ベースブレッドは太るの?脂質や糖質とダイエット効果の真相を徹底解説!

ライフスタイル

「ベースブレッドって太るのかな・・・?」

「ベースブレッドは食べ方が難しそう・・・」

 

最近ダイエットで話題のベースブレッド。

1食に必要な栄養素が全て取れるという、完全栄養食品です。

ダイエット系インフルエンサーのSNSでも、よくベースブレッドを見かけますね。

近所のコンビニでも売っているのを見かけた方もいることでしょう。

しかしネットでは色んな口コミがあって、ダイエット効果があるのかわからないと思う方もいるかもしれません。

ベースブレッドダイエットをするなら、口コミを調べて安心してからにしたいですよね。

そこでこの記事では、ベースブレッドは太るのか?

脂質や糖質とダイエット効果の真相を調査しました。

ベースブレッドは太るの?

ベースブレッドは太るのかどうか、ネット上の噂を調べましたのでご紹介します。

脂質・糖質が高いという口コミですね

 

脂質と糖質が気になる口コミは多いですいね~

次はベースブレッドは太りそうという口コミですよ!

 

 

https://twitter.com/U80aKwccBajwY3L/status/1649662019510095872

ベースブレッドで太る人の特徴は間食で取ることみたいですよ!
気を付けてくださいね!

食べたあとにグルコース値が上がっていたのはショック~

血糖値が急激に上がって太るということに繋がるよね~

何でも食べ過ぎたら太るのは当たり前かもしれませんね~

 

次はベースブレッドでほんとに太っちゃった方の口コミ

https://twitter.com/UzaNarr/status/1520039014333816832

一日のトータルが偏った栄養バランスだと太るようですね!

次はベースブレッドで痩せた人の口コミです!

 

ベースブレッドを食べて、ダイエット効果が出てる方もたくさんいました!

Twitterの口コミをまとめると、太るという噂には理由があるとわかりました。

そして、ベースブレッドを食べてダイエット効果が出ている口コミも多くあります。

体が痩せたり太ったりする仕組みやダイエット方法、ベースブレッドの食べ方に関係がありそうですね。

続いて、次章ではベースブレッドの脂質と糖質について解説していきます。

ベースブレッドの脂質と糖質

ネットではベースブレッドの脂質と糖質が高いという口コミを見かけました。

本当にそうなのでしょうか。

調査した結果を見ると、ベースブレッドの脂質と糖質は高くはありませんでした。

糖質と脂質が高くない理由

ベースブレッドのカロリーは一袋200kcal~300kcalです。

脂質は約7g~9g、糖質は約20g~30g、たんぱく質は約14g。

大人が一日に摂取すべきカロリーは、人によってかわりますが、だいたい目安は2000kcalです。

(※農林水産省のホームページ参照)

国で推奨されている栄養の量は、炭水化物50~65%・脂質20~30%・たんぱく質13~20%とされています。(※農林水産省のホームページ参照)

 

国で推奨されている脂質・糖質量に比べると、ベースブレッドは低い方だということが分かります。

 

それに一的な4切りの食パンと比較するとわかやすいかもしれません。

4枚切食パンのカロリーは250kcal・脂質4.1g・炭水化物45g・たんぱく質8g。

普通だとこれに卵や牛乳、サラダにドレッシング、ベーコンなどと一緒に食べますよね。

卵は脂質も高いですから、合計の脂質は10g以上になるでしょう。

糖質も同じですね。

以上のことより、ベースブレッドは普通よりも脂質・糖質は抑えられていることがわかります。

脂質制限や糖質制限している方

世の中で流行っているダイエット方法として、脂質制限や糖質制限があります。

もし厳しい脂質制限や糖質制限をされている場合は、ベースブレッドの脂質と糖質は高く感じてしまうかもしれませんね。

体には脂質と糖質が必要

脂質と糖質は控えすぎると、体には良くありません。

ダイエットのやりすぎは髪の毛が抜けて少なくなったり、肌が乾燥してパサパサになることも。

その点、ベースブレッドはほどよく脂質と糖質が含まれていますので安心です。

 

ベースブレッドのダイエット効果の真相は?

ベースブレッドはダイエット効果があると言えます。

しかし、やり方によっては失敗する可能性も・・・。

 

おすすめのベースブレッドの取り入れ方は以下の通りです!

①普段の食事の置き換えとして食べる。

②一食に二袋まで。

③3食ベースブレッドだけにするのではなく、一日のトータルバランスを考えて必要な栄養を足して食べる。

④水分をよく取る(便通のため)。

⑤血糖値が心配な方はサラダを食べてからベースブレッドを食べる。

 

ベースブレッドに置き換える場合は、朝にしたり夜にしたり好きな時で大丈夫です。

ただし、人によってはベースブレッドだけ食べると血糖値が急激に上がってしまうことも。

(どの食べ物で血糖値が急激にあがるのかは人それぞれですから)

一般的には、食事の一口めはサラダにすると、血糖値が急激に上がりにくいと言われています。

もし心配な場合は、サラダをゆっくり食べてからベースブレッドを食べると良いでしょう。

 

ベースブレッドは一食で一日にとるべき必要な栄養素が1/3入っています。

26種類のビタミン・ミネラルが含まれていますので、完全栄養食なんです。

しかし、魚に含まれるDHAなどは入っていません。

体に摂りたいと思う栄養素は、自分で足して食べましょう。

 

一日ベースブレッドだけの食事だとカロリー不足になってしまい、代謝が落ちて痩せにくい体に変化してしまう可能性があります。

 

必ず普通の食事も取り入れることが、ベースブレッドダイエットが成功するコツです。

まとめ

毎日料理をする時間があまりない方や、てっとり早くダイエットを成功させたい方にはベースブレッドはおすすめです。

脂質と糖質とたんぱく質がバランス良く入っていて、素晴らしい完全栄養食です。

これからベースブレッドを取り入れて上手にダイエットをする方の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました