不動産の怖い話/忌み地や内見・事故物件・マンションにまつわる話をまとめて紹介

エンタメ

人間の三大欲求「衣食住」の内「住」の値する住宅問題。

新居を購入したり、賃貸に入居するときに不動産を利用することが大半と思われます。

今回は、不動産に関する忌み地や内見・事故物件・マンションなどで起こった怖い話を幾つかまとめてご紹介します。

不動産の怖い話

不動産屋さんが実際に体験した怖い話をご紹介します。

 

売れないマンション

僕は不動産の販売をしてるサラリーマンなんですが、これは一年半前の新人の時に扱った中古マンションの話。

このご時勢、住宅ローンを返せなくなくなり仕方なく不動産を売却、というのは良くある話で、そのときはチラシの反応で査定をしてくれないかということで、依頼者のところに行った。

大阪の某市にあるマンションで、そのエリアは住宅街で中高層の建物はそのマンションということもあり、当然地図も持っているので、すぐに目的地に辿り着けた。

そして、早速依頼者のところへ。

こういった借金苦の人はやはり暗い様子で、部屋も汚く、五十代の白髪まじり、目が片方ちょっと違ったほうを向いてる、身寄りのない男性でした。

案件としては、売却したお金を持ってしても、住宅ローンを返せないような債務超過にはなっていなかったので売却依頼を正式受理し、売却活動をしていくことになった。

そして不動産業者の義務として、「自殺とかそういった類の、聞いたりあったりしてませんよね」と聞いたところ、「ないです」と返答。

債権がらみということと早期に売却してしまわないといけないこともあり、相場よりある程度低めに売却金額を設定し活動しました。

しかし、なかなか買い手が見つからない…。

こういうのは表沙汰に言っていいのか分かりませんが、学校区がB地区に被ってしまっていたこともあり、それを含めた金額設定にも関わらず、それでも買い手が見つからない……

新人だったので査定を甘くみていたのかなと思い、売主にも相談し徐々に金額を下げていくも、なかなか買い手がつかず、途方に暮れていました。

そして仕舞いには、相場よりありえないくらい低い売却金額になっていました。

その物件自体は八階建ての七階にあったので、ふと最上階からの景色を見てみようと思い、八階の廊下から外をみていた時。

突然後ろの扉が開きおばさんが出てきて、「あんた何やってんの!」っと言われびっくりしました。

普段はスーツを着てることもあり、マンションの住人からも不動産屋というこもバレていることもあって、住民からは「なかなか売れへんねぇ」とか、軽い挨拶程度のことはしてくれてたんですが、その時は様子が違いました。

あぁ変な人も住んでるなと、その時は思いました。

しばらくたって管理人さんとも仲良くなり、「あそこなかなか売れないんですよ…」と嘆いてたところ、管理人さんが申し訳なさそうに口を開きました。

「半年前。マンションの住人でない近くに住んでるおばさんが八階から飛び降りたんよ」

「あんたがいつも通ってるそこ、綺麗になってるやろ?そこに落ちはってん」と。

ということは、あの八階のあそこから落ちたんか。だからおばさん狂ったように怒りはったんか。

と、はっと気付きました…。

当然、売主にも詰め寄り「何でそのこと正直言ってくれなかったんですか!」と言いました。

売主いわく、「売却額が下がるとお金に困るので」と言ってきました。

完全に自分の調査ミスということもあり、上司にはこっぴどく叱れました。

その後、原因が分かったこともあり、また金額が安いということあって近くに住んでいる、自殺があったことも知っている夫婦に買い手が決まりました。

死者が最後にみた光景を、自分も見てたことにゾっとしました。

初めての体験で、この業界の怖さも改めて知った、そんな実話です。

 

幽霊を信じない営業マンも逃げ出した物件

私は幽霊を信じていません!しかし、それは「見たことない」「信じたくない」からです。

決して幽霊が怖くない訳ではありません。怪談番組などは真剣に怖がって見てます。

恐らく見てしまった日には一人で夜トイレにも行けないでしょう。

しかし、私は不動産屋ですし、基本的には信じていませんので事故物件や空家などに入ることに、抵抗はほぼありません。

以前から話した通り、事故物件などでも心霊体験などはしたこともありませんからね。

そんな私ですが、過去一度だけ逃げ出した物件がありますので、今回はその話をしてみましょう。

それは格安の戸建でした。当時、私は東京都の新高円寺という所で賃貸仲介の営業マンでした。

今もそうですが、当時もインターネットに物件を掲載しておりました。

いい物件があれば鍵を借りに行って写真を撮る、掲載する、反響がくる、お客さんを呼ぶ、そして決めてもらう、というこの流れです。

そして、その日も朝から新着物件を確認していました。すると

「西荻窪 徒歩〇分 5DK 貸家 6万5千円 築50年」

という物件が出てきました。

古い戸建ではありますが、当時でも激安でした。

中は相当に古いだろうが、写真を撮って掲載してみようということになりました。

その日の写真撮影当番は私でした。早速鍵の手配をすると「貸主は遠方だから開けてある」とのことでした。

さあレッツゴー!と意気揚々と私は車で向かいました。

着いたのは普通の住宅街でした、西荻窪駅から少し離れていましたが、実際に行って見るとビックリ。

その家だけ手入れのされていない竹藪に囲まれているのです。

住宅街の中にポツンと異質な空間になっていました。

建物は2階建ての築50年で流石に傷んでいますし、玄関も昔ながらの引き違いの冊子でした。

竹藪が影を作っており、雨戸は全て木製の古いタイプで閉まっていました。

正直、雰囲気も最悪で「こりゃ安いはずだわ」と思いました。

しかし、こんな物件でも中を綺麗にしてあれば借りたいという方もいるでしょう。

この時はあまり気にせずに中へ入っていきました。

そうして入った戸建ですが、まずは中が暗い!木製の雨戸が全部閉まっている為、真っ暗で湿気というか、カビ臭い匂いがしました。

私はブレーカーを探しました。ブレーカーというのは大体家の構造上、キッチンや洗面室などの近くにあるものです。

しかし、ブレーカーを上げても電気が点きません。契約がされていないのでしょう。これも珍しいことではありません。

私は古い木枠の冊子をガタガタと動かし、雨戸を一枚開けました。

すると光が室内に入ってきました。

部屋の中は大変古く、居室のほとんどは和室でした。古くなった畳が柔らかくなっていました。

そして、最初の部屋にあった押入れを何となく開けてみました。

そこには白黒の写真が一枚置いてありました。

「なんで一枚だけ?忘れ物?」と何気なく手に取りました。

それは古い家族写真でした。

お爺さんとお婆さん、年齢的には叔父さんらしき中年男性が二人くらい、お母さんのような人、小さい子供が二、三人くらい写っていました。

恰好は簡単な着物を着ていたので、かなり古いものでしょう。明治くらいでしょうか。

全員無表情です、なんだか楽しそうでもない写真です。

しかし、私はなぜかその写真に強烈な違和感を感じました。

全員笑っていないから? いや違うような…なんだか変な写真に思えるのです。

そして、違和感の正体に少し気づきます。

「なんだか全員の目線が変だ」

そう、カメラ目線のようでしたが、なんだか全員の焦点がカメラでは無い気がしました。

そう思った瞬間一気に恐怖が込み上げてきました。

私にはどうしても、写真の人たちは私の後ろを見てる気がする。

写真を見ている「私」の肩辺りを見ているような気がしたのです。

その瞬間に私はダッシュで写真をその場に置き、家を出ました。もう恐怖でいっぱいでした。

雨戸を閉めるのも忘れ、とにかく帰りました。

後にも先にも物件で怖くて逃げたのはその一件だけでした。

特にオチもありません、写真の正体も知りませんし、いわくつきの物件でもないようでした。

もちろん後日何かあったということもありません。その家について調べもしませんでした。

事実だけ話すなら「忘れ物の家族写真に勝手にビビった営業マン」です。

でも、私にはあの写真の目線が怖すぎたのです。

ちなみに今でも古家などは怖くはありませんよ。幽霊は信じていませんからね。

そんな私の唯一の恐怖体験でした

引用:株式会社ロータスホーム

 

不動産会社が体験したほんとうに怖い話

私が都内にある某不動産会社に勤務していたころの話です。

いわゆる「事故物件」や「訳アリ物件」と言われる物件ではなく、会社の倉庫として使用していた100坪ほどの土地に、築50年の木造2階建の建物と車2台分の広さの木造の物置のある物件で、実際に体験した話です。

以前から社員の間で、誰もいないのに人の声がしたり物音がするなどの噂になっていました。

私は幽霊などはまったく信じていなかったので、いないものをどうして怖がるのかと不思議でした。

季節は秋から冬になり、スタッドレスタイヤを倉庫から出すために夕方16時過ぎに取りにいきました。

倉庫に着き、せっかく倉庫に来たから心霊写真を撮ろうと思ってスマホで居間の写真を撮った瞬間、スマホの電源が落ち、2階からバタバタと足音や人のうめき声が聞こえてきて、驚いた私は車のエンジンをかけて離れようとしましたが、何故かエンジンもかからない。

その時、他の社員が倉庫に来た時にエンジンがかかり、スマホの電源が入り、物音やうめき声も聞こえなくなっていました。

それ以来このような事は体験していませんが、あれは一体なんだったのでしょうか。

引用:埼玉開発株式会社

 

忌み地や内見・事故物件・マンションにまつわる怖い話

呪いや祟りなどが起きた場所を指す「忌み地」、そして物件を購入・貸してもらうときに必須な内見、そしてマンションにまつわる怖い話を、それぞれご紹介します。

忌み地の怖い話:瑕疵店舗

ある年のの四月上旬、糸柳は大阪で不動産会社を経営しているF谷さんに逢った。

F谷さんとは、糸柳が関西に住んでいた頃からの付き合いで、怪談社の活動も知っているので、そういう話をしても支障はない。

今回は仕事で上京したというF谷さんに、糸柳は本書の企画を話して、

「なにか怖い物件とかないですか」

「幽霊がでるって物件は聞かんけど、何をやってもうまくいかん物件はありますね。ほらM島さん、知ってるでしょう」

M島さんも大阪で不動産会社を経営していて、糸柳と付き合いがある。M島さんはそれが営業方針なのか、いつも安い物件ばかり購入する。

あるときM島さんは、破格の価格で売りに出ていた中古マンションの一室を購入した。

その部屋は知人の老婦人に貸したが、まもなくクレームをつけてきた。

階段をのぼりおりする音がうるさいとか、上の部屋の住人が夜中に騒ぐとか、普通のクレームもあったが、

「冬なのに大きな蠅がいる。夜になると、ベランダから男が覗くっていうんです」

M島さんが状況を確認しにいくと、蠅も不審な男もいなかった。

老婦人は絶対にいると譲らなかったが、証拠もないのに対応はできない。

クレームを放置していると、老婦人は腹に据えかねたようで二ヵ月ほどで退去した。

ところがそれ以来、M島さんは体調を崩しがちになった。

しかも所有している貸物件は空きが増え、売れるはずの物件に買い手がつかない。

老婦人が住んでいた部屋も、むろん空いたままだ。

「なんで、こんなに調子悪いんかな」

M島さんが会社で愚痴ると、社員の一人が、

「こうなったのは、あの部屋を買ってからですよ。やけに安かったから、何か訳があるんじゃ──」

気になって調べてみたが、過去に事件や事故があった形跡はない。

それでも社員の言葉が頭にひっかかり、問題の部屋を捨て値で売却した。

すると、途端に会社の業績は回復し、体調も元に戻った。

「実はそのマンションのことを、僕も調べてみたんです」

とF谷さんはいった。

「確かにM島さんが買った部屋は何もなかった。でも真上の部屋で変死が二件あったんです。M島さんが買う半年前に孤独死、四年前には自殺」

その部屋に住んでいた老婦人は真上の部屋が夜中に騒ぐといったが、当時真上には誰も住んでいなかったという。

「マンション以外で、何ないですか」

糸柳が訊くと、F谷さんはあるショットバーの店名を口にした。

そのショットバーを経営していたIさんという男性は、糸柳の知りあいで店にも行ったことがある。

「バーのマスターのくせに、めっちゃ酒が弱いねん。そんなに弱いんやから、吞まんといたらええのに、て言うたら──」

Iさんはこの店を始めてから、急に酒が弱くなったと言った。

ある日、そのバーの常連客が店の前を通りかかったら、昼間なのにシャッターが開いていた。

変に思って店内を覗くと、Iさんが床に倒れていた。

常連客は救急車を呼び、Iさんは病院に搬送された。

診察の結果、何故か片脚が血行障害で壊死しかかっていた。

かろうじて切断はま免れたものの、軽い障害が残った。そのせいでIさんはバーを畳み、実家に帰った。

「あのままバーをやってたら、亡くなってたと思います」

F谷さんによれば、Iさんのバーがあった店舗は過去に三回も変死があった。

あるときは年配の経営者、あるときは従業員が不可解な死を遂げた。

その店舗がスナックだったときは、店がずっと閉まっているのを不審に思った常連客がシャッターを開けた。

店内に入ってみると、その店のママがカウンターのなかで首を吊っていた。

糸柳はその店で三件も変死があったのは知らなかった。

けれどもIさんがショットバーを経営している頃、常連客のあいだで妙な噂が流れたのを耳にした。

「店ンなかで、生首を見たって客がようさんおったわ」

Iさんがショットバーを閉店したのは八年前だが、そのあとスナックが二軒潰れ、現在はラーメン屋になっているという。

引用:現代ビジネス

 

忌み地・内見の怖い話:売家

東京のある住宅街に住んでいた時の話です。

私は妻と当時三歳の息子と生まれたばかりの娘の四人で、賃貸のアパートに住んでいました。

アパートの前は狭い路地になっており、その路地を挟む形で一軒家が立っていました。

ある日、息子と二人で、その家の前の路地を歩いていると、不意に息子が一軒家の二階に赤い人がいると言い出しました。

私達が住んでいるアパートが正面にあるせいか、その家は常時カーテンが閉まっているのですが、その日はカーテンは開いており、路地から見える窓辺に赤い人が立ってこちらを見ていると言うのです。

息子に促されて私も一軒家の二階を見上げたのですが、人のようなものは見えません。

気味が悪かったのですが、確かめようもなく、その日は適当に息子をあしらって家に入るしかありませでした。

息子が赤い人が見えると言った数日後の夜です。
私は物音と声に目を覚ましました。

あの一軒家から、怒声と何かを平手で打つような音が聞こえてきます。

あの一軒家の奥さんと思われる女性が子供を激しく叱っている音のようでした。

時間は午前二時を回っており、まともな様子ではありません。

しばらくすると誰かが通報したのかパトカーが来て、その日は収まったようでした。

その後も度々、そのような叱り方をしている様子で、警察が来る事も何回かありました。

そんな状態が数ヶ月経った後、一軒家の家族は何処かに引っ越して行き、その家は売りに出されました。

周りの相場やその一軒家の築年数と敷地の広さを考えると売値は驚くほど安いものでした。

息子が赤い人を見たという件や、前の住人の事を考えると少し気が引ける部分もありましたが、ちょうど家を買おうと思っていた私は内見をさせて貰う事にしました。

不動産屋に来て貰い、妻と子供二人でその家に入ろうとしたところ、息子が火が着いたように入りたくないと泣き出しました。

そのまま不動産屋に帰って貰うのも申し訳ないと思い、子供二人は妻に任せ、私一人で内見をすることにしました。

こだわって建てたのか、部屋の広さや間取りは素晴らしく、一階の部屋を一通り見て廻ったころには、購入にかなり前向きになっていました。

しかし、二階に上がった途端、とても住めたものではないと感じました。

階段を上がると廊下を挟んで左右に数部屋並んでいるのですが、その一部屋から強烈に嫌な気配を感じたのです。

そこは位置的に路地から見える息子が赤い人が見えると言った部屋でした。

その部屋の扉の向こうから、こちらに害を与えたくてたまらない様な剥き出しの悪意を感じ、その部屋だけは中を見る事が出来ませんでした。

結局、その後すぐに別の土地に家を買い、二年ほど経ちました。

最近、住んでいたアパートの近くに寄る用事があり、懐かしさもあったので一家四人で行ってみたのですが、あの一軒家はまだ売れていない様子で売値は更に下がっていました。

三歳になった下の娘が一軒家を見て「あの家の人、みんな赤いね」と言ったのを聞いて、あの家はこれからも売れる事は無いのだろうと思いました。

引用:奇々怪々怖い話投稿

 

事故物件の怖い話:事故物件

「ここはオススメできないですね〜」

マンションのエントランスに書いてあった不動産屋に問い合わせた。

「空いてることは空いてるんですがね…」

歯切れの悪い返答だ。

「他の物件とかどうです?こことか駅から少し離れるんですが…同じくらいの広さで宅配ボックスも付いてますよ」

それでも私はここがいい。

「いやー構いませんけど…今日内覧されます?」

内覧しなくて部屋の広さ、設備、日当たりまで全て知っている。

「もうご契約されるんですか?…実は大変申し上げにくいのですが……この部屋に以前ご入居されていた方ですね…亡くなっているんですよ。それでも構わないですか?」

それも知っている。

なぜなら僕はもう一度彼女に会いたいからだ。

引用:奇々怪々怖い話投稿

 

忌み地の怖い話:ニュータウンの土地の因縁

九州の、ある地方都市に住んでいる者です。

今から50年程前、郊外に、どんどん住宅団地やニュータウンが宅地造成されていました。

当時、父の仕事の都合で県内の社宅を転々としていましたが、私が小学3年生の頃、父の一存で振興住宅地に建売の家を購入しました。

2年後にはその家から100m先の所に、小学校も新設される予定で、子育て世代には求めやすい価格だったのだと思われます。

最終的に10年近くその家に居住したのですが、そこに住んでから、様々な災難が降りかかってきました。

同じブロックの家が火事で人が死んだり、子供が水死したり、常に団地一帯で、火事や事故が多発

救急車や、消防車のサイレンが鳴らない夜はありませんでした。

その内、母の体調も常に悪く仕事中の交通事故で入院。

その後すぐに、父も交通事故で入院。高校に通っていた姉は登校拒否になり、私も神経衰弱のようになりました。

対面の家の主婦は、精神疾患があるようで、夜中に真っ裸で、玄関をウロウロしているところも見ました。
その後、100m先の新設の小学校では当時、ワイドショーを賑わせたプール殺人事件が発生し、自宅2階窓から学校のプールサイドが真っ赤に染まっていた光景が、今でも目に焼き付いています。

当時、おかしいと思い始めた両親が初めて霊能者に相談したところ「その山に、元々古いお墓が沢山あったようだが、宅地造成の際にブルトーザーがなぎ倒して造成している。それで死者の霊が怒って、治らないための災いだ」と言われたとのこと。

その後、近隣の地元の方々からも「昔は、お墓が沢山あったのに、造成で全て壊していた」との話も聞いたそうです。

私が、大学進学と同時に両親は、新しい土地を探して、今度は方位や家相なども勉強、相談しながら新たなニュータウンに家を建て、転居しました。
そこでは、ほぼ毎日、静かな夜だったのでこれが普通なのだとわかりました。

このような体験を話すと、県内を移動する営業マンなどは良く知っていて「どこそこが良くないらしい」という話が出てきます。

そんな、今は華やかな名称のニュータウンの土地を調べてゆくと、戦時中、遺体置き場で焼き場があった所だったり、精神病院が側にあったりだとか、知っていたら絶対住まないような土地を再開発しています。

古くから住んでいる人は知っていても他市や、県外から転入してきた方々は知る由もありません。

まして不動産会社は良い事しか言わないので、手頃な価格で新築を購入したい、ニューファミリーが被害者です。

家を購入する際は、どうかその土地の歴史を調べてから購入して下さい。

因みに10年程前に、過去住んでいたその団地を再訪したところ、同じブロック内に仏様を祀り供養相談をしている尼さんが居住されており「私が住んでからは、毎日平安を祈願しているので、今はとても治安の良い団地です」とおっしゃっていました。

引用:奇々怪々怖い話投稿

 

マンションの怖い話:現場は過去にも……

私は常々、死者が出ると世の中が変わる、逆に言うと誰かが死なないと世の中は変わらないのではと考えています。

その象徴的な事件が中野にある築浅のマンションでも起こりました。

この事件は2009年当時、マスコミに大きく取り上げられたので覚えている方も多いかもしれません。

30代の女性が交際相手の男に絞殺された事件で、実はこの2人は不倫関係にあったのですが、その出会い方がとにかく衝撃的な内容だったんです。

加害者の男は探偵会社の社員で、「別れさせ屋」をしていたのです。

別れさせ屋というのは、例えば妻と別れたがっている夫がいるとします。

ただ「妻が納得してくれない」「裁判では時間がかかる」「慰謝料を払いたくない」と様々な理由で、簡単には離婚できない。

そこでプロの探偵を雇って、自分の妻を口説いてもらうのです。

妻の好きなものやよく行く場所、誕生日などの情報を全て夫から聞いているわけですから、誰かが闇雲にアタックするよりは、成功率は高いでしょう。

だって、やたらとあちこちで会って「また会いましたね」なんて、シチュエーションだって可能なわけです。

そして浮気の証拠を手に入れたら、妻に突きつけ、有利な状況で離婚をするわけです。

被害者の女性も夫と結婚をし、子供もいました。

ただ、夫が別れさせ屋に依頼をしたことにより、離婚することになりました。

通常であれば別れさせ屋の任務はここで終了するはずですが、別れさせ屋も満更でもなかったのか、何故かこの2人はその後も関係を続けていたのです。

別れさせ屋には妻子がいたにも関わらず、です。

しかしその後、別れさせ屋は勤めていた探偵会社とトラブルを起こし、その余波で一連の工作が女性にも知られてしまいました。

事実を知った女性と別れさせ屋は口論となり、結果、女性は殺害されてしまったのです。

この事件がマスコミを騒がせたことで、探偵業界のルールが変わりました。

一般社団法人日本調査業協会は、別れさせ行為に関する厳しい自主規制を行い、基本的には別れさせ工作を受件させない取り組みを強化しています。

つまり、もし今あなたがネットで「別れさせ屋」と検索をして、ヒットしたら、考えられるのは2つです。

1つはお金だけ払わせる詐欺。もう1つは悪い仕事も引き受けるまともではない探偵ということです。

さて、ここからは当時のニュースでも一切触れられなかった事実をお伝えします。

実はこの話の冒頭で、事件が起きたマンションを“築浅”とお伝えしました。なぜ新しいマンションが建ったのか。

実は以前、その場所には木造のボロアパートが建っていて、火事で死者が出ていたのです。

古い木造ですから、火のまわりは早く、全焼状態。その場所を更地にして、建ったのが殺害現場のマンションだったのです。

このマンションが建っているのは、治安の良いエリアで、周りに事故物件はありません。

そんな環境でありながら、その土地だけ2人も死者が出ている。

これはなぜなのでしょうかーー。

引用:OCEANS

 

殆どが実際に体験されたお話なので、それも真実味があり、それが余計に恐怖を増幅させますね。

皆さんも事故物件などに興味があっても、内見するときは慎重に、不動産屋の話をよく聞いて判断しましょうね。

もしかすると、そこには目には見えない先住者がいるかもしれませんよ…。

ご訪問ありがとうございました♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました