お菓子抜きダイエットは1週間で痩せる?肌の調子は良くなるの?糖質依存についても調べてみた!

ライフスタイル

「今年こそダイエット‼︎」と毎年思っても、なかなかできなくて、何をしたらいいのかもわからない…。

「運動したり、着圧アイテムを使ったりして気にしてるのに、チョコ食べちゃったー‼︎」みたいな経験ってありますよね?

まずは一週間、「お菓子抜き」を頑張ってみたら何か効果はあるのでしょうか。

お菓子抜きはダイエット以外に何か効果はある?

そんな疑問について調べてみました。

 

お菓子ってそもそもどういうものをいうんだろ?

「菓子」を調べてみると、Wikipediaには…

 

「食事以外の嗜好品として食べる食品」

とあります。嗜好品…こちらをまた調べてみると、

「栄養摂取を目的としていない、好き好んで摂取するもの」

とあります。

嗜好品の例としては、「お酒、タバコ、コーヒー、ジュース…」などと一緒に「お菓子」も含まれています。

このように例を見てみると、嗜好品と呼ばれるものは、どれも摂取し過ぎると体には良くなさそうなものばかりですね。

お菓子抜きダイエットは一週間で痩せる?

お菓子を一週間抜いただけで、そもそも痩せるのでしょうか。

結論を言ってしまうと、「個人差がある‼」です。

まぁ確かにそうですよね…。

元々ほとんどお菓子を食べていない人が、一週間お菓子抜きをしたところで、体重の変化はありません。

元々お菓子をそんなに食べていないから、「お菓子が食べたーい!」と強烈に思うこともないことでしょう。

しかし、いつもお菓子を食べている人が、一週間お菓子抜きをしてみたら、結果は変わってきます。

でも、お菓子が食べたくて食べたくて…挫折してしまうかもしれません。

 

筆者は後者の、お菓子大好き人間なので、「お菓子食べたーい!」となってしまう自信があります。

 

実際に1週間お菓子抜きをした人の体験談を読んでみると…

  • 1週間お菓子を抜いただけじゃ体重は変化なし。
  • 2キロ減った‼
  • お菓子抜き3日目…お菓子食べたい…挫折しそう…。

など、様々な体験談があります。

頑張って1週間続けてみた人の中には、「2〜3日目からお菓子食べたい欲がなくなってきた」と言う人もいます。

1週間のお菓子抜きは、体重に変化が見られる人もいるけど、変わらない人もいて、我慢できない人もいる…ということですね。

ダイエット以外に効果あり?お肌の調子が良くなる人も‼

お菓子抜きについて調べていたら、ダイエット以外にも良い効果があることが目に留まります。

まず1つ目は、「お肌の調子が良くなった‼」という意見です。

めちゃくちゃ嬉しいですよね~

  • お肌がつるんとしてきた。
  • メイクのノリが断然良くなった‼
  • 顔のテカリが減った。

などです。

ダイエットに気を付けたくて、この記事を読んでいるあなたなら、きっと美意識を上げていこうと思ってるはずです。

それならばきっと、この「お肌の調子がよくなる」というデータもとっても気になるところですよね。

はい、調べてみました!

甘いもの(砂糖)を摂取しすぎると、体の中でタンパク質が結合する、「糖化」という現象が起こります。

糖化が起こると、血液がドロドロになり、免疫力が下がります。

この免疫力が下がるということが、シワ、シミ、くすみなどの原因になってしまうんですね。

うわっ、耳の痛い話。。。

お菓子には甘いものだけでなく、スナック菓子などの、脂質が多く含まれるものもあります。

こちらがお肌にどんな影響があるかというと、脂質を日常的に取り、過剰摂取になると、皮脂の分泌が促され、ニキビなどの肌荒れの原因になってしまうのです。

ただ、1週間のお菓子抜きで、お肌の変化を感じる方は少ないです。

だいたい、2~4週間のお菓子抜きで、効果を感じる方が増えてくるようですね。

お菓子抜きをしてお肌の改善を望む人は、少し長めに頑張ってみましょう。

糖質依存について

どうしてもお菓子がやめられなくて悩んでいる人は

  • 甘いものを食べないとイライラする
  • ストレスを感じた時に無性に甘いものが食べたくなってしまう
  • チョコレートや飴を、ちょこちょこ食べていないと落ち着かない

という症状が当てはまる人はいませんか?

それ、もしかしたら糖質依存になっているかもしれません。

糖質依存なってるわ~

「糖質」は依存性物質です。最初に挙げた嗜好品の、お酒やタバコにも依存性があるので、何となくピンとくるのではないでしょうか。

糖質(甘いもの)を摂取すると、脳にドーパミンというホルモンが分泌され、元気が出たりやる気が出たり、快感を得る感覚が起こります。

すると今度は、糖質を取り過ぎて血糖値が上がり、「インスリン」と呼ばれる血糖値を急降下させる物質が出て、血糖値が下がります。

するとドーパミンによって得ていた快感がなくなり、

「またドーパミンを出したい、糖質を摂取したい」

と脳が覚えていて、また糖質を取ってしまう…という悪循環の糖質の依存状態になってしまうんです。

糖質依存がひどい人が、治療目的で糖質を断つ期間は約8週間だそうです。

8週間は長いよね。。。

極度の糖質依存になる前に…

まずは1週間、お菓子抜きをするだけでも糖質依存予防の効果は期待できそうですね。

1週間からでもやってみようかな

まとめ

今回は、お菓子抜きダイエットは1週間で痩せるかお肌の調子は良くなるのか、糖質依存についても調べてみました!

お菓子抜きは1週間したからといって、誰でもすぐにダイエットに効果が現れるものではありません。

ですが、長く続けることによって、効果が期待できます。

そしてお菓子抜きは、ダイエットだけでなくお肌の調子にも良い結果が出るということがわかりました。

そして、糖質依存の悪循環についても理解できたと思います。

まずは1週間、お菓子抜きに挑戦してみて、体の変化を実感してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました