ハーレーのタイヤは何が良い?初心者におすすめのメーカーは?

ライフスタイル

ハーレーダビッドソン(Harley-Davidson)のタイヤ選びは時間がかかりますね。

価格もこだわりも性能もデザインも自分のマスト見つけるのが大変!

そして、「メーカー」としてもさまざまな選択肢がありミシュラン、ブリヂストン、ピレリ、ダンロップなどがありますが、まず初心者にとって決め手となるハーレーのタイヤ選びは?

ハーレーにおすすめのタイヤメーカーをご紹介いたしますね。

皆様のタイヤ探しにお役に立てれば嬉しいです!

  1. ライディング性能と信頼性が高く、幅広い選択肢を提供できる。
  2. 長い歴史と高品質な製品で知られていて、多くのライダーに支持されている
  3. ユーザーレビューや専門家の評価から初心者に適したメーカーを選ぶことができる。

メーカーの歴史とブランドの背景を見てみても、長い歴史を持つメーカーは豊富な経験と技術を蓄積していて信頼性が高いです。

Michelin(ミシュラン)の100年以上の歴史やDunlop(ダンロップ)のバイクタイヤ製造への専念・執念が例ですね。

また、専門家が商品の特長などを熟知していて、初心者の方がタイヤ交換時に抱く不安などに対して丁重にアドバイスをくれたりもします。

おすすめタイヤメーカーの選択理由 その2・管理

ディーラーでのタイヤ交換は費用が高い!言われてしまうのは、単にタイヤを取り替えるだけではなく、足回りや駆動部分のチェックや詳細なメンテナンスなども一緒に見てくれたりします。

そしてお客様情報として、交換した内容や時期・種類を保存管理してくれること。

なかなかタイヤの摩耗に気が付かない初心者の方がいますが、交換のお知らせが届いたりすると意識が向いてスリップなどの危険防止になりますね。

おすすめのハーレータイヤメーカー5選

ハーレータイヤの特徴と注目モデル:Michelin(ミシュラン)

Michelinミシュランのタイヤの特徴

  1. 優れた性能:ミシュランのタイヤは、安全性、耐久性、快適性、燃費効率など、多くの面で優れた評価を残しています。
  2. ウェットグリップ:ミシュランのタイヤは、悪天候下でも優れたウェットグリップ性能を持っており、雨や雪の路面でも安定感があります。
  3. ロードノイズの低減:快適な走行を提供するために、タイヤの設計においてロードノイズの低減にも開発を進めています。
  4. 燃費効率:一部のミシュランタイヤは、燃費効率を向上させるために設計されており、燃料の節約に貢献します。
  5. 高い耐久性:ミシュランのタイヤは一般的に長寿命と言われています。
  6. 多様なモデル:ミシュランは幅広い自動車および二輪車向けのタイヤモデルを提供していて、各車種や用途に合った選択肢が豊富です。

Michelinミシュランのタイヤ注目モデル

  • Michelin Road 5:このモデルは、スポーツツーリングバイク用に設計されており、特にウェット路面での性能が高く評価されています。
  • Michelin Power 5:スポーツバイク用のタイヤとして知られ、高速走行やレーシングスタイルのライディングを楽しむライダーに向いています。
  • Michelin Commander III:クルーザーバイクやツーリングバイク向けのタイヤで、長距離ツーリングに適しており、安定感のある走行をします。
  • Michelin Pilot Power:スポーツバイクやネイキッドバイク向けに設計されており、ドライコンディションでのスポーティな走行に適しています
  • Michelin Anakee Adventure:アドベンチャーツーリングバイク向けのタイヤで、オフロードとオンロードの両方で優れた性能を発揮します。

MICHELIN 公式サイトで価格をチェック

ハーレータイヤの特徴と注目モデル:Dunlop(ダンロップ)

Dunlopのタイヤの特徴

  1. 性能重視: ダンロップは高性能なタイヤを提供することで知られており、スポーツカーやスポーツバイクなどのパフォーマンス車に適しています。
  2. ウェットグリップ: ダンロップのタイヤは、ウェットな路面での優れたグリップ性能を持っており、雨天時の運転でも安定感があります。
  3. 快適性: 一部のダンロップのタイヤは、乗り心地と静粛性にも配慮して設計されいます。
  4. 燃費効率: ダンロップは燃費効率向上にも取り組んでおり、一部のモデルでは燃料の節約に貢献します。
  5. バリエーション: ダンロップは、さまざまな車種や用途に合わせて幅広いタイヤモデルを提供していて、ツーリング・スポーツ・オフロード・冬季などの異なる要件に対応しています。
  6. モータースポーツ: ダンロップはモータースポーツにも参加しており、その経験と技術が市販車用タイヤに反映されています。

Dunlopタイヤ注目モデル

  • Dunlop Sportmax Q4: スポーツバイク向けのタイヤで、サーキットでのライディングに適していてスポーツライディングの愛好者に人気です。
  • Dunlop Roadsmart IV: ツーリングバイク向けのタイヤで、長距離ツーリングに適しています。耐久性が高く、ウェットコンディションでの性能も優れています。
  • Dunlop Geomax MX53: モトクロスやエンデューロバイク向けのオフロードタイヤで、様々な地形でのライディングに適しています。グリップ力が高く、競技用と冒険用の両方に適しています。
  • Dunlop D404: クルーザーバイクやツーリングバイク向けのタイヤで、快適性と安定性を提供します。クラシックなデザインと信頼性が魅力です。
  • Dunlop Mutant: アドベンチャーツーリングやアドベンチャーバイク向けのタイヤで、オンロードとオフロードの両方でのライディングに対応しています。多彩な条件下での性能が求められる冒険ライディングに適しています。

Dunlop公式サイトで価格をチェック

ハーレータイヤの特徴と注目モデル: Metzeler(メッツラー)

Metzelerのタイヤの特徴

  1. スポーツ性能: Metzelerのタイヤは、スポーツバイクやスーパースポーツバイク向けに設計されており、高いグリップ力とハンドリング性能を提供してくれます。
  2. ウェットグリップ: Metzelerはウェットコンディションでの優れたグリップ性能を特徴としており、雨天時でも安定感のあるライディングをサポートします。
  3. 冒険用タイヤ: Metzelerはアドベンチャーバイク用のオフロード対応タイヤも提供しており、オンロードとオフロードの両方でのライディングに適しています。
  4. ロードスポーツ: ロードスポーツ用のタイヤも幅広く提供しており、快適なツーリングと高速道路での走行に向いています。
  5. 高耐久性: Metzelerのタイヤは耐久性が高く、長寿命であることが特徴です。
  6. 専門的な設計: Metzelerは様々なバイク用タイヤに専念しており、各モデルは特定のバイクタイプや用途に合わせて設計されています。

Metzelerのタイヤ注目モデル

  • Metzeler Roadtec 01: メッツラーのRoadtec 01は、スポーツツーリングバイク用のタイヤで、ウェットコンディションでも優れたグリップ性能を発揮します。
  • Metzeler Racetec TD Slick: レース用スリックタイヤで、トラックデイやサーキットでの走行に適していて高性能なグリップとハンドリング特性が特徴です。
  • Metzeler Tourance Next: アドベンチャーツーリングバイク用のタイヤで、オンロードとオフロードの両方で優れた性能を発揮します。
  • Metzeler Karoo Street: アドベンチャーバイク用のタイヤで、オフロードとオンロードのバランスが取れています。
  • Metzeler ME888 Marathon Ultra: クルーザーバイクやツーリングバイク向けのタイヤで、長距離ツーリングに適しています。

Metzeler公式サイトで価格をチェック

ハーレータイヤの特徴と注目モデル:Pirelli(ピレリ)

Pirelliのタイヤの特徴

  1. 高性能: Pirelliは高性能タイヤで知られており、スポーツカーやスーパーカーサーキット走行に使用されることが多く優れた性能を提供しています。
  2. ウェットグリップ: Pirelliのタイヤはウェットコンディションでのグリップ性能が優れており、雨天時でも高い安全性を提供します。
  3. 快適性: 一部のPirelliタイヤは快適な乗り心地を提供し、ロードノイズの低減にも注意を払っています。
  4. 耐久性: Pirelliのタイヤは一般的に耐久性が高く、長寿命であることが特徴で交換の頻度を減少させます。
  5. バリエーション: Pirelliは幅広い車両タイプに合わせたタイヤモデルを提供しており、ツーリング、スポーツ、オフロード、冬季など、さまざまな用途に対応しています。
  6. モータースポーツの参加: Pirelliはモータースポーツに積極的に参加しており、特にフォーミュラ1などのレースでの成功が知られています。モータースポーツから得た技術が市販車用タイヤにも応用されています。
  7. 環境への配慮: Pirelliは環境への配慮にも力を入れており、燃費効率向上や低ローリング抵抗タイヤの開発に取り組んでいます。

Pirelliのタイヤ注目モデル

  • Pirelli Diablo Rosso IV: スポーツバイク向けのタイヤで、高いドライグリップ性能とハンドリング特性が特徴です。
  • Pirelli Scorpion Rally STR: アドベンチャーバイク用のオンオフ両用タイヤで、オフロードとオンロードの両方で優れた性能を発揮します。
  • Pirelli Angel GT II: スポーツツーリングバイク向けのタイヤで、高速道路での安定性と耐久性が高く評価されています。
  • Pirelli Diablo Supercorsa SP V3: レーストラックでの使用に適したスーパースポーツバイク向けのタイヤで、高性能グリップと安定性が求められる競技用途に向いています。
  • Pirelli MT60 RS Corsa: スクランブラーやネイキッドバイク向けのオンオフ両用タイヤで、都市部や冒険ライディングに適しています。洗練されたデザインと多彩な用途に対応する性能が特徴です。

Pirelli公式サイトで価格をチェック

ハーレータイヤの特徴と注目モデル:Bridgestone(ブリジストン)

Bridgestoneのタイヤの特徴

  1. 高性能: Bridgestoneは高性能タイヤのリーダーであり、ドライビングの安定性とハンドリング性能が高い評価を受けています。
  2. ウェットグリップ: Bridgestoneのタイヤはウェットコンディションでのグリップ性能が高く、雨天時に安全で安心した運転をサポートします。
  3. 静粛性: 一部のBridgestoneタイヤは静粛性を重視しており、ロードノイズを低減させ、快適な乗り心地を提供します。
  4. 耐久性: Bridgestoneのタイヤは一般的に耐久性が高く、これにより、タイヤの寿命を延ばし、交換の頻度を減少させます。
  5. バリエーション: Bridgestoneは幅広い車両タイプに合わせたタイヤモデルを提供しており、ツーリング、スポーツ、オフロード、商業用、冬季など、さまざまな用途に対応しています。
  6. 環境への配慮: Bridgestoneは環境への配慮にも力を入れており、低ローリング抵抗タイヤの開発や持続可能な製造プロセスの採用に取り組んでいます。
  7. モータースポーツへの参加: Bridgestoneはモータースポーツにも積極的に参加し、その経験から得た技術が市販車用タイヤにも応用されています。

Bridgestoneのタイヤ注目モデル

  1. Bridgestone Battlax Hypersport S22: スポーツバイク向けのタイヤで、高いドライグリップ性能とハンドリングを提供します。サーキット走行やスポーツライディングに適しています。
  2. Bridgestone Battlax Adventure A41: アドベンチャーツーリングバイク向けのオンオフ両用タイヤで、長距離ツーリングに適しています。
  3. Bridgestone Battlax T31: スポーツツーリングバイク向けのタイヤで、高速道路での安定性と耐久性が評価されています。
  4. Bridgestone Exedra Max: クルーザーバイク向けのタイヤで、快適なクルージングと耐久性を提供します。クルーザー愛好家から支持を受けています。
  5. Bridgestone Battlax Racing R11: レーストラック用のタイヤで、サーキットでの競技に適しています。高性能なグリップとハンドリングが求められる競技用途に向いています。

Bridgestone公式サイトで価格をチェック

ハーレーライディングスタイルとタイヤの選び方

クルーザー向けタイヤとスポーツバイク向けタイヤには違いがありますよね。

クルーザーバイク向けのタイヤは快適さと直進安定性を重視し、スポーツバイク向けのタイヤは曲がりやすさと高速性能を追求しています。

デザインや価格だけで選んではバイクのスタイルや走りに適合しないという事。
走るスタイルに応じて、タイヤの特性を理解しておくことが重要です。

クルーズやロングツーリングなら快適性と耐久性があり、スポーツ走行ならグリップ性能が大事。

夏季と冬季のタイヤの違いもタイヤ選びの重要なポイントですネ。

夏季用タイヤと冬季用タイヤでは性能が異なります。

冬季用タイヤは低温下でもグリップ性能が維持され、雪や氷に対する対策が施されています。
夏季用タイヤは高温下での性能が優れています。

でもそもそも!寒いからバイクは真冬や悪天候に乗らない!

といった風習のようなような物が定着していて、車のように冬用タイヤが多く普及していません。

タイヤの空気圧を適正に保てるようにチェック、走行距離に応じて新品に交換するという基本的な行動は忘れないようにしましょう。

走る地域や季節に応じたタイヤを選ぶのも、身の安全を守るためにちゃんと理解したいですね

ハーレータイヤ選びのQ&A

タイヤ選びに初心者の方が思うような疑問点もまとめてみました。

Q1: ハーレーのバイクに最適なタイヤを選ぶ際、何を考慮すべきですか?

A1: ハーレーのバイクタイヤを選ぶ際には、以下の要因を考えて選ぶようにしましょう。

  1. バイクモデルと年式
  2. ライディングスタイル(ツーリング、クルージング、スポーツ、オフロードなど)
  3. 道路条件(ドライ、ウェット、オフロード、雪道など)
  4. タイヤの寿命と耐久性
  5. タイヤの価格

Q2: タイヤの種類にはどのような選択肢がありますか?

A2: ハーレーダビッドソンのバイク用にはいくつかのタイヤ種類があります。

  • クルーザータイヤ:快適なクルージングと耐久性を提供するタイヤ。
  • スポーツタイヤ:高性能でハンドリングが優れ、スポーツライディング向け。
  • ツーリングタイヤ:長距離ツーリングに適したタイヤで、快適性と耐久性が重要です。
  • オフロードタイヤ:オフロード走行向けのタイヤで、アドベンチャーライディングやトレイルライディングに適しています。

Q3: タイヤのサイズと仕様はどのように決めればいいですか?

A3: タイヤのサイズと仕様は、ハーレーダビッドソンのバイクモデルと年式で選びます。(個人的な趣味やカスタマイズは除く)

オーナーズマニュアルやタイヤサイズのラベルを確認することで、正確なタイヤサイズを見つけることができます。

Q4: タイヤの交換サイクルはどれくらいですか?

A4: タイヤの交換サイクルはライディング条件やタイヤのタイプによって異なりますが、一般的には約1.6万〜3.2万キロメートルごとに交換が推奨されています。

でもタイヤのトレッド状態、摩耗具合、安全性などを定期的に点検し、必要に応じて交換することが重要です。

ハーレータイヤメーカー別口コミ評価

ハーレータイヤ選びのポイントまとめ

ハーレータイヤ選び初心者の方は、まず専門店やプロに相談してみることがおすすめできる一番のポイントです。

何故なら各タイヤメーカーは異なる強みを持っていて、モデルにも特徴がたくさんあるからなんです。

メーカー信頼性・性能・耐久性・価格などの要因をバランス良くアドバイスしてもらい、その中から最終的な選択をすることが快適で安全なライディングを楽しむ鍵となると思っています。

特に、価格帯・工賃などについてはまた別の記事で詳しくお伝え出来ることがあればと思います。

ご訪問ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました