメリットデメリットを知っておくと後悔しないで検討できますね!

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の比較

ドラム式洗濯機は

  • 優れた乾燥機能
  • 節水性が高い
  • 衣類が傷みにくい

が良い点で、お気にい色衣類を大切に洗いたい場合や節水をしたいときに適しているようですね。

縦型洗濯機は

  • コンパクトで軽量
  • 使いやすい
  • 価格が比較的手頃

が良い点でお部屋のレイアウト重視や、価格やメンテナンスの面で選ばれていますね。

これらの点を考慮して、自分のライフスタイルや設置環境に合った洗濯機を選ぶことが重要です。

まとめ

ドラム式洗濯機を二度と買わない理由をまとめました。

優れた乾燥機能、節水性、衣類の傷みにくさがドラム式洗濯機のメリットですが、大きさや重さ、子供の安全性、衣類の黒ずみのリスクがデメリットです。

一方、縦型洗濯機はコンパクトで使いやすく、価格が手頃ですが、乾燥機能が劣り、水の消費が多く、高温乾燥による衣類のダメージが問題です。

ライフスタイルや設置環境に合わせた選択が重要ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました