ゆうパケットプラス再利用方法紹介!箱を普通に使うとバレる?重要ポイントまとめ!

ライフスタイル

ゆうパケットプラスの再利用方法を紹介します!

メルカリやラクマでよく使うサイズの箱だよね!節約のために再利用もできるの?

便利なこのサービスは、専用の箱を使用しますが、その箱は再利用が可能なんです。

専用箱は一つ65円で、メルカリやラクマでの発送に適したサイズです。例えば、宅急便コンパクトは520円(箱代込み)ですが、ゆうパケットプラスを再利用すれば455円で済みます。これは非常にお得です。

でも、状態関係なしに再利用できるの?

再利用する際には実は注意が必要です。

この記事では次のことをお伝えしますので、ゆうパケットプラスの箱を再度使う際にお役立てくださいね!

  • ゆうパケットプラスを再利用する方法
  • 再利用がバレない重要ポイント

ゆうパケットプラス再利用方法

ゆうパケットプラスの専用箱をゆうパックとして利用することです!

上手に再利用するコツをお伝えしますね。

まず、専用箱のロゴが剥がれてしまったら、ゆうパケットプラスとしては使えません。

え!じゃあどうするの!?

この場合、ゆうパックとして使うか、新しい箱に詰め替えるか選べます。

重さが2kg以上の荷物は、ゆうパケットプラスでは送れず、ゆうパックでの発送が必要です。発送先によって送料は変わりますが、最低でも810円、送料が高くなる分、送れる重さはゆうパケットプラスが2kg以内なのに対して、ゆうパックは25kgまでとなります。

また、メルカリやラクマ以外で荷物を送る場合も、専用箱はゆうパックとして活用できます。

ゆうパックとして別のサービスで利用すればいいんだね!

パケットプラス箱の再利用がバレない重要点

ゆうパケットプラスの専用箱をバレずに再利用するためには以下の3つの条件があります。

  • 専用箱に印刷されているロゴや文字が残っている
  • 変形や加工をしていない
  • 大きさや重量が、定められたサイズ内

勝手に荷物が入らないからって、箱を大きく加工するのはNG!ロゴも消えないようにテープをはがさないと!

メルカリやラクマ以外での利用時には、ゆうパック60サイズの梱包材として便利に活用できる点も覚えておくと良いでしょう。

  • 受付不可の状態

ゆうパックプラスの箱で配送ができない状態はこちらです。

①ゆうパケットプラス専用箱を使用していない。

②大きさや重量が規定サイズ(長さ24cm、幅17cm、厚さ7cm以下・2kg以下)を超えている。

③ゆうパケットプラス専用箱に印刷されている「ゆうパケットプラス」のロゴや文字が全て抹消されている。

④ゆうパケットプラス専用箱を、変形したり、加工している。

⑤ゆうパケットプラス専用箱が荷物の輸送に耐えられる状態ではない。

郵便局公式サイト引用

ゆうパケットプラスの再利用箱発送はローソンがおすすめ

ローソンでの荷物受付は、郵便局よりもチェックが緩い傾向にあるようですね。

実際に、郵便局でチェックが通らなかった荷物がローソンで問題なく受け付けられたとか!

これは、ローソンでは店員がチェックを行うためでしょう。ただし、ローソンでの受付が確実に通るとは限らず、チェックが通らない場合は送料が高くなるか、荷物が返送されることもあるので注意が必要です。確実さよりも緩さを求めるならローソンでの受付も一考ですが、リスクも忘れずに。

ゆうパケットプラスとは

メルカリやラクマといったフリマアプリで使われる郵便局の発送サービスです。

メルカリでは「ゆうゆうメルカリ便」、ラクマでは「かんたんラクマパック」として知られています。

全国の郵便局やローソンで送り状を印刷すれば、商品を手軽に発送できるんですよ。匿名での配送も可能なので、安心してご利用いただけます。

  • ゆうパケットプラス専用箱
購入場所 郵便局・ローソン
価格 65円
箱サイズ 長さ24㎝、幅17㎝、深さ7㎝以内
重さ 2㎏以下

頻繁にフリマアプリを使う方にとって、この箱が再利用できると、梱包材のコストが節約できてうれしいですね。

まとめ

ゆうパケットプラスの専用箱は再利用可能ですが、規定のサイズを超える、ロゴが消えている、変形・加工されている、または荷物の輸送に耐えられない状態であれば再利用はできません。

再利用する際は送り先への配慮が大切です。

また、ロゴを隠せばゆうパックの梱包材としても使えますが、その場合は60サイズの料金が適用されます。

上手に梱包材を使ってコスト削減したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました