フランス人は10着しか服を持たないルールまとめ!ミニマリストの着回し方法

『フランス人は10着しか服を持たない』から学ぶミニマリストの着回し方法とは?

ミニマリストの着回しとは、少ないアイテムでも飽きのこないスタイリングで、シンプルでありながらも洗練された印象を持っています。

『フランス人は10着しか服を持たない』の原作である
『Lesson From Madame Chic』(マダム・シックからの教訓)は、アメリカの作家であり、パリで暮らした経験を持つJennifer L. Scott(ジェニファー・L・スコット)によって書かれた本です。この本は、スコットがパリで過ごした時のライフスタイルやエレガントな暮らし方について語っています。

この本では、フランスの女性たちが持つミニマリストなアプローチや、ファッション、ライフスタイルにおける質の重視、シンプルさから生まれるエレガンスなどに焦点を当てています。

読者に対して持ち物やライフスタイルを見直し、シンプルで充実した暮らしを目指すためのアドバイスやヒントがあります。フランスの暮らし方やライフスタイルに興味がある人や、シンプルな暮らし方を模索している人にとって、参考になるのではないでしょうか?

 

フランス人のファッションに関する「10着しか服を持たないルール」とは?

これは少ないアイテムで様々なスタイルを作り出すことを重視しています。ここでは、フランス人が10着しか服を持つという考え方と、ミニマリストの着回し方法について紹介します。

 

  1. ベーシックなアイテムの選択: フランス人は、シンプルでベーシックなアイテムを選ぶ傾向があります。例えば、白のシャツ、黒のパンツ、デニムジーンズ、シンプルなニットなど、様々なスタイルに合わせやすい基本的なアイテムを選びます。
  2. クオリティを重視: 少ない数のアイテムを所有するため、クオリティの高い服を選ぶ傾向があります。長持ちする素材やデザイン、耐久性のある服を選んでいます。
  3. 着回しの工夫: フランス人は、同じアイテムを異なるスタイルで着こなすことに長けています。シンプルな服を組み合わせて、異なる雰囲気やシーンに合わせて着こなすテクニックを持っています。
  4. カラーコーディネート: カラーコーディネーションを工夫することで、少ないアイテムでも様々なコーディネートを楽しむことができます。基本的なカラーパレットを使用して、服を組み合わせます。
  5. アクセサリーや小物の活用: 少ない服を持つ代わりに、アクセサリーや小物をうまく活用して、スタイリングを変化させたり、アクセントをつけたりします。シンプルな服にアクセントを加えることで、印象がガラリと変わります。

 

  10着に含まないものもあります。
  • 上着類
    コート、ジャケット、ブレザー
  • ドレス類
  • アクセサリー
    スカーフ、手袋、ストールなど
  • アンダーシャツ
    Tシャツ、タンクトップ、キャミソールなど

フランス人のファッションスタイルは、シンプルでありながらも洗練されており、少ないアイテムでも様々なスタイルを楽しむことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました