Google KeepとEvernoteの違いを比較!使いやすいのはどっち?移行のポイントも

"Goole Keep、Evernote、One Noteの違いを端的に説明します!表現力とモバイル活用でトレードオフの関係に! https://retu27.com/googlekeep_evernote_onenote.html 無料メモアプリ3選【Evernote、Appleメモ、GoogleKeep】使いやすいのはどれ?本音比較 - happypopoblog https://happypopoblog.com/%E7%84%A1%E6%96%99%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA3%E9%81%B8%E3%80%90evernote%E3%80%81apple%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%80%81googlekeep%E3%80%91%E4%BD%BF%E3%81%84%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%84/lifehack/ Google KeepとEvernoteを比較!移行前に押さえるべきポイントとは? | 家内SEの仕事術 https://igozutt.com/google-keep-evernote-comparison/ EvernoteとGoogle Keepの使い分け!仕事の管理、ToDo管理に https://www.darkmatter.jp/blog/2018/01/26/01/ Evernoteからgoogle keepへ移行テストしてみた。果たして、コピペで書式は移せるのか? | 格安スマホマイスターぴざまん https://www.pizaman.com/entry/evernote-googlekeep/ さようならEvernote、ぼくはこれからGoogle Keepと生きていく | ぽりずむ https://porism.jp/evernote-to-googlekeep" テクノロジー

メモアプリは、日々の生活や仕事において欠かせないツールです。
しかし、いざ使い始めようとしても、種類が多くてどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。
そこで今回は、人気のメモアプリ「Google Keep」と「Evernote」を徹底比較!それぞれの特徴や機能、料金プランなどを分かりやすく解説します。
さらに、EvernoteからGoogle Keepへの移行方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Google KeepとEvernoteの違いを比較

Google KeepとEvernoteの主な違いを表にまとめました。

機能 Google Keep Evernote 補足
料金 無料 無料プランあり、有料プランは775円/月~
メモの種類 テキスト、画像、音声 テキスト、画像、音声、PDF、Webページ、メールなど
検索機能 シンプル 高度な検索機能 タグ、ノートブック、全文検索など
共有機能 限定公開、共有リンク 限定公開、共有リンク、公開ノート
同期 Googleアカウントと同期 Evernoteアカウントと同期
対応デバイス スマホ、タブレット、PC スマホ、タブレット、PC

それぞれ詳しく説明していきます。

料金

Google Keepは無料で全機能制限なく使えますが、Evernoteは無料プランは制限があり、より多くの機能を利用するには月額料金が必要になります。
・PERSONAL:775円/月
・PROFESSIONAL:1033円/月
・TEAMS:1750円/月(1ユーザーにつき)
 ※金額は2024/2/23現在。有料プランは年々値上げしているのでご注意ください。
参考:Evernote料金プランhttps://evernote.com/ja-jp/compare-plans

メモの種類

Google Keepはテキスト、画像、音声のみ保存可能です。
一方Evernoteはテキスト、画像、音声、PDF、Webページ、メールなどオールマイティに保存することができます。

検索機能

Google Keepの検索はシンプルでテキストを入力して検索できます。
Evernote はテキストでの検索に加え、リストや画像でフィルタを追加して検索することができます。

共有機能

Google Keepの共有は限定公開、共有リンクを使用できます。
Evernote の共有は限定公開、共有リンク、公開ノートを使用できます。
共有機能はあまり使用感に変わりない印象です。

同期

Google Keep、Evernote の同期タイミングはそれぞれ、Googleアカウントと同期、Evernote アカウントと同期です。
どちらもオフライン状態では同期されません。オンライン状態ではリアルタイムで反映されます。

対応デバイス

対応デバイスはGoogle Keep、Evernote どちらもスマホ、タブレット、PCです。
どちらもスマホ版アプリがあるので、使用する際はインストールして使用するのがよいでしょう。

Google KeepとEvernote 使いやすいのはどっち?

Google KeepとEvernote、つきやすいのはどっちなのか?
それぞれこんな方におすすめできますというポイントを紹介します。

  • Google Keepがおすすめの方
  • Evernoteがおすすめの方

Google Keepがおすすめの方

1. シンプルで使いやすいメモアプリを探している

2. ちょっとしたメモやToDoリストを作成したい

3. スマホでサッとメモを取りたい

4. 無料で利用したい

Google keep
 
↓↓Google Keepでタスク管理


 
↓↓ipadとピクセルとPCにGoogle Keepで連動させてToDoリストが作成できる


 
↓↓Google Keepはスマホでも使用可能


 

Evernoteがおすすめの方

1. 多機能なメモアプリで情報整理をしたい

2. 大量の情報を保存・管理したい

3. 高度な検索機能を使って情報を見つけたい

4. パソコンでもメモを取りたい

Evernote
 
↓↓Evernoteでは複数のノートを1つにまとめられる!


 
↓↓Evernoteには印刷機能が実装されている


 
↓↓Evernoteには強力な検索機能があります!


 
↓↓Evernoteはテキスト入力も音声入力も可能!


 
↓↓Evernoteは簡単にチェックリストが作れる

EvernoteからGoogle Keepへの移行ポイント

Evernoteの無料プランは制限があり、Google Keepは無料で全機能制限なく使えて便利なことからGoogle Keepに移行する方が多いようですね。
ここでは、EvernoteからGoogle Keepへの移行するときのポイントについて解説します。
EvernoteからGoogle Keepへは公式ツールがないため、手動で行う必要があります。
作業を効率的に行う手順を紹介します。
 
1. PCでEvernoteGoogle Keepのウェブ版を開き、画面を並べて表示します。

2. Evernoteから必要なノートの内容をコピーします(Ctrl+Cを使う)。

3. Google Keepに移って、コピーした内容をペーストします(Ctrl+Vを使う)。

4. Evernoteのノートタイトルもコピーして、Google Keepにペーストします。

5. 移行したノートはEvernoteから削除し、Google Keepではアーカイブします。
これら手順を繰り返すことで、EvernoteのノートをGoogle Keepへ移行できます。

最初に触れているとおり、公式の移行ツールがないため、手動での作業となり、移行作業は時間がかかるため、計画的に進めることが大切です。
Google KeepにはEvernoteのような高度な装飾や機能がないため、フォーマットが変わる可能性があります。
移行後は、Google Keepでの整理や管理方法を確認しておくと良いでしょう。

↓↓Evernote使いにくくなっている


 
↓↓Evernoteはもう使えない?


 
↓↓Evernoteの限界&有料のメリットを感じてない


 
↓↓Google Keepは便利!写真から文字起こしができる!


 
↓↓Google Keepでは写真添付もアーカイブも簡単!

Google KeepからEvernoteへの移行ポイント

Evernoteの無料プランは制限があり、有料でも使いやすいという方も多かれ少なかれ、いらっしゃると思います。
ここでは、Google KeepからEvernoteへの移行手順を紹介します。
 
1. まず、Google Takeoutを利用してGoogle Keepのノートをエクスポートします。これにより、ノートがHTML形式で保存されるZIPファイルがダウンロードされます。

2. ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、含まれているHTMLファイルを確認します。必要に応じて、ファイルの内容を編集してEvernoteでの表示が適切になるように調整することができます。

3. 整理したHTMLファイルEvernoteに直接ドラッグ&ドロップするか、Evernoteの「フォルダーをインポート」機能を使用してファイルをEvernoteに追加します。

4. Evernoteにインポートした後、ノートを適切なノートブックに移動させたり、タグを付けて整理したりすることができます。

基本的にはファイルのエクスポート→整理→インポートという流れになります。
Evernoteのインポート機能は非常に強力で、多くのフォーマットをサポートしているため、一度に多くのノートを移行することも可能です。
ただし、Google Keepのシンプルな形式がEvernoteのより複雑なフォーマットと完全に一致するとは限らないため、いくつかの調整が必要になることがあります。
 
↓↓Evernote使いやすくなっている


 
↓↓Evernoteに折り畳み機能


 
↓↓ノートの内容をAIが整理してくれる

まとめ

Google KeepとEvernoteは、それぞれ異なる特徴を持つメモアプリです。
自分に合ったアプリを選ぶことで、より効率的に情報管理を行うことができます。
今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ自分にぴったりのメモアプリを見つけてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました