共通テストリスニング対策アプリまとめ!すきま勉強に効率的で効果がある方法は?

ライフスタイル

2024年度の大学共通テストは終わりましたが、来年の大学受験生は少しずつ受験を意識し始めている人も多いのではないでしょうか。

共通テストの中の一つである英語は、リスニング100点、リーディング100点と合計200点満点の試験です。

平均点は受験した年度によっても異なりますが、2024年のリスニング平均点は67.24点と2023年度よりも+4.89上がりました。

リーディングよりもリスニング問題の方が『シンプルな出題傾向』にあるため、結果としてリスニングの平均点数が上がったと言えるでしょう。

ですが、平均点が上がると受験生としてはプレッシャーを感じますよね!

そこで毎日すきま時間を使いながら英語リスニングを強化するアプリをご紹介します。

受験生の親子必見!共通テストリスニング対策アプリまとめ!すきま勉強に効率的で効果がある方法は?をお送りいたします。

共通テストの英語リスニングの傾向は?

 

まずは共通テストのリスニング問題を確認してみましょう。

2024年度の問題は全部で第6問に分かれていました。

構成 内容 配点
第1問 短い日常会話を聞いて、最も近い回答を4つの中から選択する 25点
第2問 日常会話を聞いて、最も近いイラストや図を選択する 16点
第3問 日本語で背景を理解しながら、会話の答えを選択する 18点
第4問 時間軸でイラストを並べたり、条件を選択する 12点
第5問 ガラスに関する講義のワークシートの作成 15点
第6問 旅行中の交通手段の会話選択と4人の運動に関する選択問題 14点

以前と出題傾向は変わらないとのことで、アメリカ英語、イギリス英語そしてネイティブスピーカーではない英語などが含まれています。

また第1問と第2問は2回、第3問~第6問は1回しか問題の音声は流れませんので注意が必要です。

受験対策としては、いかに英語を聞きなれておくかが重要なポイントとなるでしょう。

オススメアプリ紹介!

リスニングは英語を聞きならしておくことが重要です。

他の勉強もあるのですきま時間にリスニングの勉強を始めましょう。

英語リスニング

スポーツや経済などの時事問題が英語で聞くことができる英語リスニング!

どのニュースも1分程度の内容なので、忙しい受験生でもすきま時間に聞くことができます。

再生機能も付いているので、分からない単語のところは何度でも聞き直すことも可能です。

また無料アプリなのでお財布にも優しいですよね!

他にも英検やTOEICなどの英語リスニングの試験対策にもおススメです。

アプリ名 英語リスニング
配信内容 英語コラム、英語ニュース、英単語
配信頻度 毎日
主な機能 字幕、再生、速度調節
金額 無料

Androidアプリはこちら

iOSアプリはこちら

VOA 英語リスニング・ディクテーション

英語で聞いた音声を文章などにして紙に書くことをディクテーションと言います。

VOA 英語リスニング・ディクテーションは、1日10分のリスニングとディクテーションをすることで、聞こえづらかったアクセントなどが分かるようになるリスニング学習法です。

母国語が英語ではない人向けに開発された英語学習アプリですので、英語初心者にはおススメです。

また分からない単語などは辞書検索で調べたり、単語帳登録をしておくこともできます。

アプリ名 VOA 英語リスニング、ディクテーション(+単語帳)
配信内容 英語ニュース
配信頻度 毎日
主な機能 リピート機能、単語帳登録、辞書検索
金額 無料
VOA 英語リスニング、ディクテーション(+単語帳)は、Androidのみの対応となります。

RedKiwi(レッドキウイ)

ドラマや映画、BBCなどのYoutube動画を視聴しながら、リスニングやシャドーイング(復唱)を強化することができるRedKiwi。

興味のあるジャンルだと勉強もはかどりますよね!

有料会員もあるのですが、時間などに制約はあるもののアプリをダウンロードすれば無料で学習も可能です。

音声もアメリカ、イギリスそしてオーストラリアの英語が選べるので、だんだん聞きなれてくると同じ動画でもアクセントの違いが分かるようになります。

アプリ名 RedKiwi(レッドキウイ)
配信内容 YouTube動画(ドラマや映画、芸能人インタビューなど)
配信頻度 毎日
主な機能 1日2回AIコーチに質問可能。有料プランは無制限。
金額 無料プランと有料プラン

Androidアプリはこちら

iOSアプリはこちら

Cake(ケーク)

映画やテレビ番組などをYouTube動画を視聴しながら、ネイティブが使うリアルな表現が学べるCake。

テレビ番組などの動画から学習するから、話し言葉が中心の英語なんだ。

海外旅行や海外留学に行くにはおススメね。

RedWikiに似ている学習方法ですが、Cakeは英語と韓国が学べます。

また有料会員もありますが、広告を視聴するのであれば、無料プランで学習することも可能です。

一日10分から学習することができ、リスニングやスピーキングの強化につながります。

英会話のリスニング強化をはかるには、より実践的と言えるでしょう。

アプリ名 Cake(ケーク)
配信内容 YouTube動画(アーティストや芸能人など)
配信頻度 毎日
主な機能 字幕付き動画、リスニング機能、クイズなど
金額 無料プランと有料プラン

Androidアプリはこちら

iOSアプリはこちら

スタディサプリ

リクルートが運営しているスタディサプリには、大学受験講座があります。

大学受験に特化した講座内容で、有料会員にはなりますが月1,815円(税込み)~です。

共通テストの英語リスニングやリーディングはもちろん、現代文や数学なども受講が可能です。

英語以外にも複数科目の勉強をしたいと思う受験生にはおススメです。

アプリ名 スタディサプリ
配信内容 共通テスト講座(リスニング含む)
配信頻度 随時
主な機能(英語リスニング対策) 音読トレーニング、ディクテーション
金額 14日間の無料体験あり、その後は月1,815円(税込み)~

Androidアプリはこちら

iOSアプリはこちら

アプリを使ってすきま勉強に効率的で効果がある方法は?

受験生なので机に向かって勉強するものと、机に向かわなくてもある程度、勉強ができるものを考えてみましょう。

恐らくリスニングは後者である机に向かわなくても学習ができると言えますよね。

また英語を上達させるためには、インプットが8割、アウトプットが2割と言われています。

英語リスニングのインプットは耳で聴くことが重要です。

少しでも多くの英語を、しかも初めは興味のあるジャンルの英語をすきま時間でたくさん聞きましょう

興味がない内容だとリスニングは頭に入らないかもな。

習慣化されやすい通学時間に聞くのも良いわよね!

またディクテーションのように紙に書くことで、リスニングはもちろん、アウトプットすることでライティング能力も身につきます。

試験が近づくにつれて、ディクテーション量を増やしていくのも効果のある勉強方法と言えるでしょう。

まとめ

今回は、共通テストリスニング対策アプリまとめ!すきま勉強に効率的で効果がある方法は?

という内容でお伝えしました。

どのアプリも1回が15分程度と短い時間ですので、すきま時間で出来るよう工夫がされていますよね。

ご自身にあったものを見つけていただいて活用していただけたら幸いです。

また、共通テスト以外にも英検やTOEIC、TOFELなど資格取得のときにリスニングは必須になります。

ぜひ思い立ったら吉日で始めてみてはいかがでしょうか^^

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました