FP3級電卓おすすめ選び方のポイントは?本番試験で失敗しない選び方や持ち込み時の注意点も紹介!

仕事

FP3級の勉強をしている方、または勉強を始めようと思っている方‼︎

FP3級の試験では、実技試験で計算問題が出題されますよね。

これを電卓を使わずに解いていたら時間が足りなくなってしまいます。

もしかして、スマホの電卓機能を使おうとしていますか?

昔から家にあった電卓?

それとも必死にご自分の頭で計算しますか?

FP3級試験では電卓の使用が可能となっています

ただし、使用可能な電卓は限られています。

3級の試験では電卓なしだと絶対解けないということはありません。

でもここは電卓を使って確実に、時短して、点数を取りにいきましょう!

そして、試験会場では貸し出しを行っていないので、忘れないよう必ず持参しましょう。

FP3級電卓おすすめ選び方のポイントは?

FP協会のサイトでは、持ち込み可能な電卓については以下のような記載があります。

1)計算機(電卓)は、次の各条件に該当する場合のみ使用を認めます。計算機が使用禁止計算機に該当する場合、計算機をしまっていただくなど 試験監督者が使用不可の措置をとることがあります。また、ケースによっては受検を無効とさせていただく場合もあります。

イ.電源内蔵のもの(そろばん不可)

ロ.演算機能のみを有するもの。

※使用可………√・%・定数計算、消費税に係る税込・税抜、売上に係る原価(MD)・売上・売価(MU)・利益率、日数・時間計算、 マルチ換算についてのキー、メモリー(M)機能(計算結果を1つだけ記録できるものに限る)、GTキーのあるもの。

※使用不可……関数機能〔Σ(シグマ)・log等〕・ローン計算・複利計算・紙に記録する機能、音〔タッチ音・音階・音声等〕を発する機能、 プログラム(計算式)の入力(登録)機能、計算過程をさかのぼって確認できる機能等を有するもの。

ハ.数値を表示する部分がおおむね水平で、文字表示領域が1行であるもの。

ニ.外形寸法がおおむね26㎝×18㎝の大きさを超えないもの。

2)計算機は故障に備えて複数台、持参できますが、一度に使用が可能な台数は1台限りです。使用する計算機以外は、カバン等へしまってください。

※試験中の計算機の交換につきましては、試験監督者の許可が必要となります。

3)試験会場での計算機の貸出しは行いません。

日本FP協会3級・2級FP技能検定試験要綱より引用

概要を読んでみても、何だか難しくてよくわからないですね。

では、これから解説していきますね。

スマホの電卓機能使っていいの?

スマートフォンの電卓機能はNGです。

そもそもスマートフォンは、試験中は電源を切っておかなくてはならないので使えません。

スマホはカバンに入れて、必ず電卓を持参しましょう。

100円ショップの電卓は使える?

結論的に言うと100円ショップの電卓は使えます。

100円ショップの電卓は難しい機能は付いていないので、基本的にFP試験に持ち込み可能な機能のものです。

ただ注意点として、ボタンの部分がゴムのものは、引っかかって戻りが悪く、押したのに反応していなかった…ということがあるかもしれないので気をつけましょう。

どんな機能が備わってたらいいの?

ではどんな機能が備わっていたらいいのでしょう。以下でご説明していきますね!

難しい機能は必要ない‼︎

特に難しい機能は必要ありません。

むしろNGな機能がありますので注意しましょう。

NGなものは「金融電卓」「関数電卓」です。

これらの電卓は、数字の表示が1行ではなく、2〜3行表示されるのでNGです。

金融電卓とは、ローンの計算などができる電卓です。

関数電卓とは、関数や統計などが計算できる電卓です。

そして、これらの機能が付いている電卓は、明らかにボタンが多いので見た目でわかります。

一般的な見た目の電卓を準備しましょう。

そして、試験会場はシーンと静まり返っていますので、電子音が鳴る電卓は避けましょう

10桁もしくは12桁のものを‼︎

FP3級試験では1億円を超える計算問題が出題されることがあります。

最低でも10桁、可能であれば12桁あると安心です。

本番試験で失敗しないためには?

試験で使用する電卓は、実技問題の勉強をする時から使用しておきましょう。

 FP3級試験はほとんどが過去問と同じような出題形式です。

勉強で電卓を使用して、どの問題もその電卓で解けるかどうかを確認し、使い慣らしておくと安心ですね。

持ち込み時の注意点は?

ソーラー式のものであれば「電池が切れる」などのトラブルはないですが、電卓は精密機械なので、

もしかしたら故障するかもしれません。

念の為、予備の電卓を用意してカバンに入れておきましょう。

試験で使用できる電卓は1つです。

試験中に予備を使用する場合は、会場を見回りしている試験官に伝えてから交換するようにしましょう。

おすすめ電卓3選!

カシオJF-120GT-N

アマゾンのビジネス電卓の部門でベストセラー1位の商品。

12桁
重さ:175g
サイズ:長さ17.8 x幅10.7x 高さ2.6cm
電源:ソーラー、電池
滑り止め、早打ち機能付き

キャノン HS1220TUGSOB

千万単位、税計算など実用的な機能搭載。機能別に3タイプの成形を採用し入力ミス防止。

12桁
重さ:202g
サイズ:長さ17.9×幅13.0×高さ3.7cm
電源:ソーラー式
早打ち機能あり

シャープEL-N942X

指先がスムーズに動くようなキー設計で、1秒間に20回の入力が可能です。
早く正確に入力できるのが特徴です。

12桁
重さ:202g
サイズ:長さ18.1x幅11.2 x 高さ3.5cm
電源:ソーラー、電池
滑り止め、早打ち機能あり

まとめ

今回はFP3級電卓おすすめ選び方のポイント、本番試験で失敗しない選び方、持ち込み時の注意点をお伝えしてきました!

まとめると

  • 100円ショップのものでもOK!!
  • 難しい機能が付いていない一般的な電卓を選ぼう‼︎
  • 10桁もしくは12桁‼︎
  • 試験で使用する電卓を勉強の時から使用して慣れておこう。
  • 予備をカバンに入れておこう‼︎

この記事を読まれているということは、FP3級試験を初めて受験される方ですよね。

勉強するだけでお金についての知識の幅が広がるFP3級試験。

電卓を準備して、テキスト&過去問を勉強して…

あなたがきっと合格することを祈っています。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました