正社員から派遣社員へ転職して後悔した?転職をおすすめするメリットや理由は?

派遣社員と分かる画像 仕事

正社員から派遣社員へ転職して後悔したのか、実際はどうなのか?

この記事では、正社員から派遣社員になりたいと考えている人に向けて、転職をおすすめするメリットや理由について解説していきます。

派遣社員と分かる画像

正社員から派遣社員へ転職して後悔した?

正社員から派遣社員に転職した人は皆、後悔するのでしょうか?
多くの人が、より良い労働環境を求めて正社員から派遣社員への転職を考えます。通常、正社員は安定していますが、その反面、高い責任感や厳しい労働条件が伴うことがあり、これが過重労働やストレス、プライベートの時間不足などから、心身の疲労を引き起こすことがあります。

しかし、派遣社員になると、責任の重い仕事から解放され、仕事量も比較的軽減されます。定時退社が容易で、残業代も適切に支払われることが多く、ワークライフバランスを保ちやすくなります。このため、労働条件の改善を目指す人には、派遣社員としての働き方が魅力的に感じられると思います。

また、派遣会社が職場との間に入ってくれることも大きなメリットです。人間関係や仕事内容の問題に直面した際、派遣会社がサポートしてくれるため、心理的なサポートを受けやすくなります。不満が解消されない場合は、別の派遣先への移動も容易です。

仕事を辞める際の柔軟性も派遣社員の大きな利点です。問題が発生した場合、他の派遣先へ迅速に移ることが可能であり、契約期間が終われば容易に雇用を終了できます。正社員に比べ、退職の手続きが煩雑でなく、状況に応じて柔軟に対応できるのです。

さらに、派遣社員の求人は正社員よりも多く、採用のハードルが低いことも魅力の一つです。即座に仕事を見つけやすい環境は、職場の変更や新たな職種への挑戦にも有利です。このように、派遣社員としての働き方は、多くの利点を提供しており、多様な職業選択肢を求める人に適しています。

これらのことから、派遣社員って案外悪くないと言えるのではないでしょうか。
ただ、どんなことでも良い点、悪い点はあります。
正社員から派遣社員に転職した時のメリット・デメリットを見ていきましょう!

正社員から派遣社員に転職したメリット

まずはメリットから見ていきましょう!

  • 自分の希望職種で働ける 派遣社員の仕事は、通常特定の職種に限られており、自分が希望する職種で働けるという利点があります。これにより、自分のスキルや適性に合った仕事に集中でき、自信を持って業務に取り組むことができます。
  • 責任の軽減と気楽な雰囲気 正社員と比較して、派遣社員は責任が軽く、仕事に関するストレスが少ない傾向があります。自分の役割に集中し、楽しんで仕事に取り組むことができます。責任感は必要ですが、過度なプレッシャーを感じることが少ないのが特徴です。
  • 適度な人間関係の維持:派遣社員として働く期間は通常短期間であり、職場の人間関係が一時的であるため、合わない同僚や上司との関係を長く続ける必要はありません。ストレスを抱えずに、適切な距離を保つことができます。
  • 派遣会社のサポート 派遣社員は転職活動時に面接でサポートを受けることができます。派遣会社の担当者が同席し、自己アピールや面接対策を支援してくれるため、自信を持って面接に臨むことができます。また、採用後も諸手続きや勤務に関するサポートがあり、安心して働けます。
  • 自己成長と自信の回復 派遣社員として働くことで、自己成長の機会が増え、自信を取り戻すことができます。仕事内容が希望に合ったものであれば、自信をつける機会が増え、自己肯定感が向上します。
  • 正社員へのステップアップ :派遣社員として経験を積むことで、将来的に正社員への転職が可能となることがあります。派遣社員には常用型や紹介予定派遣制度などがあり、経験を活かして正社員を目指すことができます。将来の安定性を求める場合、正社員へのステップアップも選択肢の一つとなります。
  • 働き方の柔軟性 派遣社員としての仕事では、働くスケジュールや場所を選択できることがほとんどです。例えば、週に1日出社し、残りの日はリモートワークをすることで、通勤ストレスを軽減できるようなケースもあります。この場合、自宅で仕事をすることで、リラックスしながら業務に集中できるため、効率的に作業ができます。
  • 負担の軽減 派遣社員としての業務範囲は通常限定されており、負担が軽減されることがほとんどです。作業のペースを調整しやすく、ストレスをため込むことが少く、新しい依頼を受ける頻度も通常は低いため、無理のない範囲で業務に取り組むことができます。
  • プライベートの充実:派遣社員としての仕事を通じて、プライベートの時間を充実させることができます。仕事終了後や休日に、仕事のことを考えずにリラックスできるようになります。仕事とプライベートのメリハリをつけられることは、派遣社員としての利点の一つです。
  • 正社員から派遣社員に転職したデメリット

    次にデメリットを見ていきましょう!

  • 収入の減少: 派遣社員として働く際、正社員と比較して収入が減少することが多いです。通常、ボーナスや通勤費などの手当が支給されず、基本給だけで収入を得ることになります。これが年収に影響し、節約が必要になることもあります。
  • やりがいの不足: 派遣社員の仕事は、単純で軽作業が多いことがあり、やりがいを感じる機会が限られることがあります。また、待機時間が多く、何もすることがない日もあるため、充実感が得られないことがあります。
  • 仕事の選択制限: 派遣社員は自分の希望する職種を選べますが、理想的な仕事がすぐに見つからないこともあります。また、職場の人間関係や環境が合わないこともあるため、不安定さを感じることがあります。
  • 世間体のプレッシャー: 派遣社員としての選択に対して、周囲からの理解が得られないことがあります。一部の人々は、正社員ではなく派遣社員を選ぶことに対して疑念を持つことがあり、そのプレッシャーがストレスとなることもあります。
  • 正社員から派遣社員への転職をおすすめする理由

    インターネットで検索してみると、ある人が正社員としての自信を喪失し、20代で派遣社員への道を選んだ経験を語っています。この人は派遣社員としての生活に満足しており、それが良い経験となったと考えています。長期的な不安はあるものの、派遣社員としての働き方は自信を取り戻すきっかけとして推奨されています。

    他にも、非正規雇用には課題があるものの、仕事のストレスや負担は大幅に減少しました。また、仕事だけでなく、ブログやWebライティングの副業を始めるなど、自分の関心事にもっと時間を割けるようになり、より主体的な生活を送れていると感じられています。

    実はこの記事を書いている私自身も、今現在、派遣社員としてお世話になっています。派遣会社は2社目、派遣先は全部ひっくるめて4社目です。この間、パワハラされたり、仕事が合わなかったりという経験はしましたが、派遣会社が間に入ってくれて次の派遣先を探してくれましたし、困ったことがあっても、派遣会社の担当者に気軽に相談できるので、私的にも派遣社員はおすすめです。

     

    メリット・デメリットを理解した上で、派遣社員という働き方はありだと思います。

     

    いきいきしている派遣社員

    まとめ

    「正社員でなければダメだ」とか、「もっと収入を得なければ」という考えや、男性なら「男性としてのプライド」など、色々な思い込みに囚われている方も多いと思います。
    しかし、実際に派遣社員として働き始めると、「仕事のストレスが大幅に減った」「体調も良くなった」「自由に使える時間が増え、副業や趣味に時間を割くことができるようになった」などの意見をよく聞きます。

    確かに、非正規雇用の不安定さはありますが、現在の生活を楽しむことや、将来のために準備することが、以前に比べてより可能になってきたと感じている人も多いことから、「派遣社員も案外悪くない」と言えるでしょう。
    仕事に不満や制約を感じている人は、派遣の仕事を検討することをおすすめします。それが新たな道を開くかもしれませんよ。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました