オートミール30gはどのくらい?計量カップや計量スプーンでの測り方紹介!カロリーダイエットになぜ大さじ5? 

ライフスタイル

オートミール30gはどのくらいなのか?

健康志向の人々やカロリーを意識するダイエッターにとって欠かせない食品ですね。

でも正確な量を測らないと健康的に、ダイエット的に心配だよね!

この記事でわかること

計量スプーンや軽量カップを使って30gのオートミールを計る方法とカロリーダイエットに最適な分量!

オートミール30g正確な量とは?

オートミールは、健康や美容に関心のある女性にとって理想的な食材ですね。

特に、1食分として推奨される30gのオートミールは、カロリー管理や栄養バランスを考える上で重要です。ここでのポイントは、オートミールの量を正確に測ること。

計量カップや計量スプーンは「㏄(㎖)」で表示されていますが、オートミールの場合、比重が水より小さいため、30gを測るには75mlが目安となります。

水と比べてオートミールは軽いから、75mlを目安に量ると正確に30g測れるよ!

このように正確な測定を心がけることで、バランスの取れた健康的な食生活をサポートできます。

オートミール30gを測る方法

オートミール

オートミール30gを大さじスプーンと計量カップで測る方法を解説します。

軽量スプーンの測り方

オートミール30gは大さじ約5杯分に相当します。

具体的には、大さじ1杯で約6gのオートミールが計れるため、5杯でちょうど30gとなります。

特別な計量器具がなくても手軽に量を測ることができて便利だね

ちなみに、大さじ1杯は15㏄、小さじ1杯は5㏄とされています。

  • 30g以外の量を測りたいとき

大さじと小さじを合わせて使います!

  • 40gは大さじ6杯+小さじ2杯
  • 50gは大さじ8杯+小さじ1杯

大さじだけ

  • 大さじ7杯で約42g
  • 大さじ8杯で約48g

計量カップの測り方

計量カップを使用する場合、オートミール30gは50ccと100ccの間、つまり計量カップの半分より少し少なめの量です。

この方法は、より精密な測定が可能で、特にレシピを正確に再現したい場合に適しています。

計量カップは目盛が10㏄ずつになっていることが多いので、75㏄を正確に測るのは難しいかもしれませんが、おおよその量を測れればいいという場合には問題ないと思います。

おおよその目安は

  • 30g→75㏄
  • 40g→100㏄
  • 50g→125㏄

オートミールのカロリーダイエット

オートミールの置き換えダイエットは、低カロリーで満腹感を得やすいため人気があります。

オートミール30gは約105kcal、糖質量は17.9g!

食品 カロリー 糖質
オートミール(30g) 105kcal 17.9g
白米(150g) 234kcal 53.4g
食パン(5枚切り1枚) 200kcal 33.8g

この表から、オートミールは白米やパンに比べてカロリーも糖質も低いことがわかります。

オートミール30gは、他の主食と比較して半分以下のカロリーと糖質です。

オートミールカロリーダイエット米化方法

オートミールでのカロリーダイエットをする際に「米化」というのがおすすめです!

お米よりも糖質が気にならないって聞いたけど。。

米かとは乾燥したオートミールに水分を加えて、食感を柔らかくし、

ご飯のような食べ方をすることを意味します

この方法は、お米を食べる量が減らせて、さらにオートミールをより美味しく、また食べやすくするための工夫です。

水の適量

オートミール30gを米化する際の水の量は、約50mlが適量です。これにより、オートミールは適度な柔らかさになり、パサパサした食感を避けることができます。

電子レンジを使用する場合、500~600Wで約1分加熱すると良いでしょう。水の量は好みに応じて調整可能です。より満腹感を得たい場合は、水の量を増やしてみるのも一つの方法です。

お粥やおじや風にする場合

オートミール30gに対して、水の量を180mlに増やすと、お粥やおじやのような食感になります。

これは、特に寒い日や体調が優れない時におすすめの食べ方です。ソフトな食感と温かさが、体を温め、栄養を効率よく摂取するのに役立ちます。

オートミールの利点と活用方法

オートミールは、低カロリーでありながら栄養価が高く、食物繊維も豊富です。これにより、ダイエットや健康維持に効果的です。また、オートミールは非常に多様なレシピで使用でき、朝食のシリアルから、メインディッシュ、さらにはデザートまで幅広く活用できます。

まとめ

オートミール30gは大さじ5杯(1杯あたり15cc)で量れます。一食分のカロリーは約105kcalで、米化する際の水の量は50ml(大さじ3杯+大さじ3分の1)です。

これを覚えることで、手軽に健康的な食事にオートミールを取り入れることができます。

糖質とカロリーを抑えたい方や、腹持ちの良い食事を求める方には特におすすめですね。

この簡単な計量方法で、オートミールを食生活に取り入れ、ダイエットや腸内環境改善に役立てましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました