筒井康隆「旅のラゴス」のドネルとヨーマの関係と正体!あらすじ内容も!

エンタメ

筒井康隆『旅のラゴス』に登場するドネルとヨーマの関係とは、2人の正体とは、何でしょう?考察してみました。
またあらすじや内容も紹介します。

表紙はこちらです。

『旅のラゴス』登場人物

よく検索、考察される登場人物をみてみましょう。

ドネル

ドネルは、筒井康隆の小説『旅のラゴス』に登場するキャラクターです。彼は北の森に住む老人で、森番としての役割を持っています。ドネルは物語の最後の章「氷の女王」に登場し、主人公ラゴスとの重要な交流を持ちます。彼は、ラゴスの旅の最後の部分で重要な役割を果たし、物語の結末に影響を与えるキャラクターとして描かれています。

ヨーマ

「解放された男」の章に初めて登場し、そこでラゴスは彼を背の高い20歳くらいの背が高くてほっそりした若者だと描写しています。
その後、25年後の「赤い蝶」の章でラゴスは再びヨーマを背の高い手に負えない男と呼んでいます。

ラゴス

物語の主人公、ラゴスは、一見普通のウサギですが、非常に賢く、心優しい特徴を持っています。彼は自然界のさまざまな動物たちと交流し、彼らとの対話を通して人間と自然との調和の大切さを学んでいきます。また、ラゴスは、自然の美しさと同時に、人間による自然破壊の悲しみも経験します。

ドネルとヨーマの関係について

ドネルとヨーマの関係について様々な考察があります。どのような考察があるのかみてみましょう。

ドネルとヨーマは同一人物?

ドネルとヨーマは同一人物という意見がありますね。Xに投稿されている考察を3つ紹介します。

ドネルとヨーマは別人?

別人では?という考察もあります。


または誰?という意見もあります。


ラストシーンより別人と考察している方もいますね。

ドネルとヨーマの正体は?

ドネルは広範囲に旅をしてきた人物として描かれています。ヨーマは盗賊団のリーダーになったという噂もあります。
二人の人生が違うことから同一人物ではないと思われます。
『旅のラゴス』におけるドネルとヨーマの関係は、深い自然愛と人間性の探求を反映しています。ドネルは、物語においてラゴスが出会う一人の少年で、自然界と深い関わりを持つキャラクターです。一方、ヨーマはこの物語の中でラゴスの友人として登場します。

旅のラゴスのあらすじ

Xで紹介されているあらすじを3つ紹介します。

ぜひ読んだ後の考察も楽しんでいただけたらいいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました