流せるトイレブラシの本体が汚いを解決!洗い方やビニール袋を使う掃除方法も紹介!

ライフスタイル

衛生的で便利な「流せるトイレブラシ」ですが、本体の柄の部分が掃除するときにどうしても汚れたり、濡れて汚くなってしまいますよね。

そんなときの為に!流せるトイレブラシの本体部分の洗い方や、洗わずにビニール袋を使ったトイレ掃除の方法について、お伝えしていきます!

流せるトイレブラシは本体が汚い?

トイレ掃除の際、どうしても本体部分を水に浸ける必要があるので、本体部分も汚れて汚くなってしまいます。

ブラシ部分は付け替えられるので普通のトイレブラシよりも衛生的ですが、それでも便器に本体部分が水に浸かっています。

出来れば本体部分も、定期的に掃除しておきたいですね。

SNSでも、「本体が汚い気がする」「洗わないといけないのでは?」と悩まれる投稿が↓↓

 

流せるトイレブラシ本体の洗い方

流せるトイレブラシ本体部分の洗い方は、以下の通り、とても簡単♪

  1. トイレ掃除が終わったら、使用後のブラシ部分を取り外す
  2. 柄の本体部分だけを水にさらし、軽く洗う
  3. 洗ったら拭いて、除菌スプレーを吹きかけたら完了!

水で流して除菌スプレーを使うだけなので、トイレ掃除の後でも出来そうですね。

SNSでも流せるトイレブラシ本体の洗い方について、説明している方もいらっしゃいました↓↓

 

それでも汚れが気になるときは、漂白剤などに月に1回のペースで漬け置きして洗浄すると良いですよ!

ビニール袋を使ったトイレ掃除で清潔にする

ビニール袋を使い、本体部分を汚さないことで清潔に掃除する方法をご紹介します。

  1. 本体部分をビニール袋に包む
  2. ビニール袋ごとトイレブラシを挟んで固定させる
  3. このまま掃除する

この方法なら柄を水に浸けることも無いので、衛生的ですね♪

ブラシが詰まるのが不安な場合、ビニール袋を裏返してブラシを包んで、そのままゴミ箱に捨てることも出来ますよ!

コチラのYouTube動画の59秒辺りからの「裏技①」で、ビニール袋を使った掃除方法を詳しく説明していらっしゃいます↓↓

 

ぜひご参考にしてみてくださいね。

ご訪問ありがとうございました♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました