プリキュアの対象年齢は何歳まで?卒業させる方法や理由を調べてみた

エンタメ

2023年に放送の『ひろがるスカイ!プリキュア』で記念すべき20周年を迎えた、「プリキュア」シリーズ。

大体、小学生前から以降のお子さんが好きなイメージがありますが、果たして実際の対象年齢は何歳までなんでしょうか?

そして、年長さんや小学校高学年を迎えたお子さんがいる保護者の方の中には

プリキュアを卒業させる方法はないものか…

と、悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな悩む方に向けて、プリキュアを卒業させる方法、そしてなぜプリキュアを卒業させたいのか?その理由について、まとめてお送りします!

プリキュアの対象年齢は何歳まで?

ビジネスジャーナルというwebメディアによると、関係者へのインタビュー曰く、プリキュアのメインターゲット(対象年齢)は3才~6才の未就学児だそうです。

他にも「プリキュアを一緒に見ている保護者」もターゲットに入っているそうです。

また、2019年9月14日にNHKで放送された『全プリキュア大投票』公式サイトの投票結果を見てみると、「大人の若い女性」も、お子さん以外の層では圧倒的に票数が多い結果に!

そして、「若い男性」の票も、全体の約30%を占めています。

以上のことから、対象年齢・メインターゲットは3才~6才ということが分かりますね。

しかし、大人の女性や男性も対象には入っているので、本当に幅広い年齢層の方々がプリキュアを楽しんで観ていらっしゃるようですね♪

プリキュアを卒業させる方法や理由とは?

まずは、プリキュアを卒業させる方法からご紹介します

卒業させる方法

プリキュアを卒業させる方法というよりも、幼稚園や小学校などで周りのお友達が飽き始めたり、他のキャラクターにひかれて興味が無くなりごっこ遊びや話をしなくなると、それに合わせて自然に卒業していくパターンが多いようですね。

SNSでも、上の子が飽き始めるとプリキュアを観ていた下の子も見なくなり、自然に卒業していったという方も!↓↓

プリキュア以外にも「ちいかわ」「すみっコぐらし」「ディズニー」「ポケモン」など、魅力的なキャラクターがたくさんいるので、そちらの方に興味を持たせるように少しづつご両親がお子さんに促してあげても、自然とプリキュアを卒業してもらえそうですね。

 

無理やり卒業させるより、自分から自然に卒業していく方がいいですよね♪

 

卒業させたい理由

プリキュアシリーズでは、1年ごとにヒロインたちの変身用アイテムのおもちゃやコスチュームや洋服、更に相棒となる妖精のぬいぐるみやお世話セットなどが販売されます。

その数は幅広く、更に1年ごととなるとかなりのお金が必要になりますよね。

何年も続けて購入していると、結構な金額になってしまうので、金銭的な理由でプリキュアを卒業して欲しい!と思う保護者の方が多いようですね。

SNSでも変身用アイテムのおもちゃが高額!と嘆いている方もいらっしゃいます↓↓

 

お子さんの為に買ってあげたいけど、やっぱり数を買うとお金が追い付かなくなりそうで、ちょっと困りますよね…

前述のアンケート結果でも、今は大人の女性や男性もプリキュアを見て楽しんでいる方が多くいらっしゃいます。

「キュア〇〇が推し!」という女性もいらっしゃいますよね♪

お子さんと保護者の方が一緒に見て楽しむという形が、一番理想的なのかもしれませんね♪

 

 

ご訪問ありがとうございました♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました